【ピピ島の観光情報】オススメの楽しみ方3選、美しすぎるビーチ3選!(+プーケットとクラビからの行き方)

導入

ピピ島とは

ピピ島は正式名称を「ピピ諸島」といい、大小6つの島々から成っています。6つの島々の住人の総計は2500人ほどで、普段は多くの観光客が訪れています。特に欧米系の若者は数週間から1ヶ月にわたるロングステイをしている人も多く、どれほど快適に過ごせるかを見て取ることができます。そんな島の魅力は何と言っても白い砂浜に紺碧の透き通った海です。観光客の多くはダイビングに興じ、手つかずの自然が残るピピを満喫しています。

映画のロケ地でもある

ピピ島が一躍有名になったのにはある映画の存在があります。それはレオナルド・ディカプリオ主演の「ザ・ビーチ」という映画で、ピピ諸島のひとつ「ピピ・レイ島」でその撮影は行われました。映画そのものはパッとしなかったものの、公開後には美しいロケ地としてピピ島に世界中から多くの人が集まりました。そのため現在では島民の多くが観光業に従事しており、続々とホテルやリゾート地の建設が進められました。そのため島民の多くは観光産業に従事するようになり、暮らしの質も上がっていきました。

ピピ島の気候は?

https://weawow.com/jp/c9001028

↑これの外部リンク入れる

熱帯気候に位置するピピ島は歓喜陶器があります。まず11〜3月の乾季は最高気温が30度を少し超えるくらいでr、日本の7月くらいの気温になります。夜も25度程度までしか下がりませんが、蚊よけのネットがあれば忘れずに設置してください。また雨はほとんど降ることがないため、快適に過ごすことが可能です。稀にクーラーをガンガンかけているところもあるので羽織る程度のものは持って行ったほうがいいかもしれません。

雨季のピピ島

一方で雨季には気温はほとんど乾季と変わらないものの季節風の影響を受けて強い風が吹きます。そのためピピ島への往復時に海が荒れることも多く、戦場で嘔吐する観光客もいるほどです。もちろん多くの日はそれほど荒れることはありませんが、海の透きとおり具合は乾季には及ばないでしょう。一方で観光客が少ないシーズンでもあるため、旅行代金やホテル代など各種の料金は乾季に比べるとかなり安く成っています。

ピピ島にいくベストシーズンは?

ピピ島のベストシーズンはやはり乾季で、特に1〜3月が良いでしょう。この時期は1年間のうち雨の降る日が最も少ない月間と成っており、スコールに襲われることなく快適に過ごせるでしょう。また海が荒れることもなく、紺碧の透き通った海がどこまでも続いています。1月初旬の年始は多くのバカンス客で料金も大幅に上がるので、それ以外のタイミングで行くのが良いでしょう。

#ダイビングの料金表とおすすめのショップページ

/***表&外部リンクで***/

https://drive.google.com/open?id=1gZO_HWgqqV8qplmG1l7fXBZ0pWACIAD5

ピピ島のオススメ観光情報3選

1ピピ島でダイビング!

海の非常に綺麗なピピ島で絶対に行って欲しいのが、ダイビングです。ピピ島には日本人スタッフの在中するダイビングショップもあるので、初心者の方はそちらがオススメです。初心者は砂戸から10分前後のスポットで、ライセンスを持っている人向けのコースは20〜30分ほど離れたところで行われることが多いです。多くの人が体験時の写真を撮っていますが、カメラを通しているかいないかは天地ほどの差があります。海中にはイソギンチャクや回遊魚をはじめとして、ウミガメも見ることができます。また多くのツアーが昼食込みで午前と午後の二本立てとなっています。

2ピピ・ビューポイントPeePeeViewPoint/จุดชมวิวเกาะพีพีดอน

ピピ・ビューポイントはトンサイペイから徒歩で30分ほどしたところにある展望台です。入り口で入場料20B/60円を支払ったのちに石段を登って行くと第一の展望台があります。ここからの眺めはイマイチですが、さらに十数分登ると頂上に着きます。ここからは入江を一望することができ、晴れた日には水平線の向こう側まであおい海が続いている様子を確認できます。また階段はきちんと舗装されているため、なんの新お会いもなく登れます。

3ピピ・レー島(KoPhiPhiLay/เกาะพีพีเลย์)

「ザ・ビーチ」の舞台として有名になったピピ・レー島は、現在誰も住んでいなない無人島となっています。ピピ島のうちメイン雄島からロングボートで20分ほど進めば到着です。島は岩石で周囲を囲まれており、上陸できませんが海水が侵食したことによる大きな洞窟に入ることができます。このバイキング・ケーブと呼ばれている洞窟内には大きな壁画が堂々と描かれており長い歴史を感じさせます。また晴れた日には洞窟周りの青い海の中に入るkともできます。

ピピ島でおすすめのビーチ3選!

1ハート・ヤーオHaatYao(ロング・ビーチLongBeach)

ハート・ヤーオはピピ・ドーン島にある大きくて広いビーチです。白い砂浜にはビーチチェアーが所狭しと並んでおり、水着姿の欧米人の姿をよく見かけるでしょう。また沖合にはサンゴ礁も発展しており、シュノーケリングをして海中を見るには最適な環境です。ビーチ沿いにはいくつかフードやドリンクを販売する屋台も並んでおり、楽しい時間を過ごせるでしょう。

2レームトン・ビーチ(HaatLaemTong)(ラムトンビーチ)

レームトン・ビーチはピピ・ドーン島の長さ1kmにも及ぶとても広いビーチです。こちらもハート・ヤーオと同じく白い砂浜に美しい海が広がっていますが、1kmもあるということで人をほとんど見かけないところもあります。そしてそここそがこのビーチの最大のポイントです。端の方に行けば誰にも邪魔されることなく海を独り占めすることさえもできます。あまり夜遅くにならないようにだけ気をつけてくださいね。

3ローダラムビーチ(AoLoDalam)

ローダラムビーチは船着場がある桟橋の近くの大きなビーチです。遠浅となっているため多くの観光客が海の中に入っておもいおもいの時を過ごしています。また貸し出しのパラソルも多くビーチに並んでおり、これぞ観光地といった印象を受けます。もちろん砂浜沿いには海のレストランのような店も出ています。

ピピ島でシュノーケリング!

ダイビングは怖いけど陽等の綺麗な海を見たいという方にオススメなのがシュノーケリングです。シュノーケリングはダイビングと異なり海の中で泳いだりせず、主に顔をつけて海中を見るのがメインとなります。また沖合でするものが多いですが、一方でダイビングのようにピピ・レー島やローサマ湾までボートで行ってそこで楽しむと行ったコースも用意されています。料金は半日コースで350B/1200円、1日コースで500B/1600円ほどと非常に安くなっています。

ピピ島に到着!島内の様子を概説

/***構成を細分化して下さい。島の様子が立体的に伝わるようにブログ風に***/

フェリーを降りて

船着場に降りて最初に驚くのは呼び込みの多さでしょう。「ホテルは決まっているか?」「荷物を持とうか」など身振り手振りを交えて熱心に訴えかけてしまいます。一度話を聞くそぶりを見せるとしつこいくらいついてくるので、興味がないなら無視していくのがお互いのためです。

桟橋を渡ると

呼び込みをかき分けて桟橋を渡った先には島の中心部となるトンサイエリアが広がっています。観光客の多くはここを拠点に各方面のリゾートビーチへと飛んでいくのです。トンサイエリアにはレストランやお土産店をはじめ、両替所など生活に不可欠な建物が全て揃っています。もし水着を忘れたという人がいればここで買って行けばよいでしょう。また各種ツアーの申し込みデスクも多く集まっているため、現地申し込みを考えている人は合わせて行ってください。

入島料を考える

ピピ島では環境保全のため桟橋で入島料として1人20B/60円ほどが徴収されます。これは観光客が増えすぎて整備する必要が出てきた島全体のためです。どれほど配慮したところで、観光客の増加によって以前よりも生態系に変化が生じているのは明らかです。もちろん大いに騒いで楽しむのがよいのですが、意識無意識関わらずゴミを散らかすのはやめてくださいね。そして後世へとこの美しい島を受け継いでいきましょう。

ピピ島のナイトライフ:ファイヤーショー

ピピ島のビーチバーでは毎晩のようにファイヤーショーが行われています。多くの人がサンセットに目を奪われている間に、ビーチでステージやバーのセッテイングが始まります。そして日暮れとともにどこからとなく欧米の若者が集まってきてショーが始まります。ショーといってもただ見て楽しむだけでなく、爆音の中皆思い思いにタバコを吸ったり海に入ったりと暴れまわっています。いわゆるフェスやスタンディングライブがさらに自由に成った感じでしょうか。何よりも客の多くが欧米人ということで、日本人とはノリが違います(笑)。酔ってしまえば知り合いかどうかなんて関係なく色々な人と馬鹿騒ぎしています。

飲み物

ファイヤーショーは入場料などは不要な代わりに飲み物の持ち込みは禁止です。そもそもバーの一環としてのショーなので当然と言えば当然なのですが、飲み物を持ち込まれると運営費が捻出できませんしね(笑)。その代わりビーチバーの名物とも言えるバケツカクテルが販売されています。いずれも200〜500B/660〜1600円ほどで数種類のお酒と割材が時入っています。そして、何人かでシェアするためにストローが何本かついており、多くの人は友達などと一緒に飲んでいます。またあらたな友人を作る際にも使えそうですね(笑)。

プーケットからピピ島への行き方

プーケットからピピ島へはフェリーを使って移動します。まずプーケットの港ラサダーからピピ島へのフェリーについては15時くらいまで2時間に1本のペースで運航されています。(所要時間:2時間 料金:600B/2000円)料金はほとんどの会社が同一に設定されています。またラサダーの港では下手したらかなり長い時間待たされるかもしれません。時間をよく見て出発したほうが賢明です。また港で買うのではなく、可能ならゲストハウスで購入しておくとよいです。場合によっては無料で港まで送迎してくれる場合もあります。

クラビからピピ島への行き方

クラビから出発する場合はクローンジアッドという港からフェリーに乗り込みます。船は1日4本、9時から1時間30分おきに出ています。料金はホテルで買うか埠頭に買うかなどによって多少前後しますが、代理店やホテルなどで買うとホテルからの送迎もついて結果的に安くなるという場合もあります。(所要時間:1時間30分 料金:300〜500B/1000〜1600円)

まとめ

coming soon