MENU

【徹底紹介】バンコク『リバーシティ』の観光案内とアクセス:ディナクルーズが大人気!

「せっかくの海外旅行。優雅に船上で夜景を楽しみたい。。。」

なんてことを考えている人は必ずいるでしょう。

そんなあなたの夢を叶えてくれるのが、ディナークルーズで有名なリバーシティ。

大都会バンコクの夜景をチャオプラヤ川越しに見ることが出来ます。

今回はそんなバンコクリバーシティの観光概要とディナークルーズ、リバーシティへの行き方を紹介します!

リバーシティとは

リバーシティはバンコクのビル街シーロムにあるショッピングセンターです。全4階建ての建物の中には伝統的な工芸品、アンティークなど文化や芸術に関連するお店が出店しています。

その他には、お土産に人気のバッグブランド「ナラヤ」などがあり観光客に人気です。

館内の様子 出典:Wikipedia

またリバーシティはチャオプラヤ川のディナークルーズの発着所となっていて、このディナークルーズが大都会バンコクの夜景を楽しみながら、優雅にディナーを楽しむことができるとして観光客に大人気です。

ディナークルーズが大人気!

リバーシティといえば、ディナークルーズが大人気です。チャオプラヤ川のロマンチックな風景の中で、ライブ音楽を聴きながらビュッフェを楽しむことが出来ます。最大定員800人のフェリーは壮観です。

タイ料理を中心としたビュッフェが食べられます。

船内はレストランにいるかのような構造になっています。

光り輝く橋

ディナークルーズはリバーサイドバンコクホテルから毎日19:30~21:30の間運航しています。リバーシティを出発した船はピンクラオ橋まで移動し、チャオプラヤ川越しに夜の王宮やサナームルアンなどの観光地を見渡すことが出来ます。この景色は必ず写真に収めておきたいスポットの1つです。

ライトアップされた王宮群

料金は予約制で早めに予約すれば日本円で5000円ほど。

  1. ドリンク
  2. ビュッフェ
  3. 音楽ライブ
  4. タイ古典舞踊
  5. 大都会バンコクの夜景

これらがついていると考えると、5000円はさほど高い金額ではないでしょう。

リバークルーズの動画↑

リバーシティへの行き方

リバーシティへの行き方ですが、主に3種類あります。

  • バス
  • 鉄道
  • フェリー

結論から言うと、バスまたはフェリーで移動するのがオススメです。鉄道を利用する場合だと、最寄駅から1kmほどあるので多少歩くことになります。

リバーシティへバスで行く場合

バスで行く場合は36、93、187番が近くを通りますのでそれらを利用しましょう。

このバスはシープラヤー通りを通っており、一番便利です。バス停からリバーシティまでは徒歩1分です。

※地図左上「その他のオプション」を押すと、新しいタブで拡大地図が表示されます。

リバーシティへ鉄道で行く場合

鉄道を利用してリバーシティへ行く場合は

  • サムヤン駅
  • フアランポーン駅

これら2つの駅のいずれかの駅で降車しましょう。結論を言うと、フアランポーン駅から降りた方が単純距離では近いです。

まずサムヤン駅から行く場合ですが、駅からシープラヤー通りをひたすら西に進んでいけばたどり着きます。道は簡単ですが、地図にもある通り20分ほど歩く必要があります。

※地図左上「その他のオプション」を押すと、新しいタブで拡大地図が表示されます。

妥協案としてはサムヤン駅からバス36、93、187番に乗れば、リバーシティから徒歩1分の所まで行くことが出来ます。もちろん駅からタクシーやトゥクトゥクを利用してもOKです。

シープラヤー通り 出典:WIkipedia

次にフアランポーン駅から行く場合についてですが、運河沿いの通りを歩いていけば到着します。駅から歩いて13分とこちらの方が若干近いです。

※地図左上「その他のオプション」を押すと、新しいタブで拡大地図が表示されます。

リバーシティへフェリーで行く場合

フェリーで行く場合はシーパヤー船着場に到着するように船に乗りましょう。料金は100Bもかからないです。

降車地からは歩いて5分です。

※地図左上「その他のオプション」を押すと、新しいタブで拡大地図が表示されます。

リバーシティの基本情報

まとめ

いかがでしたか。

リバーシティでは5000円程度で、バンコクの夜景を楽しむことが出来ちゃいます。

これは申し込むしかないですね!予約が必要なので忘れないようにしましょう!

SHARE