MENU

【ミャンマー:バゴーの観光情報】パゴダと寝仏が必見の観光10選はここだ!(お得観光情報も)[2018年]

巨大寝仏と巨大パゴダが有名なバゴー。

鎌倉の大仏しか見たことない、日本人からしたら驚くこと間違いなしです。東南アジア感が凄いので、いい写真が沢山撮れること間違いなし!

今回はミャンマー、バゴーの観光情報を徹底紹介します!バゴー観光の豆知識も紹介するので、これで、あなたもバゴー観光のマスターです!

バゴー(Bago)とは

バゴー(旧称ペグー)は人口およそ22万(規模としては東京都の墨田区と同じくらいです)のバゴー州の都市で、ヤンゴンから北東におよそ80kmのところにあります。もともとこの地にはモン族と呼ばれる部族が居住しており、16世紀まではモン族の王都として栄えていました。

↑モン族の子供

その後コンバウン朝に征服されてから全盛期の勢いを失い、現在ではかつての趣を残す建築物の数々が観光客に人気を博すのみになっています。とはいえ、バゴーはミャンマーで一番といっても過言ではないほど観光名所が豊富で、その巨大な寝仏やパゴダの数々は国内外の巡礼者や観光客にとってもはや聖地といって良いレベルになっています。

↑バゴーの巨大寝仏

↑バゴーの子供たち

バゴー市内観光の心得

バゴー全体の「入域料」

ミャンマーの多くの都市に見られることですが、バゴーを観光する際は必ず「入域料」を払わなければ行けません。入域料は1万Kで、一度祓うと3日間有効のチケットを受け取ります。このチケットはバゴー市内の観光名所でならばどこでも何回でも有効で、逆にこのチケットを持っていないと近づいたり中に入ったりすることはできません。入域料は各観光名所で売られていますので、買ったあとは失くさないようにしましょう。

バゴー入域のチケット

駅を境に東が繁華街、西が観光エリア

バゴーの街並みはバゴー駅を境にはっきりと東西で別れています。レストランや市場が並び賑わっているのは駅の東側で、ホテルやゲストハウスをとる人の多くもこちら側に位置するものをとる場合が多いでしょう。生活感溢れるミャンマーの雰囲気を味わうことができます。

↑バゴーの繁華街(駅の東側)

人通りが賑わっていますね

子供の僧侶が托鉢に回っています

逆に西側は古都の趣を残した観光エリアとなっており、日中の観光はこちらに出かけることになります。ただし見どころ同士の距離が少し遠い場合が多いためバイクタクシーなどを利用すると良いでしょう。

ミャンマーのバイクタクシー。後ろに乗せてくれます

自転車版も多く見かけます

騒がしい街!?

以下で紹介していきますが、バゴーは非常に観光名所が充実した場所で、またチャーティーヨー(ゴールデンロック)観光の拠点としても観光客の往来が絶えません。そのせいか、町にはそうした観光客をターゲットにした呼び込みが比較的多く、またガラの悪いミャンマー人も多いと言われています。市内を観光する際はそうした騒がしい人たちとのトラブルに巻き込まれないようにしましょう。

それでは早速、バゴーの観光名所ベスト10を紹介していきたいと思います!

バゴーの観光名所ベスト10

1シュエターリャウン寝仏
(Shwethalyaung Buddha)

バゴー観光で何と言っても外せないのが、このシュエターリャウン寝仏です。念仏の背面側の台座には建築の経緯が描かれており、それによるとこの念仏は994年にモン族のミガディパ王が市民の信仰心を結集する存在として建築したとのことです。
その後バゴー朝の滅亡に伴う遷都で取り残され、長らく忘れ去れれることになりますが、イギリス植民地時代にインドから来た鉄道敷設の技術者がジャングルの中から再発見し、現在の展示に至っています。

全身金ピカのデザインで、神々しさを増すためか天井にまで黄色い布が張り巡らされています。奈良の大仏もなかなかですが、大きさ的にはそれ以上あると思われ、また「寝そべった大仏」という日本にはないコンセプトも新鮮ですね。

シュエターリャウン寝仏の場所↑

2シュエモドー・パゴダ
(Shwemawdaw Pagoda)

続いて紹介するのはシュエモドー・パゴダです。このパゴダもバゴー観光では欠かせないポイントと行ってよいでしょう。行ってまず圧倒されるのがその高さです。シュエモドー・パゴダは高さなんと114m(東大寺の大仏が17m)という巨大なもので、ヤンゴンのシュエダゴン・パゴダを上回ってこのタイプの仏塔の中ではミャンマー最大のものとなっています。

建築は1200年以上前に遡るとされ、当初は高さ23mの控えめな仏塔でしたが、その後改築が繰り替えさえて少しずつ高くなって行ったのだそうです。戦前に何度か大きな地震を経験し、特に1931の大地震ではパゴダの一部が崩れるほどの被害を受けましたが、ミャンマー中からのお布施や政府の助援金でなんとか再建され、現在の姿に至っています。

シュエモドー・パゴダの場所↑

3チャイプーン・パゴダ
(Kyaik Pun Pagoda)

さてお次はチィプーン・パゴダです。柱の4面に背中合わせで固定されたこの座仏は、高さが約40mで、駅の西側であればどこにいても目立つ、威風堂々とした雰囲気を醸し出しています。建築にはモン族の女性四人が関わったとされ、伝説ではその四人のうち誰かが結婚したら仏像は壊れるとされていました。そして実際に一人が結婚すると西側の仏像が壊れてしまったそうですが、現在ではきちんと修復されています。

チャイプーン・パゴダの場所↑

4王宮発掘現場
(Kanbawzathadi Palace)

写真をみるだけでも神々しいばかりの輝きを放つこの建物は16世紀にバイナウン王が住んでいた王宮の跡で、内部には豪奢極まりない謁見の広間や王の寝室などがあり、いずれも現在は観光客向けに解放されています。現在見られるものは再現された姿ですが、一片が1.8kmの四辺形をした広大な王宮は当時の王の偉大さを感じさせるようなところがあります。

装飾はモン様式(バゴーには古くからモン族が多く住んでいます)で、どこもかしこもとにかく黄金と、豪華すぎて逆に住みにくいのではないかと思われるような印象を受けます。

5マハカラヤニシマ
(Maha Kalyni Sima)

ミャンマーの観光名所で時々聞く「シマ(Sima)」とは出家の儀式を行う場所のことで、マハカラヤニシマはバゴー一帯の修行僧が出家する場所として最もポピュラーな存在だったと言います。内部は厳粛な雰囲気のため写真撮影は許可されていませんが、28体の仏像が壁に固定され、今から出家しようという人の最後の俗世姿を見届けると同時に、輪廻転生の仏教世界へと導く役割を果たしています。

マハカラヤニシマから道を挟んで斜め向かい側には、チャイプーン・パゴダを小さくしたようなミターヤン・ナンダがあります。

マハカラヤニシマの場所↑

6マハーゼディー・パゴダ
(Mahazedi Pagoda)

マハーゼディー・パゴダは、白ベースで段々となった形状のところどころに黄金の装飾がなされたオシャレな仏塔で、また周囲が木々に囲まれて人声などが聞こえないため、静かな雰囲気を味わうことができます。

建築は16世紀半ばに遡るとされるものの18世紀のバゴー朝期に破壊され、さらに1931年の大地震によって廃墟と化しました。その際もともとここに納められていたという「仏陀の聖歯」はザガインへ映されてしまいましたが、仏塔自体はその後再築され今に至っています。

マハーゼディー・パゴダの場所↑

7ヒンターゴン・パゴダ
(Hintha Gon Pagoda)

ヒンターとは仏教伝説に登場する聖なる鳥のことで、その鳥が天から舞い降りたとされるこの仏塔はシュエモドー・パヤーからみて東の小高い丘の上にあり、自然豊かなバゴーの風景を一望することができます。

伝説の鳥ヒンター

仏塔の建築は、その道で有名な隠者ウー・カニ(U Khani/マンダレーヒルの設計者でもある)の指導のもと行われ、ミャンマー独特の神々しくも繊細で豪華な装飾が見て取れます。

ヒンターゴン・パゴダの場所↑

8シュエグーレー・パゴダ
(Shwe Gulay Pagoda)

まるで小さな王宮を思わせるようなデザインのこの仏塔には、内部の回廊に64体の仏像が並んでいたり境内の中央にハスの池があったりと、ミステリーハウスのような印象を受けます。ハスは仏教世界では非常に意味深いものとされ、池の中にはさらに小さな仏塔が二つ並べられています。

シュエグーレー・パゴダの場所↑

9ミャッターリャウン寝仏
(Naung Daw Gyi Mya Thalyaung)

一番最初に紹介したシュエターリャウン寝仏が室内の念仏であるのに対し、ミャッターリャウン念仏は室外に堂々と寝そべる全長82mの巨大な寝仏です。なんとなく人を見下したような表情をしているように感じるのは筆者だけかもしれませんが(笑)、神聖視して巡礼するミャンマー僧が毎日やってきては、有り難そうに拝んで帰っていきます。

10チャカッワイン僧院
(Kya Khat Wine Monastery)

チャカッワイン僧院はミャンマー国内でも屈指の僧院で、400〜500人の若い僧侶が修行に励んでいます。バゴーの街中で若いす僧侶の姿を見かけることが多いのはこの僧院があるためです。僧にとっては修行の場ながら観光客向けに一般公開されており、起床や食事など僧侶の生活を見学することができます。朝食の時間には僧侶が食べる食事の盛り付けに参加することもできますので、興味のある人は7~8時の時間帯に行ってみると良いでしょう。

チャカッワイン僧院の場所↑

〜まとめ〜

いかがでしたでしょうか。ヤンゴンから比較的近く、とにかく規模感のある観光名所が満載のバゴー。

何と言っても巨大寝仏は絶対写真を撮っておきたいスポットです。

皆さんも是非、機会があったら行ってみて下さい!

SHARE