ガイドブックの観光地は飽きた人必見!ホーチミン観光の穴場スポット26選徹底紹介

皆さんこんにちは、東南アジア.netです。

せっかくのホーチミン旅行。定番名所だけじゃ満足出来ないですよね・・・

そんなホーチミンの穴場を知りたい人必見!今回は定番から穴場までホーチミン観光の全貌を徹底紹介します!

日本人観光客の3割以下しか訪れない穴場名所もまとめました!【☆】マークをつけているのでぜひ参考にしてください!

これであなたもホーチミンマスター!

ホーチミン市内で絶対行きたいおすすめ観光名所26選!

1ベンタイン市場

ベンタイン市場

ベンタイン市場は、ホーチミン観光で絶対欠かせないスポットの一つです。現地の人々の生活用品から観光客向けのお土産まで幅広く取り揃えており、広いドームの中には所狭しとお店が並んでいます。

コストコ的な感じです!

ご飯も楽しめます!

民族衣装、アオザイも買える!

夜には近くでナイトマーケットも開催され、ベトナム特有の屋台や観光客を狙った歩き売り子などで、付近一帯が賑やかになります。

夜になると市場がライトアップされます。

ベンタイン市場の場所↑

2ドンコイ通り

ドンコイ通り

ホーチミンで目抜き通りとして老若男女問わず人気を誇るドンコイ通り。

この通りには、おしゃれな雑貨屋さんやカフェ、お土産屋さんが並木通りに面しながら絶え間なく並んでいます。人混みを歩くのに疲れたら、ぜひゆったりしたドンコイ通りのカフェなで休憩してくださいね。

店構えもオシャレなものが多いです。

セレクトショップみたいな、いい雰囲気の店も!

ドンコイ通りの場所↑

3中央郵便局

中央郵便局

フランスの植民地時代に建てられた、この中央郵便局は、非常に繊細で美しいデザインで人気を博しており、特に建物内部のアーチは必見です!

郵便局とは思えない大きさです。

今でも郵便受付ができます。

お土産屋も中にあります!

中央郵便局の場所↑

4統一会堂/旧大統領官邸

統一会堂

続いて紹介するのは南ベトナムが傀儡政権だった頃の大統領官邸と統一会堂です。

こちらでは、きらびやかで豪華な暮らしの様子が垣間見える地上階と、ベトナム戦争中に司令室として使われていた秘密の地下室の対比が、とても興味深くなっています。最上階には展望台もあり、ベトナムの美しい眺望を楽しむことができるんでます!運が良ければ日本語ガイドさんに会えるかもしれません。

娯楽室

プライベートシアターも!

屋上テラス。昔は一番高かったらしい!

アジア風の部屋

ベトナムの創始者、雄王の絵

統一会堂の場所↑

5レタントン通り

レタントン通り

レタントン通りは、私たち日本人が非常に親しみを感じられる日本料理店やコンビニ、居酒屋などがとても充実しています。また、他の地域と比べても比較的、在ベトナムの外国人が多くなっています。日本語の通じるお店も多く、アットホームな観光ができますよ。

寿司屋!

ソバ屋もあります。

日本食が恋しくなっても困りません!

レタントン通りの場所↑

6スイティエン公園【☆】

スイティエン公園

スイエンティ公園は、公園と言いつつも家族で楽しめるテーマパークとなっています。ベトナムの伝説や神話からストーリーを組み上げ、様々なアトラクションに反映しています。クスッとした笑いをもたらしてくれる面白いところに訪れたい家族づれに特にオススメです!

大きな観覧車

1日数回、イルカショーもやってます。

ワニと戯れることもできちゃいます。

スイエンティ公園の場所↑

7戦争証跡博物館

戦争証跡博物館

こちらの戦争証跡博物館では、ご存知「ベトナム戦争」の惨劇の様子を、戦闘機や戦車など実際の戦争の遺物を見ながら知ることができます。拷問などかなり精神的負担のかかるシーンまで細部にこだわった描写がなされており、きっと衝撃を受けることでしょう。

屋外に展示されている戦闘機

館内の様子

グロテスクな写真も多くあります。

戦争証跡博物館の場所↑

8ブイビエン通り

ブイビエン通り

世界中から集まるバックパッカーとベトナムの若者で眠らないと言われている通りこそ、このブイビエン通りです。海外観光客でどこのバーも賑わっており、夜遅くまで宴を楽しむことができます。一方で麻薬の売人や売春の斡旋業者なども集まっており、ダーティーな一面も見せています。

夜は観光客で賑わっています。

クラブも若者に大人気!

ブイビエン通りの場所↑

9ヤックラム寺/覚林寺【☆】

ヤックラム寺

続いて紹介するヤックラム寺は、ホーチミンで最古のベトナム仏教の寺院となります。門からでさえ重厚な様子が伝わるこの寺院は肖像画に観音像、本尊などと見るべきものに困ることはありません。多色な仏塔から当時の様子をうかがい知ることもできるんですよ。

寺院内には大きな仏像がいくつもあります。

観光客向けの説明もしてくれます!

ヤックラム寺の場所↑

10水上人形劇

ベトナム観光で一度見てもらいたいのが、この水上人形劇です。その特徴は、長い1本の劇を行うのではなく、5分程度の短い劇をポンポンと行っていくことです。ストーリーはどれも人々の生活に根ざしており、昔の人々の暮らしぶりを感じることができます。

日本ではこんな劇、見れません!

劇の様子

終演後、演者が挨拶して終わりです。

水上人形劇が行われている場所↑

11ハムギー通り【☆】

ハムギー通り

ここハムギー通りは、昔懐かしさと近代っぽっさが融合した通りになっています。というのも、昔ながらの食料品店、雑貨店などが立ち並んでいたこのエリアに、2011年突如高層ビルが建築されたのです。小さな発展を見ながら観光を楽しんでくださいね。

現在でも、昔ながらの飲食店があります。

少し前のハムギー通りの様子

ハムギー通りの場所↑

12ダムセン公園【☆】

ダムセン公園

ホーチミン中心部から10kmほど離れたところにある、ダムセン公園は、遊園地と動物園が融合していて、家族連れに高い人気を誇るスポットとなっています。舞踊やサーカスなど、イベントに尽きることはない上に、ジェットコースターなどもあり、一日中楽しむことができますよ。

落ちたら…笑

子供も楽しめる!

大人も楽しめますよ!

ダムセン公園の場所↑

13歴史博物館

歴史博物館

こちらの歴史博物館は、7番目に紹介した、「戦争証跡博物館」よりも前のベトナムの歴史を紹介したものとなります。前と言っても、先史時代から20世紀近くまで、と幅広い年代を扱っており、ベトナムの歴史を丸ごと知りたいという方にオススメです。

内部の様子

大迫力の恐竜の化石が見所です。

当時の暮らしが分かる資料もあります。

歴史博物館の場所↑

14ヤックヴィエン寺/覚園寺【☆】

ヤックヴィエン寺

ヤックヴィエン寺は、ダムセン公園の近くに位置する、建立200年ほどになる寺です。ヤックヴェインという名の僧を弔うために建立された、と言われるこのお寺は、現在でも僧や近隣の人々によって尊敬されています。観光客はそう多くないため、静かにみて回ることができます。

ヤックヴェイン仏像

地元の人の集う場にもなっています。

僧と信者での儀式が年数回行われます。

15サイゴン大教会

サイゴン大教会

サイゴン大教会は19世紀末に赤レンガで建てられた教会です。仏教徒ばかりだと思われがちのベトナムですが、もちろんキリスト教徒もいます。

そんなキリスト教徒たちが、日曜日にミサを行うために、この教会に集まってきます。ベトナムでは異質なヨーロッパ風の建物ということで、普段は多くの観光客・ベトナム人に人気のスポットとなっています。

聖堂の様子

ミサの様子

サイゴン大教会の場所↑

16ホーチミン市博物館

ホーチミン市博物館

こちらのホーチミン市博物館は、もともと植民地時代にフランス人の家として建てられました。博物館となっている現在では、対フランス戦、対アメリカ戦(ベトナム戦争)の遺物や写真の展示がメインとなっている他、昔からの人々の生活ぶりも展示されています。正門は閉まっているので、右側の門から入場するところに注意してくださいね。

地雷など、戦争の重要な資料があります。

惨劇を伝える、グロテスクな写真も展示されています。

ホーチミン市博物館の場所↑

17アオザイ展示場【☆】

アオザイ展示場は、その名の通り、ベトナムの伝統衣装であるアオザイの工房と展示を、同時に行っているところです。アオザイ・デザインの巨匠と呼ばれる「シー・ホアン」氏によって作られた展示場では、およそ400年前から現在に至るアオザイの歴史や、実際に作っている100近くの作品を見ることができるようになっています。

製作段階の様子も知ることができます。

完成されたアオザイ

18レロイ通り

レロい通り

レロイ通りは、開発によって徐々に街並みが変わっていくことを特徴としています。1km足らずの通りには、古き良き食料品店、雑貨屋、カフェなどがひっきりなしにある一方で、「サイゴン・センター・ビル」が現れるなど時代の変化をもろに感じます。外国人向きのおしゃれなお土産やさんもたくさんあるので、散策して見るのが良いでしょう。

サイゴン・センター・ビル

ビルの中には大型ショッピングモールも!

もちろん、ベトナム感のある店もありますよ!

サイゴンセンタービルの場所↑

19市民劇場

市民劇場

ホーチミン観光の拠点となるのが、ここ市民劇場です。フランスの影響を受けて建てられたこの美しい劇場は、特に夜のライトアップが人気です。下から照らされた市民劇場は、ベトナムにいながらもフランスにいるのではないか、と錯覚させるような魅力を持っています。

ライトアップされた市民劇場

市民劇場の場所↑

20ホーチミン作戦博物館【☆】

ホーチミン作戦博物館

ホーチミン作戦博物館では、ベトナム戦争の経過が展示されています。ロケットランチャーや軍服など、当時使われていたものをそのまま展示している他、戦中の人々の暮らしを写した写真やパネルも展示されています。ベトナム戦争を深く学びたい方は、戦争証跡博物館とともに、こちらも訪れることをオススメします。

1分の1サイズの戦車もあります。

学芸員が丁寧に説明してくれたりもします。

ホーチミン作戦博物館の場所↑

21サイゴン・スカイデッキ

サイゴン・スカイデッキは、ホーチミンで一番高いビル、「ビテクスコ・フィナンシャル・タワー」の49階に位置している展望台です。地上180mから眺めるホーチミンの夜景は本当に絶景で、併設されているレストランや、バーで食事を楽しんでもいいかもしれません。入場料はおよそ500円です。

入り口

展望ラウンジの様子

昼の景色!

夜の景色はもっと最高!

サイゴン・スカイデッキの場所↑

22ベトナム伝統医学博物館【☆】

ベトナム伝統医学博物館

こちらは、日本でも滅多に見ることのない、伝統医学を紹介した博物館になります。薬草の種類、薬の調合など現代医学とは一線を画する伝統的療法や、実際に使っていた医療品がテーマ別に展示されています。

館内の様子

薬ツボが壁一面に並べられている他、見学後には実際の薬を買うこともできますよ。

全部、中に薬が入っているそうです。

調合する様子も見学できます。

ベトナム伝統医学博物館の場所↑

23美術博物館【☆】

美術博物館

3階建ての美術博物館は、フランス人によって建てられたということもあり、とても洋風の建物となっています。

渡り廊下からの様子

中にはベトナム人作家による、伝統工芸品などを中心として、非常に独創的なものが多く展示されています。

歴史ある、美術品が多く展示されています。

美術博物館の場所↑

24動・植物公園

動・植物公園

この動・植物公園は広大な敷地を誇るベトナムでも、指折りの動物園となります。日本では滅多にみられないホワイトタイガーをはじめ、ゾウやカバなど様々な動物を観察することができます。観光客のみならず、現地の人々にも人気で、週末には家族連れでごった返しています。

アルパカ。可愛い!

社会科見学のスポットとしても人気なようです。

虎の赤ちゃん。メチャクチャ可愛い!

動・植物公園の場所↑

25ヴィンギエム寺/永厳寺

ヴィンギエム寺

ヴィンギエム寺は今から50年ほど前、日本に留学していた僧によって開かれた最近のお寺です。七重塔や境内の前の高い仏像が、とても重い印象を与えます。長い歴史を持つ他の寺と異なり、少し現代風の明るい色使いや、装飾が施されているのが特徴です。

またここには日本から持ち込まれた平和の鐘というものがあり、日本とベトナムの交流を感じられるようになっています。

高さ10mもある境内前の仏像

参拝する様子

儀式が行われるときは、ホーチミン中の僧が集まります。

ヴィンギエム寺の場所↑

26ホーチミン人民委員会庁舎

ホーチミン人民委員会庁舎

ホーチミン人民委員会庁舎は、市内中心部にある、現在でも使用されている役所です。内部に入ることはできませんが、美しい色使いによる、歴史を感じさせる外観が人気を集めています。夜にはライトアップも行われ、幻想的な写真を取れること間違いなしです。

金色にライトアップされた、夜の庁舎

ホーチミン人民委員会庁舎の場所↑

まとめ

いかがでしたか。

今回【☆】をつけた穴場スポットに行けばあなたも通なホーチミン観光客です!

1日では回れる量ではないので、行ってみたいところをピックアップして、自分だけの旅行プランを楽しんでください!