【ショッピング】アラブストリートで買い物するなら絶対ココ!人気のお店7選![2018年]

導入

アラブストリートのショッピング事情

アラブストリートは19世紀にアラブ系ムスリムを集住させるために作られたエリアが発祥の街です。今ではマレー系・インドネシア系などアラブ系以外のムスリムも増えてきて多国籍な感を増しています。

シンガポールの中でも独特の雰囲気があるアラブストリートはエキゾチックなショップの宝庫!絨毯やバティック(ろうけつ染)、香水や雑貨など心くすぐられるアイテムに出会えます♪

アラブストリートへの行き方

アラブストリートへ行くには、MRTブギス駅を降りて北へ向かうこと徒歩10分。街並みを楽しみながら歩けば、いつの間にか道ゆく女性がヒジャブをつけているのが目に入るはず。そうしたらアラブストリートはもうすぐです。

コラム:アラブストリートを歩く時の服装

アラブストリートでショッピングをするだけならば基本的に服装の制限はありません。しかし、近くのサルタン・モスクやまラバー・モスクで観光もするのであれば肌の露出は控えた格好が望ましいです。ただし、最近は見学用のイスラム服の貸し出しもあるようです(サルタン・モスクなど)。

アラブストリートのショッピングセンター

/***一言&リンクボックス、ショッピングセンターが完成してからでよい***/

それでは、アラブストリートで絶対行きたい可愛いお店7選をご紹介します!

アラブストリートで絶対行きたい可愛いお店7選

1トッコー・アルジュヌード(Toko Aljunied)

トッコー・アルジュニードはアラブ人が経営するバティック専門店です。
店先には切れ端をリサイクルしたクッションカバーやバッグなどの小物が並び、店内にはテーブル・ランナー、ニョニャ・クバヤ(プラナカンの女性であるニョニャの民族衣装)など本格的なバティックの製品が陳列されています。
「身にまとう宝石」とも呼ばれるニョニャ・クバヤはバティックの模様に緻密な刺繍細工が映え、思わず見とれてしまう美しさです。
また、製品化していない生地だけの販売もされているので、自分なりのバティック製品を作ってみることもできちゃいます♪

トッコー・アルジュニードはMRTブギス駅から徒歩7分です。

コラム:バティックとは

バティックとはインドネシアおよびマレーシア特産の臈纈染(ろうけつぞめ)布地のこと。布にロウを施し、染料がつかないようにして染め抜く過程を繰り返すことで複雑且つカラフルな模様を作り出すんです。2009年にはユネスコの世界無形文化遺産に登録され、

2ジャマル カズラ アロマティックス(Jamal Kazura Aromatics)

ジャマル・カズラ・アロマティックスは香水・香油の専門店です。1933年創業の老舗で、日本人観光客からも広く人気を集めています。

アルコールが禁じられているムスリムのために、香水にはアルコールが入っていません。そのため香りが揮発せず、ぐっと長続きするのが特徴。ちょっとつけるだけでも良い香りがずっと漂います♪

また、アラビアンな美しい香水瓶はインテリアとしてもGood!お土産にも喜ばれるアイテムです。安いもので12$からと案外リーズナブルなお値段なので、何にしようかついつい迷ってしまいます。日本語が堪能なスタッフさんがおり、商品の説明や代金の支払いがスムーズなのも嬉しいですね^^

ジャマル・カズラ・アロマティックスはMRTブギス駅から徒歩10分です。

3ハジ・レーン

ハジ・レーンは特定のお店ではなく、おしゃれなショップが立ち並ぶ路地の名前。アラブ・ストリートからすぐ近くなのに全然違った空気が漂います。
短い路地なので歩くだけならあっという間ですが、一つ一つのお店が個性豊かで、ショッピングを本格的に楽しもうと思ったらあっという間に時間が経ってしまいます。
・南米コロンビアの雑貨屋さん「Kolombiana」
・ハンドクラフトアクセサリーの人気店「SSFW(Spring Summer Fall Winter)」
・アジア各国のヒーリングアイテムが集う「Alternative Store」
などなど要チェックのお店が盛りだくさんです!

ハジ・レーンはMRTブギス駅から徒歩6分です。

コラム:アラブストリートのグルメ

アラブストリートのグルメはマレー系のローカル料理がオススメ。ホーカーズやフードコートこそありませんが、地元の人々に愛されてきた名店がたくさんあります。特に50種類以上のおかずを選べる食堂「ハジャ・マイムナー」やスマトラ島パダンの料理が楽しめる「ミナン」が人気です。
アラブストリートのおすすめグルメについて、詳しくはこちらをご覧ください!

4ユートピア(Utopia)

ユートピアはエスニックなオリジナルブランドを扱うアパレル・雑貨ショップです。
バティックの布やビーズ、天然石などアジアンな素材が使われたファッションは、明るい色彩、精巧なディテールが強調され、エキゾチックな要素が盛りだくさん。伝統に由来しつつモダンなアレンジがなされており、普段着にも使いやすいアイテムがそろいます。
また、どれもお手頃なお値段なのも嬉しいポイント。小物雑貨は特にリーズナブルなお値段なので気軽に買えちゃいます^^

ユートピアはMRTブギス駅から徒歩8分です。

5スーフィズ・トレーディング(Sufi’s Trading)

スーフィズ・トレーディングはトルコの様々なグッズが取りそろえられているお店です。
お店にはトルコ絨毯にトルコランプ、絵皿やお守り「なザール・ボンジュウ」などなどなかなかお目にかかれない雑貨がひしめきます。

特にトルコランプは、美しいモザイクが光源の光によって極彩色に輝くとっても美しいもの。アラブストリートではここでしか手に入らないレアアイテムでもあります。日本に持って帰っても使い続けられるので(電球を交換するだけです)、エキゾチックなお土産としてぴったりです。

スーフィズ・トレーディングはMRTブギス駅から徒歩8分です。

6リトル・ショップハウス(Little Shophouse)

リトル・ショップハウスはプラナカンの伝統工芸を継承するショップです。

オーナーのロバートさんとその妹さんの手によって、滅びかけているプラナカン文化が再生されています。
メインアイテムは靴。1000$を超えるものもありますが、なんと一足を作り上げるのに100時間以上という大変手間がかかったもので、値段にも納得です。

また、プラナカン風のお茶セット、食器、花瓶、ハンドバッグ、ジュエリーなども販売しています。こちらは手頃なお値段のものも多いです(スプーン:6$、アクセサリー:3$〜)。

リトル・ショップハウスはMRTブギス駅から徒歩8分です。

7バシャラヒル・ブラザーズ(Basharahil Bros.)

バシャラヒル・ブラザーズは1939年創業のバティック製品を専門に取り扱う老舗です。

サロン(インドネシアやマレー半島の男性が着用する民族衣装)やシャツ、スカートなどの民族衣装を中心に、テーブルクロスやタオル、ハンカチなども販売しています。

バシャラヒル・ブラザーズのバティックは手染めの物なので、高価な代わりにとても綺麗でため息がもれてしまいます。バティックのシャツはデザインはもちろん着心地や風通しも良いので、是非一着ゲットしてみませんか?

バシャラヒル・ブラザーズはMRTブギス駅から徒歩7分です。

まとめ

coming soon