MENU

【プノンペンへの行き方】カンボジア国内外からのアクセス方法を完全網羅で徹底紹介!

熱気あふれるカンボジアの首都、プノンペン。今回はそんなプノンペンへの行き方を、カンボジア国内外それぞれの場合について紹介していきたいと思います!

カンボジア国内の各都市からプノンペンへのアクセス

バスを利用する場合

プノンペンとカンボジアの他の都市との間を移動するとき、最もメジャーな交通手段はバスでしょう。バスのメリットは、とにかく安いこと。

例えば、プノンペンーシェムリアップ間であれば交通費は片道6ドルほどからです。ただし、最安値のバスであれば「狭い・ボロい・汚い」の三重苦は免れません。12〜15ドルほど出して、観光客に人気のある、ジャイアント・アイビス・トランスポートやメコン・エクスプレスなどのバス会社を利用する方が(比較的)快適な旅を楽しめるでしょう。

なお、プノンペンは各バス会社が自社用のバスステーションを所有しており、日本のような何社も乗り合わせるバスステーションは存在しません。自分の利用するバス会社のステーションはどこにあるのか確認しておきましょう。

飛行機を利用する場合

現在、飛行機の国内線は

・シェムリアップープノンペン間
・シアヌークビループノンペン間

の二つの路線が就航しています。

初めの、「シェムリアップープノンペン間」を運行している、バサカ航空は片道19ドルからという、かなりの格安で利用できます。(所要時間はたったの40分!)バスと比べても日本円で1000円違うかどうか、という程度なので、シェムリアップープノンペン間の移動手段としてはなかなか有力かもしれませんね。

ただし、「シアヌークビループノンペン間」の路線はカンボジア・バイヨン航空という、安全性に不安のある航空会社が運営しているため、残念ながらあまりオススメできません。シアヌークビループノンペン間を移動する際はバスを利用するのが良いでしょう。

その他の交通手段

バスや飛行機の他にも、列車や船、ミニバスに乗合タクシーなど様々な移動手段があります。列車はシアヌークビループノンペンで金曜〜月曜のみ運行しています(所要時間:7時間 料金:7ドル)。注意点として、カンボジアでダイヤが予定通り運行されることは稀だということは覚えておいてくださいね(笑)。

船はシェムリアップープノンペン間を運行しており、スピードボートで、東南アジア最大の湖「トンレ・サップ湖」を渡りましょう。

スピードボート

一日一便しか運行していないため船はいつも超満員。乗り切らない人はなんと船の屋根の上に座ることになります(笑)。安全柵もなにもないので、少しでもバランスを崩せば湖に真っ逆さまです。トンレ・サップ湖の水深は、乾季は1〜1.5メートル、雨季は10メートルほどですから、雨季(5〜10月)に転落しては命に関わりますね。

いい景色が見れるけど、怖い!

なお、4〜7月は運休しているので、雨季の一番危ない時期は船に乗ることはないようです。所要時間は5〜6時間、料金は35ドルと、なかなか高価な移動手段ですが、思い出深い旅行になるのは間違いなしですね!

ちなみに、トンレサップ湖は水上村として有名です^^

また、ミニバスや乗合タクシーはシェムリアップやシアヌークビル 、バッタンバン、コンポンチャムなどカンボジアの各都市から運行しています。特にミニバスは普通のバスに比べて快適な乗り心地と少し短い所要時間が魅力で、最近人気急上昇中です。

ミニバス

カンボジア国外からプノンペンへのアクセス

日本からプノンペンへ行くには、

・成田国際空港ープノンペン国際空港の直行便(全日空)
・成田国際空港ー第3国(ベトナム・タイ・シンガポールなど)の空港ープノンペン国際空港

の2つの選択肢があります。

直行便の方が少し値段は高くなりますが、乗り換えの手間が省ける上に、所要時間もぐっと短縮できます。

乗り換え便は、早めにチケットを取れば、3万5千円以下で往復航空券を購入できるので、かなりお得にプノンペンまで移動できます。

予算や旅程などに応じてどちらのルートにするか決めると良いでしょう。

空港から市内までのアクセス

プノンペン国際空港から、プノンペン市街地までは7キロと、歩いて行くには厳しいので、何かしらの交通機関を利用しましょう。

タクシーかトゥクトゥクを利用するのが一般的で、タクシーなら12ドル、トゥクトゥクなら9ドルほどかかります。所要時間はどちらとも15〜25分ほど(道路の混雑具合によって異なります)。トゥクトゥクは開放的な構造なので、すれ違いざまのひったくりに注意が必要です。くれぐれも貴重品は体から離さないようにしてくださいね。

トゥクトゥク

マイナーながら公共バスもあるようで、空港近辺のバスステーションからプノンペン市街地まで、格安の2500リエル(100円以下)で移動することができます。ただし、ダイヤ通りに来ないことも多く、本来は一時間に4本運行するはずですが、30分待っても全く来る気配がない、なんてこともあるみたいです。

おまけ〜プノンペン市内の移動手段〜

プノンペン市内の移動は、トゥクトゥクかバイクタクシーを使うのが一般的です。

カンボジア旅行初心者の方はとりあえずトゥクトゥクに乗っておけば間違いありません。相場は市内一回の移動につき2ドルほど。日本人と思われたらほとんどの場合ふっかけられるので、相手の言い値に乗ることなく、必ず値切るようにしましょう

親切な人で優しい運転手ばかりです。

バイクタクシーは少し上級者向け。というのも、カンボジアの劣悪な交通マナーの中で、ビュンビュン飛ばすバイクタクシーはなかなか危険なのです。特に運転手がスピードを出しがちな夜間の移動では、バイクタクシーは避けたほうが無難。ただし、バイクタクシーは市内なら、1回の移動につき1ドルほど、と料金が安いメリットもあるので、うまく使い分けたいですね。

正直、かなり怖いです…

(カンボジアの市内の移動手段については『【完全版】カンボジア国内の交通手段!船からトゥクトゥクまで徹底解説!』で詳しく紹介しているので、そちらも参考にしてみて下さい!)

まとめ

いかがだったでしょうか。プノンペンという一つの都市を目指すにしても、行き方は様々です。上記を参考にしながら、予算や旅のスタイルも合わせた上で考えてみて下さいね!

SHARE