【徹底紹介】ノーサインボード・シーフード(無招牌海鮮)で美味しいニョニャ料理を楽しもう!

ノーサインボード・シーフード

ノーサインボード・シーフードはシンガポールの大人気海鮮系ニョニャ料理レストランです。

店名の由来は、もともと看板を出さずに屋台村で営業していたことから。1970年代に創業したノーサインボード・シーフードは口コミが口コミを呼び、瞬く間にシンガポールの大人気店に成長しました。店舗はシンガポール国内に6つも有ります。

地元感のあるカジュアルなお店

レストラン感のあるしっかりした外装のお店まで

看板メニューはチリクラブ。からさと甘さと酸っぱさが絶妙なバランスで、カニの旨味と合わさっていくらでも食べられてしまいます。濃厚な味付けはご飯との相性もバッチリでご飯も進むこと進むこと。

豪快なチリクラブ

ん〜!美味しそう!!

他にはロブスターの揚げ物や空芯菜の炒め物などのサイドメニューも充実しています。特に海鮮系料理はどれも絶品なので、大人数でたくさん注文するのがオススメです。

プリプリのロブスター!

エビを天ぷら状に揚げた逸品

予算

予算はランチ:25$〜、ディナー:45$〜と標準的。チリクラブは贅沢な素材ゆえにお値段も張るので、どれだけチリクラブを食べたいかで予算が決まってきます。

ノーサインボード・シーフードのメニュー

アクセス

ノーサインボード・シーフードの本店はMRTアルジュニード駅から徒歩10分です。ただし、シンガポール内だけでも6支店を構えるので行きやすい店舗を探してみても良いですね。

本店の場所↓

マリーナエリアのエスプラネード・シアターズ・オン・ザ・ベイ内の店舗↓

クラークキー・セントラル内の店舗↓
ビボシティ内にも店舗が有ります↓