MENU

【完全版】ワットトライミットの観光情報(行き方、服装、入場料など)を解説

5.5トンの金の仏像が安置されているとして有名なワット・トライミット。近年では岡崎慎司の所属するレスターのプレミアリーグ優勝に貢献したのでは、としても人気です。

今回はワット・トライミットの内部の様子、歴史、周辺の人気観光地、行き方などを徹底紹介します!

ワットトライミットとは

ワット・トライミットはバンコク中心部にある仏教寺院です。寺院の見所は本堂内部にある、黄金の仏像です。5.5トンの重さのある金の仏像の迫力は圧巻で、訪れる観光客が絶えません。

寺院には資料館もついており、現在では資料館と合わせてのツアー観光客が多いです。

ワット・トライミットの歴史

ワット・トライミットの創立は13世紀まで遡ります。寺院の黄金の仏像も900年前以上のもので、アユタヤから運ばれてきたスコータイ様式の仏像です。

そんな黄金の仏像は、当時漆で塗られておりただの普通の仏像としてその価値は認められておりませんでした。

しかし1957年、寺院の工事の最中にこの仏像を持ち上げたところ、5.5トンの重さに耐えきれず仏像は地面に落下してしまいました。今でこそ貴重な仏像として扱われていますが当時は捨ててもよいほどの価値だと思われていたので、重すぎて運ぶ事もできず、そのまま地面に放置されました。そして翌朝寺院の僧侶が仏像を確認しにいったところ、漆が禿げて黄金の仏像が中から現れていたと言います。

それ以降この仏像は厳重に保管され今にいたります。

因みに黄金の仏像がなぜわざわざ漆でコーティングされていたのかというと、当時侵攻を受けていたビルマ軍からの略奪行為の被害に合わないためにカモフラージュとしてただの普通の仏像のように見せかけていました。

寺院を回ってみよう!

寺院内部を見学する前に寺院内の特徴的なスポットを紹介していきましょう。まずは寺院正面で門番のように観光客を歓迎する2匹の犬です。よく見ると可愛らしい顔をしているのでぜひチェックを。

他にも寺院内の壁を見てみると細かい模様が刻まれていたりして、伝統を感じさせます。

壁に刻まれていた模様。当時はゾウは戦闘用の動物でした。

それでは寺院内部を紹介していきましょう。

寺院内部に入る前にまずはチケットを購入しましょう。寺院正面から見て右側にチケット売り場があります。黄金の仏像を見たい人は40B、資料館の展示も見たい人は100Bをそれぞれ払いましょう。

寺院内部に入る直線の所にはラーマ9世(プミポン国王)の写真が大きく飾られています。

ラーマ9世の写真

黄金の仏像を見たい人はそのまま白い階段を上っていきましょう。一番上の所の建物の中に黄金の仏像が鎮座しています。

黄金の仏像

金ピカですね。

仏像の顔

また、仏像はもちろんですが、仏像の安置されている部屋も注目です。壁は細かな模様で装飾され、天井には立派な西欧風のシャンデリアがぶら下がっています。

天井のシャンデリア

展示の入場料金も払った人はそのまま資料館に行くことができます。資料館はタイの仏像にまつわる歴史などを学ぶことができます。

仏像の顔だけが展示されています。

こちらは生活を再現したミニチュア

この資料館はツアーなどの団体客の姿がちらほら見えますが、個人的にはそこまでオススメはしません。日本語展示があるわけでもなく、タイ語のみの説明の展示もあるほどですので、100B払ってまでのよい展示があるとは言い難いです。

参拝時の服装

寺院境内に入る際に服装確認があります。肌の露出が過剰な場合には入場することが出来ないので、気をつけましょう。一応、羽織りものの貸し出しを利用することも出来ますが、有料なので予め準備しておくのが無難です。

また、最上階の黄金の仏像を見学する時には本堂に入る前に、靴を脱ぐ必要があるので覚えておきましょう。

レスター優勝の立役者?お守りが大人気!

突然ですが皆さん、2016年岡崎慎司の所属するレスターがプレミアリーグを優勝したことを覚えていますか?

実はこのワット・トライミットはレスターのリーグ優勝に貢献しているとファンの間で人気で、そのためだけにわざわざバンコクまで訪れる人もいたほどなんです。

なぜレスターとワット・トライミットが結びつくのかと言うと、実はレスターはタイの富豪が買収しているチームでバンコクからこのワット・トライミットの僧侶を呼び寄せ祈祷を行わせたそうです。すると、祈祷の効果があってかレスターはプレミアリーグで優勝という快挙を成し遂げました。

因みにレスターのプレミアリーグ優勝の偉業は「日本がサッカーW杯優勝」や「ネッシーが実在する」などと同等だとして比較されたりしています笑。

そんなこともあって、ワット・トライミットを訪れる人々が急激に増えました。そんな観光客に人気なのが、お守りです。「レスターを優勝させるくらいなので、効果は抜群!」として大人気だそうです。価格は1500円程度。ぜひ買っておきましょう!

中華街(ヤワラート)が近い!

ワット・トライミットの周辺で人気の観光地といえば、中華街(ヤワラート)です。華僑が形成した中華街で、その規模は横浜の中華街を遥かに超えています。横浜中華街は基本的に中華料理屋さんが並ぶ街並みですが、ヤワラートは格安のメイドインチャイナの製品が大量に置いてある店など、食事だけに止まらない中国人街になっています。

まさに、バンコクにいながら中国にいるような気分を味わえます。中華街の最東にこのワット・トライミットがあるので、アクセスも抜群です。ぜひ訪れてみてください。

ワット・トライミットへの行き方

ワット・トライミットは中華街などの人気観光地の近くにあるので、市内バスが充実しています。バス1、4、25、501、507、529番などが近くを通るので、それらを利用しましょう。

また、地下鉄で行くこともできます。MRTフアラムポーン駅1番出口から徒歩4分です。

ワット・トライミットの基本情報

  • 営業時間:8:00~17:00
  • 営業日:年中無休(堂内の展示は火〜日曜)
  • 休業日:なし(堂内の展示は月曜休業)
  • 入場料金:仏像拝観料40B、堂内の展示見学100B(外国人料金)
  • 電話番号:02-623-1226
  • 所要時間:1時間30分
  • 場所

 

まとめ

いかがでしたか。レスター人気で一時期は観光客が大幅に増加したとも言われている、ワット・トライミット。黄金の仏像も魅力たっぷりなので、ぜひ訪れてみてください!

SHARE