【ダナンの観光情報】美しすぎるビーチリゾート、3大料理、大人気スポット7選!「ダナンへ行って良かった」

ベトナム中部最大の都市、ダナン。ハノイ・ホーチミンに次ぐ、ベトナム第3の都市として栄えています。ダナン近郊にはフエやホイアンなど世界遺産が多く集まっており、近年はリゾート開発が進み、世界でも有数のリゾートビーチとして多くの観光客を魅了しています。

今回はそんな、ダナンのビーチリゾート観光名所7選を紹介していきます!

美しいビーチリゾート

ダナンと言えば、何と言ってもまずはビーチです。常夏の暑さを楽しさに変えてくれるビーチでいっぱいです。それでは早速ビーチリゾートの紹介をしていきます!

1ミーケー・ビーチ

ミーケー・ビーチ

ダナンといえば何と言ってもリゾートビーチ 。中でもこのミーケー・ビーチはダナン最大のビーチで、どこまでもホワイトビーチが続いています。元々ベトナム人に大人気でしたが、近年の開発によって外国人観光客も続々とやってくるようになりました。

海水浴を楽しんでいます。

浜辺には海鮮レストランやリゾートホテル、マリンパラソルなどを貸し出す海の家などリゾートライフを彩る施設が立ち並びます。港町でもあるダナンで食べるシーフードは絶品です!

マリンアクティビティも充実しています!

リゾートホテルからの最高の景色も!

カップルで訪れた際は、二人で夜の浜辺を歩くのがオススメ。ムードたっぷり、特別な時間を過ごせちゃいます^^

日が沈むまでの時間を楽しむ…いいですねえ

 2ノンヌック・ビーチ

ノンヌック・ビーチ

ノンヌック・ビーチはダナンのビーチの中では比較的開発が進んでいないため、のんびり穏やかな時間を過ごすのにぴったり。海の透明度もピカイチで、自然としてのビーチを楽しみたい人に特におすすめのスポットです。

基本的にはリゾートホテルのプライベートビーチとして区画分けがされていますが、一部ホテル利用者以外も立ち入り可能なエリアがあります。次にご紹介する五行山にほど近いので、組み合わせて観光すると良いでしょう。

ダナンの3大料理とは…

ベトナムはどの街でも美味しいグルメを堪能できますが、ここダナンにはダナンでしか食べられない絶品ローカルフードがあるんです。その名も「ミークアン」「ホワイトローズ」「揚げワンタン」。揚げワンタンはともかく、他の二つはどんな食べ物か想像がつきませんよね。

ミークアンとは、きしめんのような麺にエビや豚肉などの具をのせ、少なめのタレをかけたぶっかけうどんのような麺料理です。お店によって具は様々なので、色々食べ比べてみるのも楽しそう。

モチモチ感が特徴的なミークアン

ホワイトローズとは、米粉で作られた生地をバラの花のように盛り付けたものにエビのすり身やフライドガーリックを添え、ヌクマムをつけて食べる料理です。お味はもちろん、華やかな見た目で贅沢な気分になっちゃいます。

ホワイトローズ、インスタ映えしそうです。

揚げワンタンは、サクッと揚げたワンタンを特製スープにつけて食べるもの。ダナンの屋台料理の定番です。

揚げワンタン

以上紹介した以外にも、ダナンにはほっぺた落ちるグルメがいっぱいなので、是非是非色々食べ歩いてくださいね^^

ダナンで絶対行きたい観光名所7選!

1五行山

五行山

五行とは古代中国の自然哲学における万物を構成する5つの要素、すなわち木・火・土・金・水(もくかどごんすい)のこと。五行山はこの五行にちなんだ、トゥイーソン(ThaySon)、モックソン(MocSon)、キムソン(KimSon)、トーソン(ThéSon)、ホアソン(HiaSon)の五山からなる霊山です。山全体が大理石からできているため、マーブルマウンテンの異名を持ちます。

中でも人気なのが、五山の中で最も高いトゥイーソン山。急な階段を上っていくとドンヴァントン洞窟やリン・ニャム洞窟など、長い年月をかけて作られた鍾乳洞、神秘的な洞窟や、街を一望できる展望台にたどり着きます。頂上にある展望台まではかなりしんどいですが、疲れも消し飛ぶ絶景があなたを待っていますよ!

こんな所にも仏像があるんです!

展望台からみた街の様子

年に数回行われる儀式の際には、ベトナム中から信者が集まります。時期を合わせて観光してみるのもいいかもしれませんね。

大勢の観光客で賑わう様子

五行山の場所↑

2ハイヴァン峠

ハイヴァン峠

ハイヴァン峠はベトナムを南北に分ける峠で、交通の要所かつ軍事的にも重要な役割を果たしてきました。

峠の様子

この名所の目玉は海抜496メートルから広がる絶景。ダナンの街、青い海、澄み渡る空。フォトジェニックなシーンはインスタのいいねを総ナメすることでしょう。ちなみに、ハイ=海、ヴァン=雲という意味ですが、その名の通り峠の頂上は曇っていることが多いです。あなたが快晴のハイヴァン峠を訪れることを願います。

こんな写真や、、

こんな写真も!

ハイヴァン峠の場所↑

ダナン博物館

ダナン博物館

ダナン博物館はダナンについて幅広いテーマを扱う博物館。

1階はダナンの風俗・文化・歴史を、2階はベトナム戦争期のダナンについての展示があり、3階では人形や舞台セットを使ったリアルなダナンの人々の生活を再現しているほか、少数民族についての展示も。

生活を再現したセット

特に2階のベトナム戦争関連の展示は、米軍が使用した各種の兵器や当時のベトナム人の生活を残した写真など考えさせられるものばかり。ベトナムが抱える重い歴史に一端に触れる。貴重な体験ができます。100円ほどの入館料がありますが、料金をはるかに上回る充実した展示が楽しめます。

屋外には大砲の展示もあります。

ダナン博物館の場所↑

4アジア・パーク

アジア・パーク

アジア各国の文化をモチーフにした一大テーマパークがこの、アジア・パーク。

ベトナムで最も大きいジェットコースター”Queen Cobra“、最も高いドロップタワー、ド級の大きさのバイキング、豪華絢爛なメリーゴーランド、時速60キロで360度回転する絶叫系マシーンSingapore Slingなど、充実したアミューズメントが勢ぞろいしています。

Queen Cobra

Singapore Sling

イベントで面白い演出もあります。

ちなみに日本エリアもありますが、アトラクションの名前も「フライングニンジャ」「カブキトラック」と「世界から見た日本のイメージ」が丸出しです。ぜひあなたの目で楽しんで見てくださいね。

小さい子供からスリルを求める大人までみんな楽しめるアジア・パーク。開園は15:00からと少し遅めなので、早く着きすぎないように注意しましょう。

アジア・パークの場所↑

5チャム彫刻博物館

チャム彫刻博物館

チャム彫刻博物館は、チャンパ王国のエキゾチックな遺跡が残るミーゾン遺跡などから出土した、彫刻芸術品や石像が展示されている博物館。ガラスケースに隔てられていない、生の遺物を間近で鑑賞できる貴重な施設です。出土品のほとんどはフランスの極東学院の学術調査団によって発掘されました。

館内の様子

チャンパ王国のチャム族はヒンドゥー教を信仰していたため展示品はヒンドゥー教にまつわるものが多く、日本でも有名なガネーシャ神やシヴァ神、ヴィシュヌ神などの神像が目白押しです。ミーソン遺跡で発見された質の高い彫刻はこちらの博物館に移されているので、見応えのあるものばかりなのも納得ですね。

チャム文化の基礎知識をつけるのにぴったりのチャム博物館、ぜひミーソン遺跡を訪ねる前に足を運んでみてくださいね。

チャム彫刻博物館の場所↑

6ダナン美術博物館

ダナン美術博物館

2016年12月にオープンしたばかり、新築ピカピカの美術博物館です。元々はダナン歴史博物館という博物館だったんだとか。

1階はダナンの地元芸術家による日常風景や景色を描いた作品、2階は油絵や彫刻、漆絵、絹絵など多様な種類の芸術作品、3階はダナンの伝統工芸や古美術などが展示されています。共産党や社会主義を賛美したプロパガンダ要素の強い作品も見られ、ベトナムにおける政治と文化の関係が垣間見えます。

館内の様子

ダナン美術博物館の場所↑

7ドラゴン橋

ドラゴン橋

2013年に開通したドラゴン橋は、全長666メートル、片側3車線計6車線の、龍の姿をかたどった巨大な橋です。橋は1万5000個のLED電球に彩られ、夜は虹色にライトアップされます。さらには、土日の21時ごろ、ドラゴンが口から水と炎を吐きます。大迫力のそのシーンは写真撮影必至!大勢の観光客が押し寄せる大人気スポットです。

龍の顔部分

ライトアップされた橋

本当に火を吹いています。

もちろん、観光客に大人気!

ドラゴン橋の場所↑

まとめ

いかがでしたか。

最後に紹介した、ドラゴン橋は印象的だったのではないでしょうか。日本では見られない、経験できない観光名所がいっぱいあるので、ぜひダナン旅行を満喫してください!