【ミャンマー最南端】コータウンへのアクセスと市内観光の様子を簡単解説![2018年]

ミャンマーの港町、コータウン。

訪れる人はなかなか通な観光客です。

今回はコータウンへのアクセス、行き方と市内の観光を徹底紹介します。

これであなたもコータウンマスター!

コータウン(Kawthaung)とは

ミャンマー最南端にしてタイからミャンマーへの入り口であるコータウンは、人口の大半をシャン族やカレン族、モン族といった少数民族がしめる港町です。

↑コータウンの場所

タイとは細い川を接するのみで、両国の間には橋がかかっており、国境ポイントを超えて毎日人の行き来が盛んです。

↑対岸から見たコータウン

町の南端にはビクトリア・ポイントとして知られる黄金の像が海に臨むスポットがあり、現在はタウングー朝2代王バインナウンの名を取って、バイナンウン・ポイントと改称しています。

↑バインナウン王

また、透き通った水を讃え、美しい島の数々を浮かべるメルギー諸島への拠点としても人気で、シーズンにはメルギー諸島へシュノーケリングへ行く観光客でまちが溢れてしまいます。

↑メルギー諸島。美しい…

コータウンへの行き方

ヤンゴンからコータウンへの行き方

ヤンゴンからコータウンは飛行機で数社が運営しており、ダウェイやベイを経由して所要時間が2〜3時間、料金はUS$100〜207です。メルギー諸島の観光シーズンには本数が増えるものの飛行機は埋まりやすいので、行くことが決まっていたら早めに予約した方が良いでしょう。

↑ヤンゴンの国内線空港の様子

ベイ(Myeik)からコータウンへの行き方

ベイからコータウンへ飛行機で行く場合、数社が運営しており、料金はUS$68〜102で季節によって異なります。

↑ベイ空港の様子

また、バスで行くこともできますが、ベイからコータウンへの山道はかなりの悪路なので、建設中の新道が完成するまではお勧めできません。

タイのラノーンからコータウンへの行き方

タイのラノーンからコータウンを経てミャンマーに入国するという人もいるかと思います。

↑ラノーンは温泉が有名

この場合ラノーン市内にあるパクロム港の渡し船乗り場からロングテールボート(5〜10人のり)で一人100Bです。事前にミャンマービザを取得しておけば、そのまま国内各地を旅行できます。ビザなしで一時入国の場合は、コータウン内にのみUS$10で14日間滞在可能です。

↑ミャンマー滞在にはビザが必要

コータウン市内の観光

コータウンの町の中心は、タイの国境と往復しているボートが発着している港周辺エリアです。早朝からたくさんおボートが行き交う様子が見られ、それに合わせて多くの食堂や屋台が並んでいます。

コータウンの港の様子

また、コーナウン市内で唯一の観光名所と言って良い、ミャンマー最南端の「バインナウン・ポイント」へは港からおよそ10ぷんのところにあり、ます。黄金が眩しいバイナウン王の像が国境の川を見つめており、銅像ながら威厳に満ち溢れた姿を感じることができます。

↑バインナウン・ポイント

まとめ

いかがでしたか。

ヤンゴンから比較的簡単に行くことが出来る、コータウン。海が綺麗なので、訪れた際にはぜひいい写真をとりましょう!