【私の感想】ラッフルズの高級四川料理店『四川豆花飯荘』について。~2018年~

 

四川豆花飯荘は東京都庁に似ていることでも有名なラッフルズプレイスUOBプラザの60階にある四川料理店です。
シェフは四川料理の本場も本場である成都出身で、香辛料は四川省を始め中国全土から取り寄せるというこだわりぶり。その結果見事に本場の味を作り出しています。
例えば人気メニューの麻婆豆腐は花椒もしっかりきいたかなりの辛口に仕上がっており、どんな四川料理好きも満足する美味しさです。
ちなみに、辛いものが苦手な人のために広東料理も提供しているので、安心してくださいね!

また、お茶を注ぐ時のパフォーマンスも必見です。中国茶に精通したティーマスターが特殊な急須で豪快にお茶を注ぐ姿は、思わず写真を撮らずに要られませn。

地上60階からシンガポールの街並みを一望し、美味しい四川料理を頬張る幸せは何事にも代え難いですね〜

予算はランチで20〜、ディナーで50$〜ほどです。ロケーションも考えれば比較的お手頃なレストランと言えるでしょう。観光客からの人気は高いので、予約は必須です。

四川豆花飯荘のあるUOBプラザはMRTブギス駅から徒歩8分です。駅を出たらすぐプラザが目に入るので、迷うことはないでしょう。

/***る辛さの麻婆豆腐($18~)、辛さ控えめの四川担担面($8)回鍋肉(四川風ホイコーロウ)や青椒肉絲(肉とピーマンの細切り炒め 杭杷甜豆腐(クコの実入りおぼろ豆腐) などの写真をお願いします。  ***?