MENU

【完全版】サイアムディスカバリーの観光情報(行き方、フードコート、フロアマップ)を紹介

サイアムディスカバリーについて色々知りたい人「今回のバンコク観光はショッピングセンターを回りたいなあ・・・。サイアムディスカバリーっていうショッピングセンター見つけたんだけど、ここどんな感じなんだろう。行く価値あるかどうか教えてくださいな」

こんな疑問に答えます。

本記事の内容

  • サイアムディスカバリーの簡単フロアマップ
  • 1〜5階のフロアを個別解説
  • フードコートに出店しているレストランを紹介

この記事は3分で読み終わります。読了後にはサイアムディスカバリーについてのことが丸わかりですよ。

サイアムディスカバリーとは

サイアムディスカバリーの外観

サイアムディスカバリーは6階建てのショッピングセンターです。サイアムパラゴンやセントラルワールド、MBKなどのショッピングセンターは出店店舗に差はあれど、我々日本人が想像する一般的な「ショッピングセンター」の構造をしていました。

しかし、このサイアムディスカバリーは違います。まず外観が前衛的な作りをしています。館内も今までのショッピングセンターにはない、ハイテク感が漂う雰囲気です。

6階には日本のお台場にもあるマダムタッソーのエリアもあり、現地の人の蝋人形も多いので、現地の観光客が多い印象です。

ライトアップされた夜のサイアムディスカバリー

ライトアップされた夜のサイアムディスカバリー

サイアムディスカバリーのフロアマップ

サイアムディスカバリーのフロアの様子

サイアムディスカバリーのフロアごとに簡単にジャンル別で紹介します。

  • 1階)女性向け衣料品、アクセサリー
  • 2階)男性向け衣料品、アクセサリー
  • 3階)小物、スポーツウェア
  • 4階)健康用品、生活用品
  • 5階)家具、お土産屋、食料品店
  • 6階)マダムタッソー

簡単にジャンル別で分けるなら、このような感じです。ファッション関係の店舗数が一番多く、4,5階でその他という印象でしょうか。それではそれぞれの階ごとの詳細について紹介していきましょう。

最先端の技術と前衛的な雰囲気!1階の様子!

サイアムディスカバリーのオシャレな一階

まずは1,2階の衣料品コーナーです。何と言っても、上の写真に見られるようにオシャレな雰囲気が特徴的です。出店しているブランド名は多種多様で、大きなセレクトショップになっています。

最大の特徴の1つが女性エリアにある「Dressing Lab」です。なんとバーチャルで自分の身体に合わせた試着をすることが可能で、気に入ったものがあれば実際に試着できる、という日本ではほとんど見ない売り方です。さらに、なんとスタイリストのコーディネートコンサルティングも受けることが出来ます。色々最先端です笑。

綺麗なお姉さんスタッフ

この後ろにある「Dressing Lab」という箱の中でバーチャル試着を行います。白衣のスタッフさんが使い方などは丁寧に説明してくれるので安心。

前衛的な雰囲気のサイアムディスカバリー1階

またフロア自体が四角のキューブに囲まれていて、オシャレです。写真に収めるのを忘れずに。

インスタグラムを投影?2階の様子!

サイアムディスカバリーの2階
2階は男用の服が主に販売されています。その中でも注目なのが、「Social Discovery」です。こちらではインスタグラムと同機することで、前方の画面に自分の投稿が映ります。

インスタグラムと同期してスクリーンに写真が映っている

インスタグラムの写真が画面に映ります。

間違えてはいけません。ここは博物館ではないですよ笑。

写真をとる人

ぜひこちらも写真に収めておきましょう。それこそ、これをインスタグラムにぜひ投稿してみては。

【簡単解説】3〜5階の様子!

3、4、5階はスポーツ用品や家具、お土産屋さんなど比較的普通のショッピングセンターのようになっています。写真付きで簡単に紹介していきます。

スポーツ用品店がズラリ!3階の様子

サイアムディスカバリー3階にあるアディダス

3階のアディダス。日本のお店と似たような店構えです。

さらに3階の注目ポイントは「Street Lab× ELLEMEN」です。ここでは、これまで履いてきた靴に関する質問とテストランをするだけで、機械とコンサルタントの人の両方によって、最良の自分だけの靴をチョイスしてくれます。

STREET LAB

ここで質問にいくつか答えます。

試乗の様子

テストランを機械が分析。

オニツカタイガーのランニングシューズ

選ばれたのは「オニツカタイガー」でした。

サイズだけじゃない、ワイドなども考えなくてはならないランニングシューズ選びを機械が簡単に行ってくれるというのは有難いですね。

スタバも!4階の様子

続いては4階。後で紹介するロフトに加え、面白いお店が色々あるのが4階の特徴です。

サイアムディスカバリー4階のスタバ

スタバの店員

スターバックス。もちろん、値段も味もほとんど変わりません。

おしゃれな本屋

何のお店だと思いますか?

実はこれ本屋さんです。本を置くスペース的な問題はありそうですが、とにかくオシャレですね。

リップ屋さん

こちらはリップ屋。

最新機器も使いながら、スタッフさんが個々に合わせたベストのリップを選んでくれます。

家具が充実!5階の様子

サイアムディスカバリー5階の様子

続いては5階。こちらは雑貨を扱うお店。

家具を扱う5階の店

モダンな感じの店内です。

開放的な店内

とりあえず5階もオシャレです笑。

4階のロフト!

4階のロフト

サイアムディスカバリーも注目ポイントが多いショッピングモールですが、その中でもぜひ訪れてほしいのがこのロフトです。その規模はかなり大きく、日本からの輸入品を陳列しているそう。

お店の商品も日本に馴染みのあることが多いですが、1つだけ決定的に異なる点があります。

それは店内の雰囲気です。サイアムディスカバリーの先進的なデザインに合わせて、このロフトもデザインされています。

4階のロフトの雰囲気

店舗正面

4階のロフトの店の様子

店内の様子 その1

4階のロフト

店内の様子 その2

上手い言葉が見つかりませんが、とにかく日本にはない雰囲気のロフトです。

名物!マダムタッソー!

サイアムディスカバリーの最大の見所がこのマダムタッソー蝋人形館です。お台場にもある有名なギャラリーで、クリスティアーノ・ロナウドなどの超有名人の蝋人形が展示されています。

このサイアムディスカバリーではこの有名人とのツーショットが撮れることで大人気です。入場料金は大人700Bと少しお高めです。お台場でも見ることの出来るものではありますが、せっかくサイアムディスカバリーを訪れたなら行っておくべき観光地と言えるでしょう。

詳しいマダムタッソー蝋人形館の観光については、「【ドラえもんと記念撮影!】バンコクのマダムタッソー蝋人形館の観光を徹底紹介[2018年]」で紹介しているので、参考にしてみてください!

ドラえもんと写真!バンコクマダムタッソー蝋人形館の観光情報を紹介

食事は”My Kitchen”!フードコートオススメ5選!

サイアムディスカバリーのフードコート

サイアムディスカバリー内にはフードコートがあるので、そちらで食事をするといいでしょう。”My Kitchen“という名前のフードコートです。ここではフードコート内のお店を紹介していきます。

フードコートの名前はMYKITCHEN

①YuZu

本格高級日本食屋

こちらは日本食のお店「ゆず」。高級日本料理店で、現地の富裕層に大人気のお店です。

美味しそうな丼

公式HPより

公式FBページ:https://www.facebook.com/pg/yuzubkk/photos/?ref=page_internal

②KUPPADELI

KUPPADELI

こちらはオーストラリアンテイストのカフェです。本格的な味を楽しめます。

館内を歩き疲れてしまった時にオススメです。

公式HP:http://kuppadeli.com/kd2018/about/

③Nara

Nara

こちらはタイ料理のお店です。

公式FBページ:https://www.facebook.com/pg/narathaicuisine/photos/?ref=page_internal

④満福苑

満福苑

名前の通り中華料理屋です。

公式FBページ:https://www.facebook.com/pg/ManFuYuanKitchen/photos/?ref=page_internal

⑤BRIX

BRIX

デザート店です。

デザート

美味しそうです。

公式FBページ:https://www.facebook.com/pg/brixdessertbar/photos/?ref=page_internal

▼▼コラム:ステーキハウス▼▼

サイアムディスカバリー内のレストラン

またまた食事処の紹介です。今回紹介するのはフードコートのお店ではないですが、サイアムディスカバリー内部のレストランです。

その名前は”OUTBACK”。ステーキハウスで、がっつり肉を食べたいという人にオススメです。日本にも渋谷などにありますね。

ジューシーな雰囲気漂うお肉

予算は2000円程度です。バンコクの物価はそれほど安くないので妥当な金額です。

サイアムディスカバリーの次に行きたい観光地は?

超人気ショッピングセンターのMBKやサイアムパラゴン、セントラルワールドではなく、サイアムディスカバリーを訪れる人はなかなか通な観光客と言えるでしょう。

上記の3つのショッピングセンターに比べると、サイアムディスカバリーは小さいですが、それでも観光するには十分の大きさです。しっかり観光すれば半日は埋まります。

館内を歩き回って疲れた足を休めたいと思いませんか?

そんな人にオススメの次の観光地がバンコク文化芸術センターです。

「また、歩かないといけないじゃん。」

と思ったでしょうが、違います。オススメなのはバンコク文化芸術センターの中に併設されている”Gallery Drip Coffee”という名前のカフェです。店内はモダンな雰囲気で本格的なコーヒーを楽しめます。

Gallery Drip Coffee

興味のある人は「旬なアートが勢揃い!バンコク文化芸術センターの観光と行き方を徹底紹介![2018年]」で紹介しているので参考にしてみてください。

【バンコク芸術文化センターの観光情報】フロアマップと展示の様子:旬なアートが勢揃い![2018年]

サイアムディスカバリーへの行き方

サイアムディスカバリーへの行き方ですが、

  • バス
  • BTS

の2通りあります。

バスで行く場合は11、16、50、93、187番が近くを通るのでそれらを利用してください。サイアムディスカバリーの目の前にバス停があるので、そこからはすぐです。

また、BTSで行く場合はBTSナショナルスタジアム駅から行きましょう。駅の一番出口から東に進めば、交差点に出るのでサイアムディスカバリーの特徴的な外観を目印にしてください。

サイアムディスカバリーの基本情報

  • 営業時間:10:00~22:00
  • 営業日:年中無休
  • 休業日:なし
  • 電話番号:+66 2 658 1000
  • 公式HP:http://www.siamdiscovery.co.th/
  • 所要時間:3時間
  • 場所

まとめ

サイアムディスカバリーは、結論としては行っておくべきと言えるショッピングセンターです。

日本にはない体験も出来ることですしね。

面白い写真が撮れること間違いなしですよ!

RELATED

SHARE