MENU

【完全版】サイアムスクエア周辺のおすすめ観光名所まとめ:これだけ読めば大丈夫です!

「せっかくのバンコク旅行なのにどこに行けば分からない!」「ガイドブックには観光地がいっぱい紹介されているけれど、一体どこがおすすめなの?」

そんな思いを抱いている人も多いのではないでしょうか。

特にサイアムスクエアはショッピングセンターが乱立していて、一体どこのショッピングセンターに行けばいいのか分からないのが本音でしょう。

時間も限られているバンコク旅行。最大限に効率よく、かつ記憶に残る観光をしたいですよね?

今回はサイアムスクエア周辺の観光地とショッピングセンターを紹介していきます!おすすめ度を出しているので、ぜひ参考にしてください!

サイアムスクエア周辺の観光地の概要紹介

サイアムスクエア周辺の観光地は主に

  • 個別の観光名所(エラワンプームなど)
  • ショッピングセンター

の2つに分割出来ます。

(注)地図のマークをクリックすると紹介ページのURLに移動することが出来ます。また、右上の四角を押すと地図が拡大表示されます。

地図は参考にしてみてください。ここからはそれぞれの観光地を紹介していきます。

サイアムスクエア周辺の「見る中心の観光地」3選!

⑴バンコク芸術文化センター

バンコク芸術文化センターはタイの最新の芸術や文化を紹介する博物館です。

バンコク都が管理している博物館で入場料金は無料です。地下には図書館があり、勉強をする学生の姿が見られます。

地下の図書館

また館内に併設されている”Gallery Drip Coffee”というコーヒー店がオススメです。オシャレな店内で一息つくことが出来ます。

ただ博物館としてはどちらかというと、外国人観光客より現地の人が訪れる場所と言えます。

営業時間営業日所要時間おすすめ度
 10:00~21:00 火〜日曜 1時間30分 ☆☆☆☆★

詳しくは「旬なアートが勢揃い!バンコク芸術文化センターの観光と行き方を徹底紹介![2018年]」の記事を参考にどうぞ。

【バンコク芸術文化センターの観光情報】フロアマップと展示の様子:旬なアートが勢揃い![2018年]

⑵タイ労働博物館

タイ労働博物館

タイ労働博物館はタイの労働者の視点からタイの歴史を語った博物館です。

「労働博物館」という博物館の存在意義を我々日本人は強く理解することは出来ませんが、それは日本とタイの労働制度の違いにあります。タイは現在に到るまで、歴史の過程で奴隷労働、未成年への強制労働など数多くの問題がありました。

そうしたものを未来に残すために建てられたのがこの博物館です。館内では展示に止まらず、セミナーや講演も行われています。

講演の様子

はっきり言うと、現地の人向けの観光地です。ただ、タイの歴史に興味のある人にとっては面白い観光地であることは間違いありません。

営業時間営業日所要時間おすすめ度
10:00~16:30水〜日曜1時間☆☆☆☆★

詳しくは、「【歴史好き必見】労働者の物語:バンコクのタイ労働博物館の観光と行き方を紹介!」で紹介しているので参考にどうぞ。

【歴史好き必見】タイ労働博物館の観光情報:館内の様子を紹介!「労働者の物語に触れよう」

⑶ジムトンプソンの家

ジムトンプソンの家はその名の通り、ジムトンプソンさんが住んでいた邸宅を公開している観光地です。

「ジムトンプソン」はアメリカ人の実業家でタイシルクを世界に広めたことで有名な人です。「Jim Thompson」はタイでは大人気のブランド品で、このジムトンプソンの家の中にも売店があります。タイお土産にピッタリでオススメの観光地です。

タイでは高級ブランドの立ち位置です。

館内はコレクターとしても有名だった、ジムトンプソンのコレクションが展示されています。美術品に興味のある人にとっても楽しい観光地です。

営業時間営業日所要時間おすすめ度
9:00~18:00年中無休1時間☆☆★★★

詳しくは「お土産を買うならここしかない!バンコクのジムトンプソンの家を徹底解説[2018年]」で紹介しているので参考にしてみてください。

【徹底紹介】ジムトンプソンの家の観光情報:内部の様子はこんな感じ「お土産を買うならここしかない!」

目次へ戻る

サイアムスクエア周辺の「体験型」の観光地4選!

①バイヨークスカイタワー

バイヨークスカイタワーは高さ300mを超えるタワーです。最上階付近には展望台もあり、約1000円でバンコク市内を一望できるスポットとして人気です。

双眼鏡でタイ湾まで見ることも。

展望台は夜まで営業しています。何と言っても、大都会バンコクの夜景は筆舌に尽くしがたい美しさです。百聞は一見に如かず。自分の目で確かめてみてください!

夜のバンコク

下層階は4つ星ホテル「バイヨークスカイホテル」が入っており、こちらも人気です。その他にもルーフトップバーや、世界一高い水上レストランなど、観光客が楽しめるようなスポットがいくつもあるので、ぜひ訪れておきたい観光地の1つです。

営業時間営業日所要時間おすすめ度
10:00~22:30年中無休1時間★★★★★

詳しくは、「高さ300m!バンコクのバイヨークスカイタワーの展望台の観光と行き方を紹介!」で紹介しているので参考にしてみてください。

【バイヨークスカイタワーの観光情報】高さ300m!展望台にレストラン、行き方を紹介!

②プラトゥーナム市場

プラトゥーナム市場は衣料品に関する卸売市場です。路地裏に無数の店舗が並んでおり、どの衣服も格安の値段で販売されています。

写真のように1着100B/300円未満の洋服ばかりで、主にタイ現地の低所得者層〜中所得者層や小売業者の人で賑わっています。

路地裏にあるので通路が狭く、混雑時にはなかなか歩けなくなることも。

人で溢れるプラトゥーナム市場

サイアムスクエア周辺の観光地と言えば、大型ショッピングセンターやバイヨークスカイタワーなど大都会バンコクを知ることのできる観光地が多いですが、プラトゥーナム市場のような日本人の我々がイメージする東南アジア感のある観光地も訪れてみると楽しいですよ。

営業時間営業日所要時間おすすめ度
8:00~18:00(注) 年中無休 2時間 ☆★★★★

詳しくは「バンコクのプラトゥーナム市場の観光と行き方を徹底紹介!衣料品が充実![2018年]」で紹介しているので参考にしてみてください。

【プラトゥーナム市場の観光情報】衣料品が雑多に並んでる!「独特の雰囲気が魅力的」[2018年]

③マダムタッソー

マダムタッソーは有名人の蝋人形を展示するギャラリーです。日本にもお台場に「マダムタッソー 東京」があり、芸能人の大島優子さんなどの蝋人形がニュースに取り上げられていたことがありました。

ジャッキーチェン

こちらのマダムタッソーの特徴は何と言っても、有名人と写真が撮れることですよね。隣に立って写真をぜひ取りましょう。記念になること間違いなしです。

ガンジーとツーショット!

営業時間営業日所要時間おすすめ度
10:00~21:00年中無休1時間☆☆★★★

マダムタッソーはサイアムディスカバリーの中にあります。詳しくは、「【ドラえもんと記念撮影!】バンコクのマダムタッソー蝋人形館の観光を徹底紹介[2018年]」を参考にしてみてください。

【バンコク】『マダムタッソー蝋人形館』の観光情報:ドラえもんと記念撮影!「本物みたい」

④エラワンプーム

エラワンプームはバンコクの有名なパワースポットです。バンコクの大型ショッピングセンターが立ち並ぶ位置にあることもあって、観光客の姿が絶えません。

中央にはヒンドゥー教の神「ブラフマー」が祀られており、お祈りを捧げれば願いが叶うと言われています。

ブラフマー

参拝をするための用品は近くのテントなどで販売しているので、誰でも気軽に参拝出来ます。近くを訪れたらぜひ訪れておきたいスポットです。

営業時間営業日所要時間おすすめ度
8:00~22:30年中無休1時間☆★★★★

詳しくは、「【願いが叶う!】バンコクの超人気パワースポットエラワンプーム(エラワン廟)を紹介!」で紹介しているので参考にしてください。

【願いが叶う!?】『エラワンプーム(エラワン廟)』の観光情報:超人気のパワースポット!

目次へ戻る

ショッピングセンター特集!〜大規模編〜

セントラルワールド

セントラルワールドはバンコク最大規模のショッピングモールです。全部で8階建ての建物の中にはファッションからフードコート、レストランまでありとあらゆるものが揃っています。

日本食のレストラン

サイアムスクエア周辺には大規模なショッピングモールがいくつかありますが、このセントラルワールドは現地の庶民をターゲティングしているショッピングモールです。手軽に遊べることもあってか、館内は他のショッピングセンターにはない騒々しさが特徴的です。

スケートリンクもありました。

営業時間営業日所要時間おすすめ度
10:00~22:00年中無休3時間☆★★★★

詳しくは、「ここを訪れてこそバンコク観光!セントラルワールドのフロアガイドやレストランなど内部を徹底紹介!」を参考にしてみてください。

【徹底紹介】セントラルワールドのフロアガイド:『ここを訪れてこそバンコク観光!』

サヤームパラゴン

サヤームパラゴンも超大規模ショッピングセンターです。地下含め8階構造のフロアの総面積はディズニーランドと同じ面積です。

肝心の館内は高級ブランド店が相次いで出店しており、高所得者や外国人観光客向けのショッピングセンターとなっています。

営業時間営業日所要時間おすすめ度
10:00~22:00年中無休2時間☆☆★★★

こちらのショッピングセンターは日本食のお店が多いことでも有名です。サヤームパラゴンの日本食のお店については「日本食が恋しくなった人へ!バンコクのサイアムパラゴンの日本食レストランを紹介!」で紹介しているので参考にしてみてください。

【サイアムパラゴンの日本食レストラン】日本食が恋しくなったら絶対ここに行くべきです

MBK

MBKも超大規模ショッピングセンターの1つです。何でも揃っているショッピングセンターで、お土産をここで買う人も多いとか。

フードコートが充実していて世界各国の料理を楽しむことができます。

中華料理

営業時間営業日所要時間おすすめ度
10:00~22:00年中無休3時間☆☆★★★

MBKのフードコートについては、「【世界中の料理が集結】バンコクMBK6階のフードコートの様子を紹介![2018年]」で紹介しているので参考にしてください。

【MBKのフードコート】バンコクMBKの6階には世界中の料理が集結している![2018年]

プラチナムファッションモール

プラチナムファッションモールは衣料品を中心に取り扱うショッピングモールです。全部で8フロアある中、6フロアがファッションを取り扱うというまさにファッションの聖地です。

イメージ的には渋谷109のような若者の集まるショッピングセンターです。服の安さが売りで、先ほど紹介した「プラトゥーナム市場」のショッピングモール版です。

6階のフードコートも充実しているのでオススメのショッピングセンターの1つです。

営業時間営業日所要時間おすすめ度
8:00~20:00年中無休3時間☆★★★★

詳しくは「プラチナムファッションモールの観光概要(フロアマップ、フードコートと行き方)を紹介」で紹介しているので参考にしてみてください。

『プラチナムファッションモール』の観光情報:フロアマップにフードコート、アクセスまで

サイアムディスカバリー

サイアムディスカバリーは全6フロアのショッピングセンターです。

ここまで紹介してきた3つのショッピングセンターとは大きく異なるコンセプトで作られています。

まずはその外観。私たちのイメージするショッピングセンターの外観とは異なる印象を受けます。

さらに建物の内部も普通のショッピングセンターとは異なり、独特の雰囲気を醸し出しています。

サイアムディスカバリーは全体として先進的なデザインがなされているのが特徴的です。日本にはこのような雰囲気のショッピングセンターがないこともあって、かなりオススメの観光地です。

ロフト

2階にある展示の一部

さらに、最上階の6階には先ほど紹介したマダムタッソーのギャラリーもあります。フードコートも充実しており、見所たくさんのサイアムディスカバリー。オススメの観光地です。

営業時間営業日所要時間おすすめ度
10:00~22:00年中無休3時間★★★★★

サイアムディスカバリーの詳しい観光情報については、「【完全網羅】バンコクのサイアムディスカバリーの館内の観光概要をフロア別、ジャンル別に紹介!」で紹介しているので参考にしてみてください。

【丸わかり】サイアムディスカバリーの館内情報:フロアマップ&ジャンル別の店舗紹介! 2018年

目次へ戻る

ショッピングセンター特集〜中規模編〜

バンコク伊勢丹

バンコク伊勢丹はその名の通り日本のお店が多数出店しています。日本の商品が多数置かれているということもあって、どちらかというと現地在住日本人の方が利用するショッピングセンターと言えます。

最大の注目ポイントは5階のフードコートです。日本食のチェーン店が集まったこのフードコートに行けば、日本食が恋しくなったあなたも大満足できます。

フードコート「88 SHOKUDO NIPPON」

フードコートの様子

また、バンコク伊勢丹は先ほど紹介したセントラルワールドの隣に併設されているのでそちらにも気軽に訪れることができます。

営業時間営業日所要時間おすすめ度
10:30~21:30年中無休2時間☆☆★★★

バンコク伊勢丹については「【日本食のフードコートが充実】バンコク伊勢丹の行き方などの観光概要を紹介![2018年]」で紹介しているので参考にしてみてください。

パラディウムワールドショッピング

パラディウムワールドショッピングは女性向けのお土産が充実しているショッピングセンターです。

天然石を豊富に取り扱っており、店主に頼めばオーダーメイドのネックレスを作成してくれます。サイズも小さいということで、お土産に大人気です。

天然石

ただ、近年は競合争いに敗北してシャッターを閉めているテナントも多く見られます。静かな雰囲気でショッピングしたい人にとっては、オススメのショッピングセンターです。

営業時間営業日所要時間おすすめ度
10:00~21:00年中無休2時間☆☆★★★

詳しくは「【女性用お土産】バンコクのパラディウムワールドショッピングの観光概要と行き方を紹介!」で紹介しているので参考にしてみてください。

【パラディウムワールドショッピング】フロアと店舗を徹底紹介!「女性用のお土産が沢山」

目次へ戻る

サイアムスクエア周辺のおすすめホテル

バイヨークスカイホテル

サイアムスクエア周辺は大型ショッピングセンターと一緒に4つ星ホテルや5つ星ホテルが併設されています。

今回紹介するのは「バイヨークスカイホテル」です。

バイヨークスカイホテルは先ほど紹介した、バイヨークスカイタワーの下層階にあるホテルのことです。バイヨークスカイホテルは4つ星ホテルで部屋の内装について言うことは全くありません。

最大の特徴は最上階から見る大都市バンコクの夜景です。

展望台からの景色はもちろんのこと、高層階に宿泊すれば客室からの景色も楽しめます。高い所から景色を眺めることに快感を感じる人は多いことでしょう。このバンコクの景色を独占して過ごす一夜は格別です。

宿泊料金についても、一泊7000円程度で宿泊出来ます。せっかくの海外旅行、お金の使い所が肝心ですよ。

予約はこちらからどうぞ。

まとめ

いかがでしたか。今回はサイアムスクエア周辺の観光地をまとめてみました。

今回取り上げきれていないオシャレなレストランなどはぜひ皆さん自信で開拓してみてください!

SHARE