MENU

【徹底紹介】サムイ島への行き方/アクセス:飛行機、バス、船「スラタニを経由」[2018年版]

導入

サムイ島への行き方

サムイ島へ行くにあたって考えなくてはならないのはどのような交通手段を利用するかということです。なんども乗り換えるのが嫌ならば飛行機でバンコクから直接飛ぶのがベストですし、バンコク以外の地域からサムイ島に行くならばバスやフェリーの利用になります。自分の旅程を思い浮かべながら、以下の内容を参考にして見てください。

飛行機の利用について

飛行機の利用についてですが、近年サムイ島が有名観光地として名を上げてきたためか、サムイ空港は国内線、国際線共に発着便を持っています。国内線についてはバンコク(スワンナプーム)、チェンマイ、プーケットの各空港との間を結ぶ便が運航されています。また国際線については中国(広州など4都市)、シンガポール、香港、マレーシアなどと結ばれています。

バンコクからサムイ島へ飛行機で行く場合

バンコクのスワンナプーム空港からの便は1時間に1〜3本、1日に20便程度運航されています。そしてそのほとんどがバンコク・エアウェイズによるものです。ちなみにバンコク・エアウェイズに搭乗すると、わずか1時間10分のフライトにもかかわらず機内食が出されます。そこまで気にしなくても良いですが、せっかくなので食事の時間に運行される便に乗れたらいいと思います。(所要時間」:1時間10分 料金:9000B/15000円)

バンコク・エアウェイズのラウンジ

バンコク・エアウェイズはスワンナプーム空港のに綺麗なラウンジを持っています。先ほど機内食が出ることを紹介しましたが、なんとこのラウンジはエコノミークラスの乗客でも利用可能となっています。日本では「〜会員限定」といった縛りがあるのですが、ここではありません。乗客は入り口でチケットを提示すると、wifiのパスワードが書かれた紙をもらえるので無料でwifiをしようさることができます。またラウンジ内には無料の軽食とドリンクが用意されています。軽食といっても10種類以上あってどれも美味しいためついつい食べてしまいますが、機内食があるということを忘れないようにしましょう。

日本から直接飛行機で行く場合

日本の羽田空港・成田空港から休憩なしでサムイ島へと向かう便はさすがに運航されていません。しかしタイ航空やJALなどは提携しており、バンコク乗り換えの際に割り引いてくれるチケットが販売されています。以下を参考にしてください。/***リンクの挿入***/

バス、列車からの船を利用

2つ目の交通手段として上げられるのが、各地からバスもしくは鉄道、飛行機を利用してスラーターニーへと向かい、そこからさらにバスとフェリーを乗り継いでサムイ島へ渡るという手段です。各会社によってスラーターニーのバスターミナルで乗り換えとなるか、港まで乗せて言ってくれるかは異なります。ただフェリー代も合わせた総額は大して変わらないので、できれば港までの便を利用しましょう。バンコクからの便は、バス代・フェリー代込みで1000B/3300円ほどです。またスラーターニーのバスターミナルから出ている、バス・フェリー乗り継ぎ便は、400〜550B/1300〜1800円です。

ジョイントチケットを利用しよう!

ジョイントチケットとは先ほどから何度か出てくる、飛行機やバスとフェリーの代金がセットになったものです。バンコクを中心に国内各地から、スラーターニー方面へと向かう便ではほとんどでこのジョイントチケットが設定されています。やはり途中でわざわざチケットを買う必要が直井こと、そして安上がりなことがオススメの理由です。

コラム:盗難に注意!

盗難に注意と書きましたが、注意どころのレベルではありません。バンコクとサムイ島を結ぶ便ではかなり昔から度々日本人や西洋人観光客の盗難被害が発生しており、しかもほぼ全ての民間便で毎日のように被害に遭っています。一番多いパターンとしては、ジョイントチケットでサムイ(スラーターニー)からバンコクへと向かうバスの中です。観光客は疲れ切って寝てしまいますが、その間バス会社と結託した犯人が盗んでいきます。

手口

まず全体像ですが、夜の3時ごろ皆寝静まった頃に外国人観光客のリュックやバッグをこっそりと持って車内後方のトイレに行きます。そして光が漏れないトイレ内で貴重品だけこっそり抜きます。対象はパスポートだけだったり、日本円が入った財布の中身だけだったりします。おそらく車内で騒がれないように観光客が現地で使った財布から抜かれることは少ないでしょう。また効率的に盗むために対象者を後方の座席に座らせようとします。その上近年では提供する食事やドリンクに睡眠ん材を混入させているという噂もあります。

対策

一番の対策は、なるべくバスを使わないということです。正直言って、全く信用してはいけません。彼らは現金をはじめとする貴重品を盗むために外国人観光客を乗せているようなものです。本当に信用に値しないクズ人間ばかりなので、特にサムイ島からバンコクへの復路だけでも飛行機を利用してください。費用は5倍ほどになりますが、パスポートの再発行など煩雑な手続きをすることを考えれば安いものです。最後にもう一度だけ言いますが、バス会社のクズ人間は本当に信用してはなりません。

スラーターニーで船のチケットを買う

スラーターニーからサムイ島へと向かう船はドンサックという名の港から出航しますが、スラーターニー市街からが車で1時間とやや離れています。そのため駅もしくは空港でジョイントチケットを購入してスラーターニーから移動するのがオススメです。その場合、フェリーの出航時刻に合わせてバスも街から出発するので時間を有効に使うことが可能となっています。

サムイ島へのおもな船の種類と特徴

サムイ島へは何種類かのフェリーが運航されています。あまり気にする必要はないですが、高速フェリーかそれ以外かだけを区別した方が良いでしょう。高速船はその名の通り普通のフェリーよりも早く移動することができますが、料金がやや高めに設定されています。一方でその差はせいぜい30分程度なので時間を気にしない人は通常のフェリーで少しお得に行く方がオススメです。

まとめ

SHARE