MENU

【バンコク伊勢丹の観光情報と行き方】安心のイセタンは日本食レストランも充実!2018年

日本の商品が並ぶ、バンコク伊勢丹。日本人現地在住者はよく利用するのではないでしょうか。

今回はバンコク伊勢丹の観光概要(フロアガイド)からフードコートの様子、バンコク伊勢丹の行き方などを簡単解説します。

バンコク伊勢丹とは

日本にも新宿などにある伊勢丹。

伊勢丹はバンコクなど海外進出を積極的に行なっており、中国やシンガポールにも進出しています。

バンコクの伊勢丹は、バンコクの超人気ショッピングセンター「セントラルワールド」に隣接する建物で、主に日本付きの現地タイ人が訪れています。

店内は日本の商品が中心で、現地在住の日本人には大人気です。

バンコク伊勢丹のフロアガイド

バンコク伊勢丹は全部で6階建てのショッピングセンターです。それぞれの階をジャンル別に紹介します。

  • 1階)化粧品
  • 2階)レディースファッション
  • 3階)メンズファッション
  • 4階)子ども服、おもちゃ
  • 5階)フードコート、スーパー
  • 6階)紀伊国屋、ゴルフ用品、サービスセンター

1階に化粧品売り場があり、その上に衣料品、そしてフードコートなど各種店舗が並んでいます。日本の伊勢丹と同じようなフロア構造と言えるでしょう。

日本食はここ!バンコク伊勢丹のフードコートを紹介

バンコク伊勢丹の中でも特徴的なのが、5階のフードコートです。「88 SHOKUDO NIPPON」という名前のこのフードコートは2015年にリニューアルされた新しいフードコートです。

まず特徴的なのが、清算方法です。入り口にいるスタッフの方からカードを受け取り、カードに記載されたバーコードで会計を行います。食事後、フードコートを出るときにカードの返還と一緒に料金を支払うという方式になっています。

入場の際、スタッフの方からカードを受け取ります。

フードコートには全部で8店舗のお店が出店しています。

  • 麺屋武蔵
  • 千房
  • グリル満天星
  • 寿司 小松
  • WIRED CAFE
  • 焼き鳥 八兵衛
  • 日本橋だし場
  • COOKCOOP

全部で8店舗

日本に住んでいる人にとってはお馴染みの味も多いことでしょう。

鉄板焼き 千房

日本食が恋しくなったら、「88 SHOKUDO NIPPON」を訪れるのがオススメです。

隣のセントラルワールドこそ日本人観光客向け

バンコク伊勢丹は人気ショッピングセンター「セントラルワールド」の隣にあります。

伊勢丹は日本の商品を中心に販売していますが、セントラルワールドはタイの商品中心のショッピングセンターです。

海外旅行中の日本人の方にとってはセントラルワールドの方が魅力的かもしれません。館内には女性用お土産として大人気の「NaRaYa」が出店しており、食事処も充実しています。伊勢丹を訪れた際にはセントラルワールドにも立ち寄ることを是非オススメします。

人気バッグ店「NaRaYa」

詳しい館内の様子については「ここを訪れてこそバンコク観光!セントラルワールドのフロアガイドやレストランなど内部を徹底紹介!」で紹介しているので参考にしてみてください。

バンコク伊勢丹への行き方

バンコク伊勢丹への行き方ですが、基本的にはバスを利用するのをオススメします。

バス2、13、54、73番が近くを通るので、それを利用しましょう。バス停から伊勢丹は目と鼻の先です。下の地図を参考にしてみてください。

バンコク伊勢丹の基本情報

まとめ

いかがでしたか。現地在住日本人の方にとっては、必ず利用する場所、伊勢丹。フードコートが充実しているので、海外旅行中に日本食が恋しくなった人もぜひ訪れてみてください。

SHARE