【アクセス】バンコクからチェンマイへの行き方と、チェンマイ市内の交通手段 [2018年]

チェンマイは、タイ北部に位置する古都です。国境近くということもあり、ビルマ族や少数民族との交流も多く、その影響が各地にある寺院に色濃く反映されています。また手つかずの自然も残されており、大自然と調和しながら生きてきた跡を感じる寺院も多く残っています。

チェンマイの場所↑

今回はバンコクからチェンマイへの行き方と、チェンマイ市内の移動手段について紹介します!

バンコクからチェンマイへの行き方

バスで行く場合

バンコクのモーチットバスターミナルからは3〜5社が1時間に1本のペースで運行しており、便数に困ることはないでしょう。ただバスは設備がかなり異なっており、安いバックパッカー向けのものからエアコン・食事付きで広々シートの高級なものまで様々です。以下は料金の一例です。

VIP3000円
普通2000円
安め1500~2000円

所要時間が9時間以上と長丁場になるので、できるならVIP席で移動しましょう。移動で疲れ果ててしまっては、楽しい観光も水の泡です。

VIP席なら自分のスペースも十分に取れます。

バスはほとんどの場合チェンマイ・アーケード・バスターミナルに到着します。バスターミナルは市内から離れたところにあるので、観光するには市内へと移動する必要があります。この時にはモーターサイやトゥクトゥクを利用するのが良いでしょう。(所要時間:15〜20分 料金:250円)

トゥクトゥク

飛行機で行く場合

早く移動したいという方はスワンナプーム国際空港から飛んでいる飛行機を利用すると良いでしょう。2〜3社がおよそ1時間に1本のペースで運行しています(所要時間:1時間10分 料金:3000〜5000円)。早めにチケットを取れば、バスのvipとそう変わらない値段にまで下がるので、予約をするのがオススメです。

ドンムアン空港やタイ国際空港からも同様の便が運行されています。

またチェンマイ国際空港から市内へは少し距離があるので、モーターサイやトゥクトゥクを利用すれば良いでしょう。(所要時間:10分 料金:250円)

モーターサイ

列車で行く場合

また鉄道を利用する場合はクルンテープ駅から毎日5本運行されています。4本は寝台列車となっているため、少し料金は高めに設定されています。チケット購入時にパスポートの提示が求められるので、注意が必要です。以下は料金の一例です。

1等4000~8000円
2等1500~3000円

所要時間が11時間以上かかるので、1等に乗るのがオススメです。

寝台はわりと快適です。

また昼行の普通列車に乗ると設備はボロボロですが、1000円ほどで行くこともできます。さらに、列車はしばしば遅れるため所要時間はあまり確実性がありません。

木の椅子で、移動にかなり疲れるでしょう。

電車はチェンマイ駅に到着します。市内へはトゥクトゥクやソンテウを利用しましょう。(所要時間:10〜15分 料金:200円)

チェンマイ市内の様子

チェンマイ市内は寺院が点在するものの、マーケットなどで全体的に賑やかです。

マーケットの様子

衣服や雑貨などが中心に売られています。

もちろん食事も楽しめます!

街は大きく旧市街と新市街に分けることができ、特に新市街の方にマーケットにホテルやレストラン・お土産屋が集中しています。夜になるとマーケットは観光客と地元民で賑わい、バーやクラブが続々とオープンします。

観光客、現地の人でごった返しています。

屋台街の様子

雰囲気のいいクラブもあります。

その一方で、旧市街の方は古き良き路地裏が続いており、昼夜問わず比較的閑散としています。昼に散歩しながら現地民の生活をみると良いでしょうが、夜は街灯もあまりないため付近の散策はオススメできません。

旧市街は打って変わって、静かな印象です。

レンタルバイク・レンタサイクルを使おう!

チェンマイ市内の移動にはレンタルバイクやレンタルサイクルが非常に便利です。というのも、市内は四角に囲まれた城壁都市となっており、専用の移動手段を持っていれば端から端へと行くことができます。遠い場所だと、ソンテウやバイタクシーがあまり通らないこともありますが、バイクや自転車を借りていればストレスフリーな移動ができますよ。

自転車で観光地を巡りましょう!

レンタル料ですが、バイクの場合は排出ガスによって異なっており、300〜800円です。また自転車は50〜100円程度です。

注意点として、盗難防止の意味でレンタル時にパスポートを回収されます。業者が紛失することはおそらくないでしょうが、ゼロとは言えません。少しでも不快感があるならば、ソンテウやバイタクシーの利用に切り替えましょう。

それ以外で利用可能なチェンマイ市内の移動手段

ソンテウ

ソンテウは、トラックの荷台を改良してベンチなどを取り付けた乗り物です。料金は、移動距離にもよりますが、1回の移動でおよそ100〜150円ほどです。

有名観光地ならすぐに人が集まるので、ストレスフリーな移動ができます。また赤や黄、白のソンテウはタクシーのような使い方もできます。運転手に確認してみましょう。それ以外の色のソンテウは、決まった路線を走っています。

運転手に連絡したあと、後ろから乗ります。

サムロー、トゥクトゥク

サムローは3輪人力自動車、トゥクトゥクは3輪自動車です。基本的に運転手に話しかけて目的地を告げ、料金を交渉するシステムとなります。料金は、サムローが1回につき50円前後、トゥクトゥクは1回につき200〜400円ほどです。トゥクトゥクの場合利用者の多い夜の方が高くなるので注意してください。

路線バス

チェンマイ市内では路線バスを利用することもできます。バスは主に空港や駅と市街地を結ぶ便が運行されており、路線数、便数共にそれほどありません。また運賃は1回50〜100円と格安ながら、1時間に1本程度と非常に不便です。時間が合えば使ってみると良いでしょう。

メータータクシー

メータータクシーは基本的にホテルと空港からしか走っていません。いわゆる流しのタクシーはほとんどないので、移動に使うことはほぼないでしょう。ちなみに料金は200B(600円ほど)など、定額もしくは料金交渉制のことが多いです。そのためメータータクシーと言えども、実際にメーター制が取られることはほとんどありません。

まとめ

いかがでしたか。バンコクからチェンマイへはかなり移動時間がかかります。せっかく貴重な旅行時間を使って移動するので、全力でチェンマイ観光を楽しみましょう!