MENU

【パラディウムワールドショッピング】フロアと店舗を徹底紹介!「女性用のお土産が沢山」

天然石や小物などが充実した、パラディウムワールドショッピング。お土産用の商品が揃っており、女性観光客などに人気の観光地です。

今回はパラディウムワールドショッピングの観光とフロアガイド、お土産の様子や行き方など、盛りだくさんで紹介します!

パラディウムワールドショッピングとは

パラディウムワールドショッピングは2011年に建てられた、ホテルと衣料品売り場などがセットになったショッピングセンターです。

周辺には「プラチナムファッションモール」や「プラトゥーナム市場」などの衣料品を取り扱う店が多く並んでおり、パラディウムワールドショッピングも衣料品を中心に店舗が並びます。

パラディウムワールドショッピングが、「プラチナムファッションモール」や「プラトゥーナム市場」と違う点は、歩きやすさです。後者は衣料品店が所狭しと並んでおり、歩くのにも窮屈ですが、こちらのパラディウムワールドショッピングは広々とした通路が続いており、館内も人で溢れているということはありません。

そんなパラディウムワールドショッピングの特徴は、天然石を販売しているお店が多いことです。サイズがコンパクトなので、お土産としての人気に定評があります。

【簡単解説】館内のフロアガイド

パラディウムワールドショッピングは全部で7階建ての構造です。それぞれの階層をジャンル別で紹介します。

  • 1階)ファッション
  • 2階)ファッション
  • 3階)アクセサリー、小物
  • 4階)電子機器
  • 5階)お土産
  • 6階)銀行、スパ
  • 7階)フードコート

このような感じです。

因みにタイではショッピングセンターのフロアは

G階→M階→1階→2階…と続いていきます。しかし、実際にはG階が日本で言う地上階(1階)、M階が2階、1階が3階…と続いてくので気をつけましょう。

豆知識1▼▼実際にはそんなに店舗はない?▼▼

2018年現在では上層階に行けば行くほどシャッターを閉めているテナントの姿が多く見られます。

「単純にショッピングセンターを楽しみたい!」という人にはあまり向いていません。純粋なショッピングセンターなら、近くのセントラルワールドに行くのがオススメです。

しかし、お土産の天然石はここでしか買えないものも多いのでお土産を買う必要がある、女性観光客からは人気が高いです。

豆知識2▼▼行くなら平日で!▼▼

先ほど紹介したように、閉まっているテナントが多いのが現在のパラディウムワールドショッピングです。客足が少ないため、土日は閉めているお店があります。なので、観光として訪れるならなるべく平日に訪れましょう。

お土産は天然石!館内のお土産店


パラディウムワールドショッピングは衣料品、民芸品、タイシルク、天然石などお土産の宝庫です。その中でも1番人気なのが、サイズも小さく持ち運びに便利な天然石です。

販売されている石の種類は無数にあります。自分が気に入ったものを直感で選ぶという感じになるでしょう。

店主に相談して値切り交渉を行えば、安価で買うことも可能です。気に入った石を選んでオーダーメイドのネックレスを作ることもできるので、積極的にコミュニケーションをとるのがオススメです。

天然石以外にも持ち帰りの簡単なお土産を販売しているお店が多数あります。訪れてみて、いいものを探してみてください。

歩道に出店!?

パラディウムワールドショッピングでは外の通りを使って、商品を並べています。ショッピングセンターのお店が外に出店するのは日本では見れない光景です。

広い歩道を使って左右両側に商品を陳列しています。

窃盗などの治安面の問題は大丈夫なのか、少し心配になります。

次に行きたい周辺の観光地!

パラディウムワールドショッピングの周辺は観光地がいっぱいです。

パラディウムワールドショッピングとラチャプラロープ通りを挟んで見えるのが、プラトゥーナム市場です。この市場は卸売市場として有名で、現地の人々が利用しています。東南アジア感を味わえる観光地として人気です。

1着100B/300円の格安の服があります。

また、パラディウムワールドショッピングの行く際にパラディウムワールドショッピングへの行き方で紹介するバスを利用すると、バス停のすぐ右手に「ガイトーン・プラトゥーナム」というカオマンガイの有名なお店があります。フードコートではなく、本場タイの料理を味わいたいという人にオススメです。

プラトゥーナム市場とガイトーン・プラトゥーナムについては、「バンコクのプラトゥーナム市場の観光と行き方を徹底紹介!衣料品が充実![2018年]」で詳しく紹介しているので興味のある人はぜひ参考にしてみてください。

パラディウムワールドショッピングへの行き方

パラディウムワールドショッピングへの行き方ですが、基本的にバスで移動することになります。

バス11、23、60、93番が近くを通っているのでそれを利用しましょう。降りたバス停は先ほど紹介したガイトーン プラトゥーナムの隣なので、下の地図を参考にショッピングセンターまで行きましょう。

パラディウムワールドショッピングの基本情報

  • 営業時間:10:00~21:00
  • 営業日:年中無休
  • 入場料金:なし
  • 電話番号:+66 2 309 9888
  • 公式FBページ:https://www.facebook.com/ThePalladiumWorldShopping/
  • 所要時間:3時間
  • 住所:555 Ratchaprarop Rd, Khwaeng Makkasan, Khet Ratchathewi, กรุงเทพมหานคร 10400 タイ
  • 場所

まとめ

いかがでしたか。お土産にぴったりの商品が揃う、パラディウムワールドショッピング。館内も静かでゆったりとしているので、プラトゥーナム市場などの喧騒が苦手な方にオススメです。ぜひ訪れてみてください!

SHARE