【徹底紹介】ノンカイ(ノーンカーイ)の観光情報と行き方、ラオスへの国境超え[2018年]

ノンカイとは

ノンカイはタイ北東部に位置する人口50万人ほどの街で、メコン川を挟んでラオスと国境を接しています。両国の間にはタイ=ラオス国境橋が架けられておりおり、人や物の往来が活発になっています。

火の玉

ノンカイでは、タイトルの通りなんと火の玉を見ることができるのです。実際のところ、毎年10月のある時期になるとメコン川から火の玉のようなものが出るとして、タイ中から多くの見物客が集まります。この火の玉ですが、もちろん本当に火の玉という訳ではありません。種々の学説がありますが主流はメコン川の有機物が腐敗したことで生じたガスが爆発したという考え方です。また、地元の人々は異なった考え方を持っています。彼らは川底に住む龍神が炎の球を吐いたと考えているのです。

原因は置いといて…(笑)

まあ原因がどうかというよりも実際にその現象が起こっているということが大切なので、ぜひこのイベントを楽しんでくださいね(笑)。当日には大勢の人が集まるとあって、屋台が出たりステージで催し物がされたりと大人から子供まで満喫できるようになっています。

ノンカイで絶対行きたいおすすめ観光名所4選

1ワット・ポー・チャイ(WatPhoChai/วัดโพธิ์ชัย)

ワット・ポー・チャイはノンカイで最も有名な大きな寺院です。本堂の仏像はラオスのランサーン王国の流れを組んでおり、なんと25年間もの間メコン川に沈んでいました。そんな本堂の内部はとても広々としか空間が広がっており、最前部には大小いくつかの仏像と供物でびっしりと埋められています。また壁に注目すると、とても精巧な壁画が隅々まで施されており、その美しい色使いには目を見張るものがあります。

2タイ・ラオス友好橋(Thai-LaosFriendshipBridge/สะพานมิตรภาพไทย-ลาว)

タイ・ラオス友好橋は、その名のごとくタイとラオスの国境をつなぐ橋です。1994年にオーストラリアの支援によって建設されたこの橋は全長が1kmを超えるkなり長い橋になtrており、橋上は車と鉄道が同じ路上を走る作りとなっています。橋を渡るためには国境を越える必要があるので、時間があるならばぜひラオスも訪れるのがよいでしょう。

3ワット・ケーク(サーラー・ケーオクー)WatKhaek(SalaKeoKou)/ศาลาแก้วกู่)

ワット・ケークはルアンプー・ブンルア・スリーラットによって1975年に建立された寺院です。「珍」寺と形容されることの多いこの寺は、スリーラットによって創始された仏教徒ヒンドゥー教を融合した独自の世界観に基づいています。実際、寺院内にはタイでは見ることのない大小様々な石像がいたるところに立っています。また仏像に限らず、想像上の生物や浮気の言い争いをしている夫婦など面白い像が多く並んでいます。また寺院内は全体的に庭園となっていて、ゆっくりとサンンポするのにも良いでしょう。

4ノンカイ水族館

ノンカイ水族館は国境付近に位置する比較的新しい水族館です。館内は一見普通の水族館ですが、やはりタイならでは魚が展示されています。また奥に進むと水中トンネルが現れ、まるで海の中を歩いているかのような状態で魚を観察できます。餌やりやふれあいなど子供にとって嬉しいアクティビティが充実ぢており、親子連れで楽しめるスポットです。ちなみに入館料は100B/330円です。

ラオスへの国境越え

ノンカイはラオスと国境を接しているということもありその魅力は国境越えにあります。ただ、国境越えといっても一つの手段に限られる訳ではなく、バスや鉄道などいくつかに分けることができます。いくつか紹介する中から自分に合った方法を見つけて、国境越えをしてみてください。

直通バスを利用する場合

直通バスは、ノンカイ・バスターミナルからラオス側の街ヴェイチャンのバスターミナルまで1日7本程度運行されています。この場合、他にも多くの状況がいるため特に困ることなく、流れに沿って入国することができます。おおよその流れは、まずタイ側の入管で全員バスを降りて出国手続きを行います。そして出国料5B/20円ほどを支払ってバスに乗り込み橋を渡ります。その後ラオスの入管で同様に入国手続きを行えば、無事入国できます。

鉄道を利用する場合

鉄道は、ノンカイ駅とラオスのターナーレーン駅との間を走る便が1日2往復運行されています。車両はエアコン付きとエアコンなしの2種類が設定されており、それぞれ50B/160円と20B/70円です。駅間は1区間なのでエアコンなしでもそう苦痛ではないでしょうが、乗客が多い場合はあった方が快適でしょう。まず乗車に際してはチケットを買ったのちプラットフォームで出国手続きを行います。この便ははじめ専用の線路を走っていますが、橋の前で車が走る道路と合流します。そして橋の上では路面電車のように車と横並びで走り進めます。そしてラオス側の駅に到着すると同様に入国手続きをして入国完了となります。

公共交通を乗り継ぐ場合

乗り継いで行く場合は、主にタイ側に入館まで、タイの入管からラオスの入管まで、ラオス側の入管からの3つに分けることができます。まずノンカイ市街からロットゥーやトゥクトゥクでタイ側の入管まで移動します。その後出国手続きを済ませて国境間シャトルバスを利用します。料金は20B/70円ほどです。ちなみに徒歩で移動することはできないので注意してください。その後ラオス側で入国手続きをすれば入国完了です。ここからラオス側のヴェイチャン市街へはロットゥーで20B/70円ほどです。

ノンカイ市内の様子

ノンカイ市内は駅やバスターミナル付近と国境付近に二軍することができます。前者は観光客や旅行者の訪れをイメージしてレストランや銀行、お土産ショップなど様々な施設が揃っています。昼間から現地の人々が多く訪れるため管理活気にあふれています。ただ大きな道路沿いに行くと帰って人通りは少なくなり、菅さんまではいかないものの快適に過ごすことができます。

国境付近

国境付近はアーケード街が広がっており屋根が覆う中でローカルな店が軒を連ねています。特にラオスからの輸入品が多く並んでおり、一見違法としか見えないものも多く並んんでいます。(実際に違法かどうかは。。。)また、怪しい商品だけでなく普通にラオスの名産品や民芸品も並んでいます。またラオス料理のフードを売っている屋台もあるので、舌鼓をうつのも良いでしょう。

利用可能な交通手段について

ノンカイ市内で利用可能な交通手段としてはサームローやトゥクトゥクがメインで、基準となる料金がバスターミナルなどに掲示されているので参考にしましょう。ゲストハウスや町なかのショップで、レンタサイクル(1日30~50B)やレンタバイク(1日200B~)を借りて利用することもできます。

バンコクからノンカイへの行き方

バンコクからノンカイへはバス、飛行機、鉄道の3種類を利用することができます。

バスを利用する場合

バスを利用する場合はモーチット・バスターミナルからノンカイ・バスターミナルまで1日に3本運行されています。(所要時間:10時間 料金:300〜500B/1000〜1600円)

飛行機行く場合

また飛行機を利用する場合は、ノンカイに空港はないためウドンタニ空港を利用します。スワンナプーム空港からウドンタニ空港へは1時間に1本ほどのペースで運行されています。(所要時間:1時間弱 料金:1000〜2500B/3500〜8000円)またウドンタニ空港からノンカイへは、定額200B/660円のリムジンバスが運行されています。

鉄道で行く場合

また鉄道はフアランポーン駅からノンカイ駅まで1日3本夜行便を中心に運行されています。(所要時間:11時間 料金:200〜500B/660〜1600円 寝台:900〜2400B/3000〜8000円)