MENU

【簡単解説】シンガポールでタクシーに乗ろう!料金目安や乗り方、トラブルの対処法まで

東京23区ほどの広さであるシンガポールを移動する際に、意外と便利になるのがタクシーです。その魅力は何と言っても、料金がとても安いところにあります。日本で乗るおよそ1/2〜1/3の料金で済むと言われており、短距離の移動ならば時間を有効に使うことができます!ただいくつか気をつけるべきところもあるので、注意点も併せて紹介していきます。

タクシーの色・種類

シンガポール市内を走るタクシーに注目してみると実は非常にカラフルなものばかりなんです。青に黄色に赤にと、どれも目で追ってしまうようなものばかりです。これらのタクシーは一番ベーシックなもので、一般客が利用するものです。色によるサービスや料金などの違いはなく、どれも安心して利用することができます。

一方で、一見普通の高級車にしか見えないけれど実はタクシーであると言う車も存在しています。これらは主にセダンやリムジンタクシーとなっており、料金が通常のタクシーよりも高めに設定されています。また走っている車数自体もそれほど多くないので、空港で見かける程度でしょうか。

タクシーの乗り方

シンガポールでは流しのタクシーがほとんど走っていないため、タクシーを利用する時にはタクシースポットへと向かう方が確実です。タクシースポットはは空港や駅、観光地など人が多いところには必ずあります。

もちろん流しのタクシーもゼロというわけではありません。タクシー上部についているランプに注目してみてください。緑色の文字で『TAXI』という表示が行われているタクシーならば乗車可能です。路上で手を挙げて合図を送ってみましょう。

TAXIと光っています

また赤色の文字で『HIRED』と書かれているときは他のお客が乗車中であること表しています。夕方から晩にかけてはほぼ全てのタクシーがこの表示で走っています。

HIREDと書かれています

 

またもう一つしばしば見られるのが、赤文字の『ON CALL』という表示です。これは予約客にところに送迎しに行っているということを表しています。

 

シンガポールのタクシーは基本的にすべて手動のためドアなども自分で開ける必要があります。大きな荷物は後ろのトランクに詰めるようにしましょう。

乗車後は運転手に目的地を伝えます。シンガポールの公用語の一つである英語であれば、多少拙くとも意味を汲み取ってくれます。ただ不安な場合は名前をメモしたものや、ガイドブックを利用して指差しで伝えるのもありです。とりあえずは目的地に到着することが第一です!

そして降車時には料金の清算を行います。運転手によっては大きなお札に対するお釣りを持っていない場合が多々あるので、なるべく細かい小銭や紙幣を持っていくことをオススメします。またクレジットカードは使える車種と使えない車種とあるため、よほどの事情がない限りは現金で支払いましょう。

コラム〜タクシースポットから乗る〜

シンガポールには基本的に流しのタクシーはありません。日本の場合はそこら中で流しのタクシーが走っており、手を挙げて合図を送れば停まってくれます。しかしシンガポールは乗車中もしくは送迎中であることがほとんどです。特に夕方から夜の時間にかけては、従って、もしタクシーに乗りたいのならば、タクシースポットを利用するのがオススメです

大げさにタクシースポットと言っていますが、多くは空港や駅、ホテルなど日本と同じようなところにあります。空港の場合は案内表示に従っていくと非常に便利です。

 

またもう一つ別の手段としてはホテルにタクシーの配車を頼むということもできます。これは各ホテルごとにサービスが異なるのでチェックしてみてくださいね。

タクシーの基本料金

シンガポールのタクシーはメーター制が取られており、初乗り料金と以後一定の距離ごとに追加されていくシステムとなっています。基本料金は

初乗り料金:3S$(240円)

 

その後1km:約0.5S$(40円)

となっています。東京は今でこそ410円まで初乗り料金を下げましたが、少し前までは710円だったことを考えると、シンガポールのタクシーがいかほど安いかがわかると思います。

コラム〜意外とかかる?追加料金に注意!〜

日本と比べて非常に安いタクシーの料金ですが、しばしば追加料金が発生します。むしろ発生しないほうが珍しいとも言えるんです!いくら安いといっても30%とか50%単位で割り増しされたらきついですよね(笑)。以下で紹介する追加料金を元に、許容できる料金を見定めてみてくださいね。

時間帯によってかかる料金

一つ目の追加料金としては時間帯によるものが挙げられます。やはり深夜やピークの時間帯にはかなりの割増運賃を支払う必要が出てきます。特に深夜時間帯には50%とかなり料金がプラスされます。

  追加料金:深夜+50%  【0:00〜6:00】
  追加料金:ピーク+25%  【平日 6:00〜9:30】【毎日 18:00〜24:00】

乗車場所によってかかる料金

また追加料金は乗車場所によってもかかることがあります。最もポピュラーなのはチャンギ空港からの乗車で、サーチャーとして一律3S$(240円)が加算されることになっています。(金曜〜日曜17:00〜21:00は5S$)。空港なのでわからなくもないといった感じですね。場所によってかかる料金

チャンギ空港のタクシー乗り場の様子

また、シンガポールの中心部(通称:シティエリア)から乗車した場合も追加料金が発生するシステムになっています。こちらは夕方5時〜深夜24時までと条件付きではあるものの、3S$(240円)が加算されます。

またマリーナベイサンズから乗車した場合は日曜と祝日の午前6時〜午後5時まで限定で3S$(240円)追加されます。

そしてもう一つ、乗車場所ではないのですが、追加料金が発生する場所があります。それは市内に交通渋滞緩和のために設けられた「ERPゲート」です。これは車が通過するたびに料金を自動徴収するシステムとなっており、乗客は降車時に追加料金として1〜2S$(80〜160円)を支払います。

乗車場所別まとめ

チャンギ空港3〜5S$
シティエリア3S$
マリーナ・ベイ・サンズ3S$
ERPゲート1〜2S$

 

そう大きな金額ではないですが、料金支払いの時に「あれ?この追加はなんの料金?」と変に疑ぐることのないよう、少し頭に入れておいてくださいね。

 

ぼったくりじゃない!最後に追加料金が加算される

追加料金について少し考える必要があるのはその支払いの対明です。とはいっても、乗車前に請求されるとか、進行中に急に請求されるとかいうわけではありません。普通のタクシーと同じく降車前に清算を行うのですが、その際今までの料金表示から急に料金が増えます。つまり、少し目を離していたうちに料金が跳ね上がっている!といった事態になりやすいのですが、これは割増料金文を追加しただけで、決してぼったくりなどではありません(笑)

およその料金目安

ここでは空港や駅、いくつかの有名な観光地に絞ってその料金の目安を紹介していきます。旅行の予算を組み立てる際のおおよその目安にして見てください。

昼間の割増料金なしの場合

チャンギ空港⇄シンガポール市内20〜25S$(1600〜2000円)
チャンギ空港⇄セントーサ島25〜30S$(2000〜2400円)*入島料込み
オーチャードロード⇄マリーナ・ベイ10S$(800円)

コラム〜乗車拒否される?〜

シンガポールのタクシーに乗って目的地を伝えると『Can Not』と言われて乗車を拒否されることもあります。これは一体何故なのでしょうか?実はシンガポールのタクシーには一定の地域内しか走らないというものがいくつかあります。そのため乗車場所がエリア内でも、降車場所がエリア外だと乗車を断られてしまうのです。

この乗車拒否は決して運転手の好みなどで決定しているわけではありません。もし『Can Not』と言われたら諦めて次のタクシーに乗りましょう。一応タクシーにはエリア表示がされていますが、外国人観光客がそこまで把握しておく必要はありません。

シートベルトは絶対に!

シンガポールでかなり厳しく取り締まっているのがシートベルトの着用です。二言でも当然のように義務付けられていますが、シンガポールで違反した場合、運転手・乗客それぞれに各120S$(9600円)もの罰金が科せられます。警察は非常に厳しいため、街中のいたるところで目を光らせています。くれぐれも忘れにようにしましょう。

タクシー会社に連絡して配車を受ける

あまりにタクシーが来ない場合には、タクシー会社に連絡して配車してもらうのも一つの手段です。とは言うものの、自力で連絡するのはかなり高度な外国語を必要とするため、ホテルなどでやってもらうことをおすすめします。万が一路上などでどうしてもとなった時には、街の人に声をかけてやってもらいましょう。ちなみに代表的なタクシー会社の電話番号は以下の通りです。

Confort Transportation City Club6552-1111
SMRT Taxi6555-8888
Prime Taxi6778-0808
Premier Taxis6363-6888
Trans Cab6555-3333

タクシー配車に関しておすすめのアプリ

タクシーの配車を受けたいけれど、ホテルなどもないしどうしよう?という時におすすめなのがアプリの利用です。あらかじめダウンロード、もしくは現地でダウンンロードしておけばアプリに沿って配車を受けることができます。種々あるアプリの中から今回は『 Grab Taxi』というアプリをおすすめします。

シンガポールのみならず、多くの東南アジア諸国で利用可能このアプリでは現在地情報を基に、近くを走っているフリーのドライバーがやってきてくれると言うシステムになっています。炎天下の中待つのは辛いでしょうから、ぜひ使ってみてください。

 

まとめ

いかがでしょうか。シンガポールにおいてタクシー移動は非常に便利な手段となっているので、目的に応じて他の公共交通機関と使い分けながら利用してくださいね。

 

SHARE