MENU

【トラン(タイ)の観光情報】必見スポット3選、日帰りできる島4選はココだ!:バンコクからの行き方も解説

導入

トランとは

トランはタイ南部に位置する人口70万人ほどの街です。かつては貿易の中継地として世界各国から人や物が集まり、中でも中華系の人々が多くトランにやってきました。そのため現在でも多くの中華系の人々が生活を送っています。また近年はトラン近海の島々の人気が高まっており、多くの欧米人のバックパッカーたちが訪れるなど観光地として多くの人々が集まっています。また、周辺のピピ島やランタ島と比べると見劣りするものの、ビーチリゾートの開発も進んでいます。

トラン観光のベストシーズンは?

トランはタイの他の都市と同様に乾季と雨季がありますが、乾季が1〜3月の3ヶ月間のみと非常に短いのが特徴的です。気温は1年間を通じてそれほど変わることなく最低気温22度前後、最高気温33度前後となります。また特に4〜5月にかけては35度を超える日も稀にあり、スコールの後は非常にジメジメとした過ごしにくい気候となります。

トランの治安は?

トランよりもさらに南にある地域は、外務省から渡航禁止勧告が出ていたり、不要不急の渡航はやめることを推奨されています。一方でトランに関してはそのような警戒情報は出ておらず、特に日本人が大きな事件・事故に巻き込まれたということもありません。ただ一般的な注意点として、夜間に一人歩きをしない、貴重品はカバンの中にしまっておく、などは心がけるほうがよいでしょう。

トラン市内で絶対行きたいおすすめ観光名所3選!

1ワット・タンタヤーピロムWatTantayaphirom

ワット・タンタヤーピロムは市街中心部からトゥクトゥクなどで5分ほど移動した先に建っています。その中心は町のシンボルともなっている真っ白な仏塔で、高さは20m近くにも及びます。さらに、そばには赤と金を基調にした華美な本堂が建っており、地元の人々の信仰の対象となっています。また境内はゆとりを持った広さとなっており、談笑している人の姿をしばしば見かけるでしょう。

2トゥンカーイ植物園

トゥンカーイ植物園はトラン中心部からトゥクトゥクで30分ほどのところにある自然豊かな植物園です。園内はとても広い熱帯雨林に覆われており、ほとんど人の手が入っていない植物や木々の様子を見ることができます。その一つ一つは南部固有の種であり、おおよそ植物群別に分類されているため、非常にわかりやすくなっています。

長い遊歩道にある橋

この植物園のもう一つの注目ポイントが、遊歩道にかかる橋です。園内は軽く道順が定められているのですが、途中5本ほどの橋が架けられています。橋は全て赤色にに塗装されており、ある程度高さもあってスリリングになっています。また橋の途中からは普通の通路からは見えにくい警告なども見ることができ、少しお得な気分になれます。

3パークメーン・ビーチ(HaatPakMeng/หาดปากเมน)

パークメーン・ビーチはトラン中心部から車で45分ほどしたところにある大きなビーチです。ただ海水浴をしたり寝転がったりするには少し砂が荒いため、ここでは海の家でご飯を食べながら海を眺めるほうがよいでしょう。ちなみに付近の多くの離島へと向かうフェリーはほとんどがこのビーチの北側から出ているので、時間に余裕があればぶらぶらしてみるとよいでしょう。

トランから日帰りで観光できる島4選!

トラン沖にはクラダーン、リボン、ハイ、ムックの4島が存在します。これらの島々は海が非常に美しいことで有名になっており、トランを訪れた多くの観光客の目的地忍者っています。またトランからは4島を巡る日帰りのツアーが出ているので、現地で前日申し込みの上で参加するとよいでしょう、もちろん個々の島を個人的に回るのもよいですが、いちいちフェリー代を支払うことを考えればツアーを利用するほうが楽です。

1クラダーン島KoKradan

クラダーン島は4島のな中で最も綺麗と評判の高い島です。実際遠浅の海はエメラルドグリーンに輝いており、タイ最後の秘境と形容されるのも頷けます。特に東側には真っ白な砂浜が広く長く続いており、多くの観光客がのんびりとした時間を過ごしています。ただ注意点として、ショップがほとんどないため物価が非常に高くなっています。トランから軽食やドリンクは持ち込んだほうが良いでしょう。また島内には現在リゾートホテルが数軒立つのみとなっているため、宿泊を考えているならば早めに予約しましょう。トランのパクメン港からスピードボートで45分ほどです。

2リボン島KoLibong

リボン島は4島の中で最も大きな島で、とてものんびりとした雰囲気を持っています。かつてイはスラーム文化の影響を受けており、そのことは人々の暮らしからも感じるでしょう。また11〜12月にかっけては多くの渡り鳥が着陸しており、その数は1万羽近くに及ぶとされています。加えて内部にはマングローブ林が非常に発達しており、川下りや洞窟探検といったアクティビティも楽しめるようになっています。そして夕方になると水平線上では非常に美しい夕日を見ることができます。トランのハート・ヤイからボートで20分ほどです。

ジュゴンの棲む島

リボン島が有名なのにはもう一つ理由があり、それがジュゴンの存在です。現在絶滅危惧種に指定されているジュゴンは、世界中を見てもわずか4つの水族館でしか飼育されていないと言う非常に貴重な存在です。島の近海にはそんなジュゴンが生息しているとされ、運が良ければ食事を取りに海岸に近寄ってくる姿を目撃できるかもしれません。

3ハイ島(ンガイ島)KoHai(KoNgai)

ハイ島はただただ美しいビーチがあるだけの静かな島です。晴れた日にはエメラルド色に輝く美しい海で水遊びをしたり、サラサラの砂浜で日光浴をするのがオススメです。島にはバンガロー形式のホテルもあり、喧騒から離れてゆっくりとした時間を過ごすのには最適となっています。また海は浅瀬であって綺麗な熱帯魚が回遊しており、のんびりと観察することができます。トランのパークメーンからボートに乗って50分ほどです。

4ムック島(KoMuk/เกาะมุก)

ムック島は手つかずの自然が多く残されている小さな島です。島の西側は断崖絶壁となっており上陸はできません。一方で東側にはフィッシング・ビーチというかなり拓けたビーチが広がっており、多くの観光客がゆったりとした時間を過ごしています。またもう一つの魅力がモラコット洞窟です。西側の狭い通路を通って入った先には神秘的な入江が広がっています。時間帯によっては日光がうまく差し込むタイミングもあり、非常に感動的な場面に出会えるでしょう。トランのパークメーンからボートで40分ほどです。

トラン市内の様子

トラン市街地の中心はトラン駅周辺に広がっています。近年では比較的開発も進んでおり、高層の建物が数多く並んでいます。特に駅前にはレストランやデパートのような少しリッチなお店が並んでおり、地元の人々の以降の場になっています。またトランから沖合の4島に行くツアーなどは、駅周辺の旅行会社のデスクから申し込むことが可能となっています。

トランの夜遊び

トラン市街にはバーやクラブがいくつか展開されています。夜になると地元の若者や欧米系の若者が集い、カクテルと共に夜遅くまで踊り続けています。ただ日本人はあまり見かけないため、積極的にオススメすることはできません。またホテルとの距離が遠い場合には帰り道に十分に注意してください。

バンコクからトランへの行き方

飛行機で行く場合

バンコクからトランまで飛行機を利用する場合はドンムアン空港からの発着便を利用します。この便は、早朝からおよそ17時までに、1日7本のペースで運行されています。(所要時間:1時間30分 料金:2200B/7500円〜)

トラン空港の様子&市街地へのアクセス

トラン空港はとてもこじんまりとしており、出発口・搭乗口共に一つだけとなっています。また空港内にはわずかにレストランやカフェ、売店があるだけですが意外にも多くの人で混み合っています。また空港内で販売されているトランケーキは名物となっているので良ければ試してみてください。空港から市街地へはロットゥーやトゥクトゥクで15分ほどです。(料金:100B/330円)

バスで行く場合

バンコクからバスを利用する場合は、サーイターイ・バスターミナルからの発着となります。バスは全て夕方以降の出発で1日につき6便程度が運行されています。(所要時間:13時間 料金:約500〜1000B/1600~3300円)多少到着時間は前後しますが、あまりに夕方の早い時間帯の便を利用すると、朝早くについてしまうこともあるので注意してください。

長距離バスターミナルから市街地へのアクセス

長距離バスターミナルは市街地からやや離れたところにあり、トゥクトゥクに乗って20分ほど移動する必要があります。バスターミナルを利用する人はかなり多いため常に客待ちのトゥクトゥクが待機しているので安心です。(所要時間:20分 料金:50B/160円)

鉄道で行く場合

バンコクから鉄道を利用する場合はフアランポーン駅発着の便になります。この便は17、18時台に各4本ずつ運行されているのみとなるので、時間に注意してください。(所要時間:16時間 料金:250〜500B/800~1600円 寝台:500〜1500B/1600〜4800円)

トラン駅の様子

トラン駅そのものは非常に落ち着いた田舎の駅と言う印象を受けm、明日が、駅の外に出ると市街中心部が広がっています。そのため観光客の多くがここを起点として各地に散らばって行きます。現地ツアーに申し込みたい場合には、ツアーデスクを探すと良いでしょう。

まとめ

coming soon

SHARE