MENU

【中古洋服品の聖地】プラトゥーナム市場の行き方から観光情報まで徹底解説

プラトゥーナム市場、バンコク中古洋服品の聖地です。

先にプラトゥーナム市場の観光情報をまとめると以下になります。

1.どんな市場?

・・・格安の衣服中心に販売している市場

2.美味しいご飯屋さんは?

・・・「ガイトーンプラトゥーナム」!

3.豆知識

・・・午後に訪れるのがベスト

4.行き方/アクセス

・・・バス23、77、113、140、511番/フェリー「プラトゥーナム船着場」から徒歩5分

今回はプラトゥーナム市場の観光情報を完全網羅で紹介します!

(※この記事は2分で読み終わります。少々お時間頂けると幸いです。)

プラトゥーナム市場とは

プラトゥーナム市場はセントラルワールドやプラチナムファッションモールなど、バンコクの大型人気ショッピングセンターが集まる地域にあるマーケットです。

ラーチャプラロープ通りの西側に衣料品店がおよそ200mほどずらりと並んでいます。さらに、路地裏には通りの比にならないほどのお店が立ち並んでおり、一大市場を形成しています。

販売されている衣服は格安で購入出来ます。格安市場ならではの東南アジア感溢れる雰囲気もあるので、オススメの観光地の1つです。

プラトゥーナム市場の様子

プラトゥーナム市場は格安の衣服販売が売りの市場です。なので、プラトゥーナム市場を訪れる人は

  • 現地の低所得者〜中所得者層
  • 小売業者
  • 外国人観光客

の3種類に分類されます。その中でも最も多いのが現地の低所得者 〜中所得者です。なので、皆さんの想像するような東南アジア感のある市場になっています。それでは少しずつ市場の様子を見ていきましょう。

通りの両側にテントを建てて、出店しています。

路地裏に入るとこんな感じ。人でギュウギュウです。

歩くのも一苦労です。

このような感じでお店が所狭しと並んでいて、お店同士の違いがなかなか分からないくらいです笑。

肝心の商品はタイの伝統的な衣装から洋服まで、多種多様なものが揃っています。

お店の様子

ここまで「格安」「格安」と何度か紹介してきましたが、その値段は平均的なお店で1着100B程度です。もちろん、市場の中にも値段が高めのお店もあるので一概には言えませんが。

そしてこれはお得情報ですが、どのお店も3着以上購入するとさらに値段を安くしてくれます。これがプラトゥーナム市場が卸売市場と呼ばれる所以です。

もちろん1着からでも服の購入は可能です。ただ、3着購入してもせいぜい1000円程度なので、3着購入して値切り交渉なども経験してみると楽しいはずです。

人気鶏ご飯屋さんに行こう!ご飯処も充実!

衣料品として有名なプラトゥーナム市場ですが、もちろんご飯どころもあります。ラチャプラロープ通りの西側に衣料品店が並んでいますが、東側に少し路地に入ったところで市場が開かれています。こちらは現地の人がよく利用していて、焼き鳥から麺類など様々なものを味わうことが出来ます。

焼いています。

露店で食事をします。

もちろん「露店じゃなくて、しっかりとしたレストランで食事をしたい!」という人も大丈夫ですよ。プラトゥーナム市場のすぐ近くにある、「プラトゥーナムモール」にフードコートなどがある他、有名な人気店もあります。

せっかくなので、今回は超人気店の「ガイトーン プラトゥーナム」を紹介します。このお店はカオマンガイが有名なお店です。(カオマンガイとは鶏肉を使ったご飯料理)

店の外観

カオマンガイが絶品として有名で、現地の人と観光客の両方で賑わっています。そのため、ここで食事をしようとすると少々並ぶことが必要です。ただ席数もそこそこ多く回転率も早いので、繁忙期でも2~30分ほど我慢すれば入店できます。

料金ですが、カオマンガイの普通サイズが40B/140円ほどです。値段もリーズナブルですし、もちろん露店よりも味は絶品です。プラトゥーナム市場からフェッチャブーリ通りを東に50mほど進むと見えるお店です。ぜひ訪れてみてください!

鶏肉単体でも絶品です。 

ちなみに、なんとこのお店の系列店が渋谷にもあります。「カオマンガイを食べてみたい!」という人はぜひ訪れてみてください。東京で本場のバンコクの味を楽しめます。

渋谷のガイトーンの場所↑

ガイトーン プラトゥーナムの基本情報

市場を訪れるオススメの時間帯は?

プラトゥーナム市場は朝から晩まで1日中営業しています。しかし、時間帯によって市場の様子が異なるんです!10時ぐらいの午前中に訪れてみると、市場に活気のない様子を感じるでしょう。

それもそのはず、ここの市場のお店はそれぞれ個人が経営しているお店です。基本的に客に合わせて営業をするので、彼らは午後から営業を活発化させます。試しに両方の時間帯に訪れてみてください。午後に訪れてみると、お店の人から声をかけられて「買ってくれ!」とせがまれるはずです笑。

市場を思う存分楽しみたい人は、午後に訪れましょう

ネコを見つけたらラッキー!

朝などの閑散とした時間帯の市場に行ってみてください。店と店の間の小さな隙間や机の下、食料の近くなどを見てみると、絶対どこかにネコがいます笑。

これも市場探索の1つの楽しみにしてみてはいかがでしょうか。

市場周辺で次にオススメの観光地は?

プラトゥーナム市場は東南アジア感溢れる市場ですが、プラトゥーナム市場周辺は「プラトゥーナムモール」に代表される大型ショッピングセンターや高級5つ星ホテルが近くにあります。

プラトゥーナム市場を見終えた後に行っておきたい周辺の観光地と言えば、「プラトゥーナムモール」やプラトゥーナム市場から南に300mほど進んだ「セントラルワールド」でしょうか。「プラトゥーナムモール」は大型のショッピングセンターでプラトゥーナム市場と同じように、衣料品を中心に扱っています。

なので、行くならば「セントラルワールド」がオススメです。こちらは衣料品に限らず、総合型の大型ショッピングセンターです。お土産屋も充実しており、ショッピングをしておきたい全ての観光客の人にオススメです。

バンコクでも3傑に含まれる、巨大ショッピングモールで、無計画のまま訪れたら迷って時間を潰すことになってしまうでしょう。階ごとの詳細などを「ここを訪れてこそバンコク観光!セントラルワールドのフロアガイドやレストランなど内部を徹底紹介!」で紹介しているので、興味のある人は参考にしてみてください。

【徹底紹介】セントラルワールドのフロアガイド:『ここを訪れてこそバンコク観光!』

プラトゥーナム市場への行き方

プラトゥーナム市場への行き方としては2種類あります。

  • バス

これら2種類のいずれかを利用しましょう。もちろんタクシーなどで直接行くことも可能です。

まず最初のバスですが、23、77、113、140、511番などが近くを通るのでそれらを利用しましょう。バス停を降りたら西に進んで大通りを右折すれば、その通りに衣料品店が並んでいるので、そこがプラトゥーナム市場です。

次に船で行く場合ですが、「プラトゥーナム船着場」に到着するように船に乗りましょう。降りたら、北に進んでいき大通りの交差点をさらに北に進めばプラトゥーナム市場です。

プラトゥーナム市場の基本情報

  • 営業時間:8:00~18:00(お店によって異なる。24時間対応しているお店も。)
  • 営業日:年中無休
  • 入場料金:なし
  • 公式HP:http://www.pratunam-market-bangkok.com/
  • 所要時間:2時間
  • 地図

まとめ

プラトゥーナム市場周辺はショッピングモールが沢山なので、ここ以外の市場にも回ってみるとより楽しい旅行が出来ます!

周辺の観光地一覧についてはこちらでまとめていますので参考にしてください!

SHARE