【有名&お勧め】バンコクで本当に美味しい西洋料理・洋食レストラン7選!「大満足」

「タイ料理も美味しいけれど、濃い味付けに飽きてきた…」「東南アジア流のスパイスは強すぎてちょっと胃に重い…」

たまにはパーッと、西洋料理、洋食を楽しみたい!

タイに長期滞在していると、こんな気持ちになる皆さんも多いのではないでしょうか。

今回はそんな皆さんに向けて、バンコクで人気、お勧めの西洋料理・洋食レストラン7選を紹介していきたいと思います!

レストラン紹介のポイント

  1. 場所(アクセス)
  2. メニュー
  3. 価格帯
  4. 営業時間
  5. 電話番号

そもそも洋食とは?

洋食といって皆さんは何を思い浮かべますか?オムライス、エビフライ、カレーライス、コロッケ、といったものが、日本でいう「洋食」ですよね。ですが、これらはなんと明治時代に日本で生まれた、「日本向けにアレンジされた」西洋料理。

「洋食」というと元々は西洋発祥で幕末から明治期にかけて日本に入ってきた料理のことを指しましたが、そのうち先に挙げたような「日本人向けにアレンジされた料理」が作られるよになり、現在ではそのイメージが「洋食」として強く定着しています。

一方、本来の「洋食」として今でも日本に残っている西洋料理には、マカロニグラタン、ポタージュ、ビーフシチュー、ステーキといったものがあります。バンコクで楽しめるのは、そうしたアレンジされていない西洋料理日本で食べるものとはちょっと違う「洋食」をたっぷり堪能しましょう!

1ペントハウス バー&グリル

ペントハウス バー&グリル(Penthouse Bar&Gril)は、バンコクの高層ビルの中でもとりわけ大きくそびえ立つ、パークハイアットの最上階に構えた「超」がつくほどの高級バーです。最高レベルのグリルシェフが作るステーキにプリプリのロブスター、こんがり焼き上げたホタテ料理からショコラのチュコレートケーキまで、一通りの西洋料理をどれも最高級のクオリティで楽しむことができます。

パークハイアット

料理はどれもおしゃれで一流です

美味しそうですね

サーモンのドレッシングあえ

やはり日本式とはちょっと違っているようです。

案内してくれるホステスのボーイや会計のスタッフの対応も当然一流です。また、Peterというタイ人店員が日本語を流暢に話せるということも界隈では有名。店は34階と35階の2フロアで、34階が主に料理、35階が高級ワインを楽しむバーになっています。

バンコクの夜景を眺めながら食事ができます。

バーの様子

いろんなお酒が置いてあります。

35階から34階を見下ろした様子

ランチで行くとこんな感じです

昼間の景色は最高ですね!

とにかく高級感のあるペントハウス バー&グリルですが、価格はとてもリーズナブルで、ディナーで大人一人当たりの予算は1000B〜2000Bほど。タイとはいえ、ここまでリーズナブルに高級西洋料理を楽しめるお店は多くありません。是非足を運んでみてはいかがでしょうか^^。

  • 営業時間:12:00 – 14:30、17:30 – 0:00
  • 電話番号:+66 2011 7480
  • 住所:8 Wireless Road | Park Hyatt BangkokBangkok 10330, Thailand
  • その他:予約, 座席あり, 接客係, 駐車場あり, 駐車場あり(専用), バレーパーキング, 車椅子対応, アルコールメニューあり, アルコールメニュー豊富, アメックス可, Mastercard可, Visa可, 無料 Wi-Fi, テラス席
  • 地図↓

ペントハウス バー&グリルを
トリップアドバイザーで見てみる

2ブラセリエ・コルドニエ

ブラセリエ・コルドニエ(Brasserie Cordonnier)はBTSナナ駅から北に徒歩5分ほどの場所に位置する、フレンチを中心とした洋食レストランです。壁一面におしゃれなハイヒールを多数展示した内装が特徴的で、店内は暗めの落ち着いた雰囲気になっています。場所柄、外国人の利用がほとんどで、いつ行っても西洋系の人たちが上品に食事を楽しんでいます。

上品な雰囲気の店内

ハイヒールを展示した内装が印象的です

食事を楽しむテーブル

料理はどれもフランス由来のおしゃれな逸品で、エビや牡蠣といった魚介類からフランスパンやパスタといったものまで幅広く楽しむことができ、ワインも最高級のものが提供されます。

料理は一流シェフの手作りです

フランス人シェフ

美味しそうなチーズ

お酒コーナーも充実しています

上品な落ちついた雰囲気の中食事を楽しむことができ、「最高だった」「また行きたい」などの口コミが多数を締める中、価格は非常にリーズナブル。大人一人当たりの予算は400〜1000Bほどです。気軽にふらっと立ち寄ってもお財布が痛くないお値段ですね。ランチはやっていませんが、ディナーをトリップアドバイザーのページから予約することができますので、よかったら今日この後にでも、足を運んでみてはいかがでしょうか。

  • 営業時間:18:00 – 0:00
  • 電話番号:+66 2038 5113
  • 住所:32 Soi Sukhumvit 11 | Khwaeng Khlong Toei NueaBangkok 10110, Thailand
  • その他:予約, テラス席, 座席あり, 接客係, 駐車場あり, アルコールメニューあり, アルコールメニュー豊富, ワインとビール, アメックス可, Mastercard可, Visa可, デジタル決済, 無料 Wi-Fi, クレジットカード可, 駐車場あり(専用)
  • 地図↓

ブラセリエ・コルドニエを
トリップアドバイザーで見てみる

3DID(Dine in the Dark)

BTSアソーク駅の西口を出てすぐ、シェラトングランドスクンビットの中に2014年にできたDID(Done in the Dark)は、なんと真っ暗な中料理を楽しむという一風変わったレストラン。出されるのは西洋コース料理ですが、食べるのは真っ暗の部屋の中で、事前に服を汚さない為のエプロンが手渡されます。

シェラトングランドスクンビット

前の人の肩に手をかけて恐る恐る食事部屋に入ると、テーブルの上にはナイフやフォーク、おしぼりなど一通りのものが揃っていることが手探りで分かります。何を食べているか分からない状態でも喉を詰まらせたりやけどしたりしないよう、料理は工夫されています。

暗闇の中で出される料理

味覚が研ぎ澄まされ、料理そのものの味を楽しむことができます

チーズとクラッカー

視覚なしでこれがなんの料理だかわかるでしょうか?笑

また、コースの案内をしてくれるのは盲目のタイ人ガイドさんたち。暗闇の中で我々よりもはるかに的確に動くことができます。トロントやシンガポールにも系列店がありますが、中でもバンコク店は料理のクオリティが高くスタッフの対応も良いと評判。予算は1000〜1300Bほどと少し張りますが、一風変わった経験をしてみたいという人には是非おすすめなレストランです^^

盲目のスタッフが料理を案内してくれる

  • 営業時間:18:30 – 23:00
  • 電話番号:+66 2649 8358
  • 住所:250 Sukhumvit Rd., Khlong Toei, Khlong Toei | G Floor – Bar Su, Sheraton Grande Sukhumvit Hotel. B.T.S. Asoke: Gate 5Bangkok 10110, Thailand
  • その他:駐車場あり, 駐車場あり(専用), バレーパーキング, アルコールメニューあり, アルコールメニュー豊富, ワインとビール, アメックス可, Mastercard可, Visa可, デジタル決済, 予約, 座席あり, 接客係, クレジットカード可
  • 地図↓

DID(Done in the Dark)を
トリップアドバイザーで見てみる

DIDの口コミ
味覚と視覚の関係を感じてみよう

完全な闇のなかでの食事は、視覚意外の感覚が研ぎ澄まされて大変に面白い体験でした。ただ暗い中で何か食べるということなら自宅でもトライできるかもしれませんが、最初から最後まで真っ暗闇のなかでのコース料理となると、楽しくガイドをして下さる視覚障がい者の方にしかサーブできず、彼らのほうが闇のなかでは自由であることにも気づかされました。 DIDという独立したお店があるのではなく、G階のバー、BarSuの奥ですのでご注意を。BarでDIDを予約していると伝えるとガイダンスしてくれます。タイ、ウエスタン、ベジタリアン、サプライズの4種類から選べ、4コースで量は多め。様々な素材が使ってありますので、同行者との話も弾みました。   食後にダイニングを出てからコーヒーが出て、そこで正解の画像を見せてもらえます。SPG会員等の割引がありますのでHPをチェックしてみて下さい。

出展:トリップアドバイザー

DID(Done in the Dark)を
トリップアドバイザーで見てみる

 4ザ リビングルーム

ザ リビングルームは、DIDと同じくシェラトングランデスクンビットの内部に店を構えるオシャレ西洋料理レストラン。全体的に円を意識した店の形で、内装は上品な壁紙や置物で高級感を演出しています。また、店はオシャレな高級レストランであると同時にジャズラウンジとなっており、プロの演奏者が食事を盛り上げるべく演奏しに来てくれます。

ジャズの演奏を楽しみながら料理を味わいましょう

料理はどれもシェラトン専属シェフが作った逸品で、見た目も味も大変評判です。ビュッフェ形式となっており、好きなものを好きなだけ取っていけるのも魅力ですね。一方、シェラトンに宿泊している外国人旅行者にとっては気軽に入れるお店とあって、店内には常にそうした旅行者のお客さんがいます。

上品な見た目と味

オシャレですね…

どれをとるか迷ってしまいます

ディナーの時間帯には白ワインを嗜む上品な紳士、淑女がやって来ます

ホテル内のレストランなだけあって、朝は9時から朝食をやっており、ランチ、ディナーと夜まで営業しています。シェラトンに泊まる人、付近に用事がある人は是非足を運んでみたいですね^^

  • 営業時間:9:00 – 0:00
  • 電話番号:+66 2649 8353
  • 住所:250 Sukhumvit Road | 1F, Sheraton Grande SukhumvitBangkok 10110, Thailand
  • その他:座席あり, 接客係, 駐車場あり, 駐車場あり(専用), バレーパーキング, アルコールメニューあり, アルコールメニュー豊富, ワインとビール, アメックス可, Mastercard可, Visa可, デジタル決済, 無料 Wi-Fi, 予約, 車椅子対応, クレジットカード可
  • 地図↓

ザ リビングルームを
トリップアドバイザーで見てみる

ザ リビングルームの口コミ

ジャズ生演奏が聞ける
シェラトン宿泊時のグランデ特典等で利用しました。
18:00~のカクテルサービスでまず利用してみました。
生演奏のジャズを聞きながらカクテルを選び、おつまみ類もナッツ等からちょとしたタイ料理まで出てきました。
女性スタッフは最初にサービス内容の説明、途中何度となく「お代わりは?」「楽しんでいますか?」と簡単な英語で話しかけてくれました。
女性2人組で利用しましたが、夕食が食べれなかったほど満足でした。
2度目はアフタヌーンティーで利用。
事前にホテルサイトよりバウチャー購入。キャンペーンで安くなっていましたので、コンシェルジュをとおして予約のみしました。
アフタヌーンティーは15:00~開始のところを14:30に行って見た所、「後30分あるのでとりあえず紅茶からどうぞ」と柔軟な対応でした。
15:00になってタワーが一人1台運ばれてきました。
サンドイッチ、マカロン、ムース、ケーキ、スコーン、フルーツと言った所でとても食べきれませんでした。
残念なのはスコーンが最初からトレイに乗せられて来ていたので、食べる頃には冷えていました。英国式の所は後でお皿で熱々のものを・・・と言うとことが多い様に思います。
紅茶はティーバッグでしたが、何度もポットのお代わりを気遣ってくれました。
ものすごく冷房が効いているのですぐにぬるくなっていました。
ディスカウント価格でB460ととってもリーズナブルに優雅なひとときを過ごせました。

ザ リビングルームを
トリップアドバイザーで見てみる

3ロッシーニ

さて、次に紹介するロッシーニ(Rossini’s)も、シェラトン・グランデ・スクンビットの1階に店を構える上品さを追求した高級イタリアレストラン。イタリアはミラノからやって来たシェフが店長をつとめ、日々最高級のイタリア料理を紳士、淑女に提供しています。

店内は落ち着いた雰囲気です

シェフの繊細な感性が料理に表れます

料理はオーダー形式とビュッフェ形式を折衷した形で提供され、チーズを食卓の脇で溶かして提供する料理や、アツアツのピザはまさに逸品。テーブルを担当してくれるボーイもよく教育されており、心地よい笑顔で対応してくれます。予算は1000〜1300Bほど。この高級感の割にはリーズナブルな価格と言えるでしょう。

高級感のある逸品

美味しそうですね…

ステーキもジューシーです

実際に行って見た人たちからは満足感溢れる口コミは寄せられています。洋食でも特にイタリアン料理な気分!というう人は足を運んでみるといいかもしれませんね^^

  • 営業時間:16:00 – 20:00
  • 電話番号:+66 2649 8364
  • 住所:250 Sukhumvit Road | 1F, Sheraton Grande SukhumvitBangkok 10110, Thailand
  • その他:座席あり, 接客係, 駐車場あり, 駐車場あり(専用), バレーパーキング, 車椅子対応, アルコールメニューあり, アルコールメニュー豊富, ワインとビール, アメックス可, Mastercard可, Visa可, デジタル決済, 無料 Wi-Fi, 予約, 個室あり, 子供用の椅子あり, クレジットカード可
  • 地図↓

ロッシーニ(Rossini’s)を
トリップアドバイザーで見てみる

ロッシーニ の口コミ

⑴Exective Breakfast
シェラトングランデスクンビットの1階にある夕食はイタリアンレストランでの朝食で利用しました。
シェラトンに宿泊し、ラグジュアリールーム以上に宿泊(SPGプラチナも)している人はこちらでの朝食になったようです。(今まで何度も宿泊していますが今回から変わっていました)
エグゼクティブブレックファストという朝食は、前菜やパン、フルーツは自分で取りに行きメインはメニューからの選択となっていました。
ロビー階にあるビッフェより落ち着いて食べることが出来ました。

朝食で利用
シェラトングランデスクンビットの中にあるレストラン、フロントのスタッフがおすすめしてくれたので初日に利用しました。
高級感漂う店内、メインの卵やお肉料理はセレクトでそれ以外はバイキングになっていました。
日本語メニューもあるので安心です。

⑶朝からVIP気分
「シェラトン・グランデ・スクンビット」にあるバンコク一のイタリアンレストランとの誉れ高い「ロッシーニ」で朝食をいただきました。SPGプラチナ会員とラグジュアリールーム・ラグジュアリースイート宿泊者の朝食会場ですが、それ以外の方も有料で利用できそうです。同じフロアにあるタイ料理レストラン「バジル」がツアー客用朝食会場として利用され、そのビュッフェ台が「ロッシーニ」前まで置かれてはいたのでバタバタした雰囲気はありましたが、やはり入口辺りから高級感が漂っていますし、もちろん店内の造り・雰囲気も大変に良いものがあり、まるで一軒家の高級レストランのようです。席に着くと黒服のマネージャーがご挨拶、続いて女性スタッフからメイン料理のメニューをいただきました。このメニューから好みの卵料理、カオパット(タイ風炒飯)、ワッフルなどを好きなだけ選んで作ってもらうというシステムです。注文した料理が運ばれて来るまでは、ビュッフェ台の前菜をいただきますが、ビュッフェ台だけでも充分なレベルの料理が並んでいます。切り分けられるハム、その場でスライスされる生ハムはイベリコ豚、その左横のフルーツのビュッフェ台では、スタッフがマンゴーやパッションフルーツなどを食べやすいように切り分け、リクエストに応じてジュースも作ってくれます。また、お粥や点心もあります。店内中央部にはパン(レベルが高いです)のビュッフェ台とチーズのコーナー、そして当たり前にスパークリングワインも用意されています。利用客数が限られていることもあるのでしょう、コーヒーが冷めるとすぐに新しいものが運ばれて来るなど、笑顔のスタッフによるきめ細かいサービスも受けられます。いや~朝から贅沢な気分を味わえました。

出展:フォートラベル

ロッシーニ(Rossini’s)を
トリップアドバイザーで見てみる

 6マリオット・カフェ

JW Marriott Hotel Bangkok内に大きく店を構えるマリオッ・カフェ(Marriott Cafe)は、カフェという名前であるものの、実際にあシーフード系を中心とした立派な大型レストラン。ビュッフェ形式になっており、新鮮な海の幸を豪快な西欧式で楽しむことができます。

合計に盛られたシーフード

美味しそうなカニ!

好きなものを好きなだけ取って来ましょう♪

エビも山盛りです

ピリ辛ソースを付けて食べたらたまりませんね!

もちろん、シーフード以外のメニューも充実。どれもマリオットホテル専属シェフが魂を込めて調理した逸品です。

サイドメニューも一流のシェフによるもの

豪快に調理しています

美味しそうですね…

なんでも揃っているパンコーナー

そしてビュッフェの締めといえば、、、そう、ケーキですよね!笑

ケーキコーナー

美味しそう…

金箔が散りばめられていてオシャレです

紳士淑女はワインコーナーへ…笑

利用者の中にはホテル宿泊者も多くいますが、ビュッフェを食べにわざわざ訪れる人も多くいます。

食事を楽しんでいます

写真からも十分伝わったであろう、オシャレ感に高級感、そして豪快なビュッフェの満足感!バンコクが誇る屈指のビュッフェ型西洋レストラン。予算は一人あたり2000Bほどです。お財布との相談になるかとは思いますが、是非とも足を運んでみたいですね!

  • 営業時間:6:00 – 10:30、12:00 – 15:00、18:00 – 22:30
  • 電話番号:+66 2656 7700
  • 住所:4 Sukhumvit Road, Soi 2 | JW Marriott Hotel BangkokBangkok 10110, Thailand
  • その他:個室あり, 座席あり, 接客係, 駐車場あり, 駐車場あり(専用), バレーパーキング, 子供用の椅子あり, アルコールメニューあり, アメックス可, Mastercard可, Visa可, 無料 Wi-Fi, 予約, 車椅子対応, ワインとビール, バイキング, クレジットカード可
  • 地図↓

マリオット・カフェを
トリップアドバイザーで見てみる

7ザ・ハウス・オン・サトーン

さて、最後に紹介するザ・ハウス・オン・サトーン(The House on Sathorn)は、全世界のオシャレ紳士、淑女から絶大な人気を博するW Hotelのバンコク支店に併設し、西洋風の立派な建物が周囲を圧倒して一つの世界観を築いています。場所はシーロムエリアに位置し、BTSチョン・ノンシ駅から徒歩1分です。建物内部は歴史を感じさせるような重厚かつオシャレな造りで、壁にかけられている絵も逸品、カウンターの中のシェフも笑顔で会話してくれます。

Wホテルに隣接しています

建物内部の様子

建物の内部には中庭がついており、ここで食事を楽しむこともできます

笑顔で会話してくれるシェフ

手慣れた振り方です

もちろん料理も最高の逸品。トルコ出身のシェフ、ファティ・トゥタク氏のマルチ・カルチャーな料理が大変な評判です。料理はトルコ系を中心にしており、料理のポリシーは「Innovative Asia with Turkish influence」とされています。

子羊のグリル

西洋風のガヤーン

キハダマグロのタルタルにラディッシュのスライス乗せ

カクテルの「ザ・ガーデン」

トルコ風の一風変わった西洋料理。日本に居ても、本格トルコ系レストランへ足を伸ばす機会はなかなかありませんよね。ここでは、ディナーで行って予算は一人当たり大体700〜1000Bほどと考えておきましょう。ランチで行けばもう少し安くなります。最高の食事体験を考えれば、リーズナブルな価格と言えそうですね^^。最高の高級感、オシャレ感の元、一流シェフの料理を心ゆくまで楽しめるザ・ハウス・オン・サトーン。バンコク滞在中に一度は訪れて見たいですね^^

  • 営業時間:12:00 – 0:00
  • 電話番号:+66 2344 4000
  • 住所: 106 North Sathorn Road | Silom, Bang RakBangkok 10500, Thailand
  • その他:予約, テラス席, 個室あり, 座席あり, 接客係, 駐車場あり, 駐車場あり(専用), バレーパーキング, アルコールメニューあり, アルコールメニュー豊富, 無料 Wi-Fi
  • 地図↓

ザ・ハウス・オン・サトーンを
トリップアドバイザーで見てみる

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は、バンコクで絶対行きたい人気の西洋料理レストラン7選ということで、どれもバンコク屈指の評判を誇る超有料レストランを紹介して来ました。詳しい価格帯、ドレスコードの有無などはトリップアドバイザーのページで確認して頂ければなと思います。そこらへんの屋台で食べるよりは、やはり予算的にも張るレストランばかりですが、行って後悔しない、値段相応の経験を得ることができます。気に入ったレストランに是非、足を運んで見てくださいね^^