MENU

【簡単解説】ミャンマーで心掛けたい『マナーと習慣』:相手国の文化を尊重しよう

相手の文化を尊重しよう

どこの国を旅行するにしても言えることですが、旅行の際は必ず相手の国の文化を尊重するようにしましょう。日本という国の国際的なイメージは旅行者一人一人にかかっていると言っても過言ではありません。今回は、ミャンマーを旅する際に無用のトラブルを避けるためにも、最低限注意しておきたいこといついて紹介していきます。

公共の場での感情表現は控える

「怒るのはみっともないよ…」

まず初めに、場所関係なくミャンマー滞在中に気を付けることとして怒りを表に出さないということがあります。これはミャンマーに限らず日本でも礼儀のないことだとされていますが、公共の場で怒ったり怒鳴ったりすることはミャンマーではとりわけみっともない行為だとされています。日本と異なる文化に怒りを覚えることがあったとしても冷静に行動することを心がけてください。

寺院や仏塔でのマナー

パゴダでは裸足が基本です

日本でも寺院の本堂に入る際には靴を脱ぐことが基本ですが、ミャンマーでは寺院や仏塔の敷地内は土足厳禁で靴下やストッキングを履くことも許されていません。着脱が面倒だと思う人はサンダルなどを履いて対応しましょう。また、ミャンマーの寺院では靴だけではなく服装にも気を付ける必要があります。下半身は肌が見える服装は厳禁で七分丈でも拒否されてしまうことがあります。肌を隠す服を持っていない場合は寺院で民族衣装のロンヂーを借りて入ることができます。

ロンヂーを身につけた外国人観光客

女性は特に注意!

女性は思わぬことがマナー違反になってしまうことがあるので気をつけましょう

加えて、ミャンマーは女性が宗教的な理由で行動を制限されていることが多く、寺院に行くと、「女人禁制」、「男性以外は本堂に触れることはできない」などの注意書きを見ることが多くあります。こうした注意書きを読まずに行動すると面倒なことになる場合があるので、寺院に入る前には必ず注意書きを読みましょう。また、ミャンマーは国民の9割が仏教徒で熱心な信者も多く、そのためミャンマー僧侶は社会的にも地位が高く尊敬される存在であり、彼らの戒律を乱すような行動は控えましょう。

ミャンマーの僧侶

とりわけ僧侶の戒律には禁欲戒というものがあり女性が僧侶に触ったりすることはそれを乱すことになるので注意してください。さらに、近年SNSなどに僧侶の写真をあげる行為が蔓延していますが、これは上述の通り大変失礼な行動にあたります。異文化のルールを理解し、節度ある行動をとりましょう。

軍用地など撮影禁止のスポットは要注意!

軍用地は撮影禁止!

旅行をする際に多くの人は現地の風景、食べ物など写真を撮る機会が多くあるでしょう。パゴダなどの文化施設の撮影は許可されている範囲内でもちろん大丈夫ですが、ミャンマーでは軍に関わるもの、例えば制服警官や軍人、軍の施設や軍用機などにはカメラを向けないようにしましょう。軍人に引き留められたりすると長時間拘束され旅の計画にも支障が出てくるのでカメラはしまっておくのが無難です。加えてガソリンスタンドや港湾施設、空港なども準軍備施設に該当するので同様にカメラを向けないようにしましょう。

〜まとめ〜
いかがでしたでしょうか。観光地に行く際には服装に気を付けること、むやみに写真撮影を行わないことなど日本で生活していては分からないマナーがたくさんあります。周りの人に迷惑をかけずに旅行することも観光の一部だと思って、誇らしき日本人として旅行を楽しみましょう。

SHARE