[2018年7月版]カンボジアのスイーツ厳選17選を紹介!

皆さんこんにちは、東南アジア.netです。

カンボジアのスイーツを楽しみたい人「カンボジア旅行!アンコールワットとかの観光地はもちろん、スイーツとかの食事も楽しみたい!どんな名物の物があるのか教えてくださいな。」

こんな疑問に答えます。

 

本記事の内容

  • カンボジアのスイーツ厳選17選
  • カンボジアのフルーツ厳選6選

この記事は2分で読み終わります。これを読めば、カンボジアのスイーツ、フルーツに関して丸わかりです!

カンボジアのスイーツ厳選17選!

1サトウキビジュース

まずはじめに紹介するのが、サトウキビジュース。

砂糖らしい甘さですが、精製砂糖には無いミネラルやビタミンが含まれており、味わい深い甘みです。搾りたて、ということで少し青臭いのですが、レモンなどを垂らすとぐっと爽やかになりますよ!

2ココナッツジュース

もぎたてのココナッツにストローを挿してジュースを飲む、これぞまさに東南アジア!フレッシュなココナッツジュースの味は忘れられないものになるでしょう。カンボジアに行ったら一度は体験しておきたいですね。

3緑豆とココナッツミルクのかき氷

カンボジアのかき氷には様々なバリエーションがありますが、カンボジアらしさ満点なのがこの「緑豆とココナッツミルクのかき氷」。甘く煮た緑豆と濃厚なココナッツミルク、ひんやりしたかき氷が絶妙にマッチしているんです。他にも色々フルーツが乗っていたりと贅沢なスイーツなので、お腹が一杯じゃない時に食べたいですね(笑)

4カボチャプリン (ルパウ・ソンクチャー)

かぼちゃはカンボジアを代表する野菜の一つです。ちなみに、日本のかぼちゃはカンボジアから輸入されたもので、「かぼちゃ」という名前も「Cambodia」が訛ったものだそう。かぼちゃプリンの本場も、もちろんカンボジアです!卵と牛乳の素朴な味わいにまろやかなかぼちゃの甘みが調和したかぼちゃプリンは、ほっぺた落ちる絶品ですよ!

5バナナのココナッツミルク煮

ここからはココナッツを使ったスイーツ7連発!カンボジア中で生産されるココナッツはとってもポピュラーなスイーツ素材なです。

さて、こちらのスイーツは、文字通りバナナをココナッツミルクで煮込んだもの。ココナッツミルクのコクと濃厚なバナナの甘みがとっても合うんです!

6ココナッツゼリー

ココナッツの身を容器にしてゼリーを固めるのがカンボジア流!より一層ココナッツが香ります。フレッシュなココナッツミルクで作られるゼリーは、日本の缶詰ココナッツで作るものとは一味違う逸品ですよ。

7仙草ゼリー

仙草とは中国原産の薬草で、漢方の原料にも使われています。その効能は筋肉痛、風邪、高血圧、糖尿病など多岐に渡り、長らく重宝されてきました。

仙草ゼリーは乾燥させた仙草を煮出して固めたもの。ゼラチンや寒天などは一切使わず、仙草に含まれる多糖類によって固まっているんです。ココナッツミルクやシロップ、アイスクリームなどと食べ合わせることも多いです。おいしいだけでなく体にも良い仙草ゼリー、屋台などで手軽に食べられるのでぜひご賞味くださいね!

8緑豆のココナッツミルクがけ

こちらは緑豆を甘く煮詰めて、仕上げに新鮮なココナッツミルクをかけたスイーツ。「緑」豆とは言いつつ、その色は黄緑から褐色まで幅広いようです。緑豆は漢方薬にもされており、解熱、解毒、消炎の効能を持ちます。これまた仙草ゼリーのように、おいしいだけでなく体にも優しいスイーツなんですね!

9砂糖ヤシの実のココナッツミルクがけ

砂糖ヤシとは聞きなれない植物ですが、その名の通りサトウキビや砂糖大根のように砂糖の元となるヤシのこと。砂糖ヤシからできる砂糖(パームシュガー)はミネラル豊富な体に優しい砂糖なんです。

そして、この砂糖ヤシの実のココナッツミルクがけは、ほんのり甘いヤシの実におなじみココナッツオイルをかけた文字通りの一品。屋台などで売っている、まさにカンボジアのローカルフードです。他では食べられないのでぜひ試してみてくださいね!

10タピオカとトウモロコシのココナッツミルクがけ

カンボジアのスイーツはまさに「名は体を表す」を地で行っているので説明のしようがありませんね(笑)。こちらの「タピオカとトウモロコシのココナッツミルクがけ」も文字通りのスイーツ。ただ、トウモロコシをデザートの素材にするのは珍しいですね。タピオカとトウモロコシのそれぞれ違った食感を楽しんでください!

11もち米とココナッツミルクのデザート

 

ココナッツミルクでお米を炊く、というのは東南アジアでポピュラーな調理法。日本で言う牛乳粥のようなものでしょうか。

もちろんカンボジアでも人気で、プルプルモチモチの食感がたまりません!滋味溢れる一品、オススメです!

12緑豆もちのデザート

 

緑豆を蒸して作った緑豆もち。もちもちした食感は日本のういろうを食べているような感覚です。ほんのり甘くてお腹にたまる、観光のお供にぴったりですよ。

13サトイモともち米のデザート

里芋をデザートに!?と驚く人も多いでしょう。これまたデザートの素材としては珍しいですね。でも、ホクホクねっとりした里芋と、つぶつぶモチモチしたもち米がなかなか合うんです。ココナッツミルク仕立てのお汁も美味しく、夜ほっと温まりたいときなどにオススメの一品です。

14あずきともち米のデザート

 

こちらは甘く煮た小豆とお米が優しい味わいを醸し出すスイーツ。炭水化物やタンパク質、食物繊維も豊富な栄養食でもあります。ご馳走を食べすぎたときなどに胃を休めるのにも良いですね。

15緑豆あんの白玉団子

米粉で作ったお団子に緑豆のあんをかけた善哉のようなスイーツです。緑豆のクセのない味が日本の甘味のようなテイストを実現。カンボジアのエスニックな味に疲れた時に食べたいですね。

16フルーツかき氷

しゃくしゃくのかき氷の上にはカンボジアの新鮮なフルーツが惜しげもなく盛り付けられ、シロップや練乳がたっぷりと。太陽の日差しに照りつけられながら食べると最高に美味しいんです‼︎ こんなの食べたら口の中が宝石箱やぁ〜〜(笑)。

17アイスクリーム

毎日が常夏のカンボジアではアイスクリームも大人気。たくさんのお店が腕を競っていてとっても美味しいんです。値段も良心的で、日本で500円以上しそうなアイスが100円ちょっとで買えちゃいます。色々食べ比べるのも楽しいですね^^

カンボジアのフルーツ厳選6選!

カンボジアはフルーツ大国。とってもたくさんのフルーツが栽培されていますが、ここでは日本ではほぼ食べることのない珍しいものに絞ってご紹介します!新鮮なフルーツにかぶりつくのはもう最高です^^

1ドリアン

硬い棘に覆われた外皮の中に隠れているドリアンの果実。玉ねぎの腐敗臭のような匂いがするのですが、一度食べたらやみつきになってしまう人も多いんです。強烈な見た目と中毒性から「悪魔のフルーツ」と呼ばれるドリアン、ぜひ挑戦してみてくださいね。

2マンゴスチン

マンゴスチンは、柔らかい果肉と爽やかな酸味、そしてしっかりとした甘みが特徴的。その優雅な味わいから「果物の女王」と呼ばれています。皮がみずみずしいのが美味しさのサイン。カンボジアで新鮮なマンゴスチンにかぶりついちゃってください!

3ランブータン

一見ライチのように見えるこの果物は、ランブータンと言います。プルプルジューシーでありながら濃厚な甘さを持つランブータンはライチよりも美味しいほど。グロテスクな見た目からは想像できない味わいを堪能しちゃいましょう!

4リュウガン

リュウガンは漢字で龍眼と書きます。高貴な名前をしたこの果物は、触感が絶妙なんです!サクッとしているのにプリッともしている、不思議な歯ごたえを体験してください。もちろんお味も素晴らしく、強烈な甘みがあります。

5ドラゴンフルーツ

外皮が龍の鱗のようだということでこの名がついたドラゴンフルーツ。キウイのような食感で、さっぱりとした甘みがとってもおいしい!しかも、ミネラルや食物繊維が豊富で美容効果も高いんです。食べまくって美人になっちゃいましょう!

6ミルクフルーツ

「ミルクアップル」「スターアップル」とも呼ばれるミルクフルーツ。その名の由来は乳白色の果汁と見た目が乳房に似ていることだそう。しかし、味は完熟した柿を彷彿とさせるもので、日本人でも食べやすい果物です。日本ではほとんど食べることができないので、ぜひカンボジアでご賞味ください!

まとめ

いかがでしたか。まばゆいばかりの南国フルーツに、味の想像がつかないようなユニークスイーツと、カンボジアは甘〜いものも盛りだくさん!スイーツ巡りの際は、食べそびれの無いように計画的に回りましょう!