MENU

【ベトナムの気候】日焼け止めや長袖がお勧め:地域別の気候と観光のベストシーズン

せっかくの海外旅行、時期を間違えて滞在中、悪天候ばかりでは楽しさも半減ですよね…

今回はベトナムを

  • ホーチミンを中心とする南部
  • フエ・ダナンを中心とする中部
  • ハノイを中心とする北部

の3地域に分割して気候を紹介していきます!

これで、旅行の時期選びも大丈夫です!

ベトナム全体の気候の特徴

地域毎の気候の説明の前に、ベトナム全体に共通する気候の特徴の話から始めます。

どの地域も年平均気温は25度前後で比較的過ごしやすいですが、月によって最高気温や冷え込み具合が変わってくるので注意が必要です。

日焼け止めや長袖を持って行こう

1年中高温のベトナムですが、大半の観光客が半袖で行くのではないかと思います。

しかし、赤道に近いベトナムは同じ高温度でも、日本よりも日差しが強い場合がほとんどです。日焼け止めは必ず持って行くことを推奨します。現地でも買うことはできるでしょうが、肌に合うかなど不安な点があります。そこまで荷物にならないので、日本で買って行くのがベターです。

また日焼け防止という観点からは、風通しの良い長袖もオススメです。虫などに刺されることも同時に予防できるのでいかがでしょうか。

1ホーチミンの気候(ベトナム南部)

ホーチミン市

ベトナム南部、ホーチミンを中心とした地域は5〜10月の雨季11〜4月の乾季に2分されます。以下のデータを見てください。

ホーチミンの月別平均気温と降水量

雨季と乾季の降水量の差が大きいのが分かりますね。雨季には、マンゴーシャワーと呼ばれるほどの激しい大雨が1時間弱降り、気温が高いとその後、高湿度になって体もベタベタしやすくなります。

道路が冠水することも日常茶飯事

また乾季のうち1〜3月あたりは、ほとんど雨が降ることなくカラッと晴れており、気温もそこまで上がらないため過ごしやすいです。バッドタイミングは4、5月で最高気温が日によっては40度近くまで上昇することも。

ホーチミン観光のベストシーズンは??

ホーチミン市内を流れるサイゴン川

雨が降ると移動やら食事やら何かと面倒なので、乾季がオススメです。特に気温もそこまで上がることのない、12〜3月くらいがちょうどいいのではないでしょうか。スコールも含めて本当のベトナムを体験してみたいという人は、雨季に行くのもいいかもしれません(笑)。

ホーチミン観光の服装は? 

服装についてですが、気温を考えると1年中夏服に近いもので大丈夫だと思います。ただ、朝晩の冷え込みを考えると羽織れる長袖を持っていった方が良いです。

また、ベトナムは発展途上国で貧しい人がたくさんいます。ワンピースやミニスカートなど露出度の高い服装は控えるべきでしょう。治安は日本の50倍くらい悪い、と思って行くくらいがちょうどいいです。

ニャチャンの気候

ニャチャン

同じ南部でもニャチャンはホーチミンと少し異なります。9〜12月頃に雨季となり天気が割と怪しくなります。それ以外の時期は乾季ということで気温も高めになっています。ベストシーズンは海に入ることができる4〜8月、といったところでしょうか。ビーチでゆっくり過ごしている人が最も多いのもこの時期となります。

晴れた日にマリンアクティビティなどを楽しみたいですね!

2フエ&ダナンの気候(ベトナム中部)

ダナンのドラゴン橋

早速、ダナンの年平均気温と降水量をまとめた下のグラフを見てください。

ダナンの月別平均気温と降水量

9〜1月の雨季に少々気温が下がり気味なのが分かりますね。とはいっても、20度前後なのですが、ベトナムのイメージからすると、やや低いと言えます。雨季には何度も台風のルートとなるので注意が必要です。

また3〜8月の乾季は35度近くまで気温が上昇し、半袖ではないと過ごしにくいでしょう。海沿いの街に行くと比較的過ごしやすくなりますよ。

フエ&ダナン観光のベストシーズンは?

ダナンのミーケー・ビーチ

雨季は台風も来るということで避けた方が賢明です。そして乾季は海水浴をしたいか否かで場合分けできます。もししたい場合は、特に気温の上がる6〜8月を、快適に観光したいなら30度前後の3、4月に訪れるのがよいでしょう。

フエ&ダナン観光の服装は?

気温がマックス40度近くまで上がる8月あたりには、上は半袖で下もハーフパンツで良いと思います。女性のスカートはあまり派手なものを着ないようにだけは注意してください。できればパンツの方がいいと思います。

3ハノイ&ハロン湾の気候(ベトナム北部)

ハノイのタイ湖

ハノイやハロン湾のある北部は、日本と同じく一応の四季が存在します。下のデータを見てください。

ハノイの平均気温と降水量

夏に当たる5月〜8月は、最高気温も40度近くまで上がる上に、雨季ということで降水量もとても多くなっています。つまり、雨が降った後は湿度80%以上で非常にジメジメすることになり、体は汗でべったりとしてしまいます。

一方で、4月や10、11月は春や秋に相当し、平均気温も20度前後、ととても過ごしやすくなっています。また12月〜3月は逆に少し寒くなります。気温は10度ほどで、日本ほど冷え込みませんが、比較的湿度が高いため肌寒く感じることでしょう。

ハノイのベストシーズンは?

ハロン湾のティエンクン洞窟

ハノイのベストシーズンは、10、11月です。他の地域はベストシーズンが3ヶ月以上にも渡りますが、ハノイはズバリこの2ヶ月がベストです。

日本でいう秋に相当するこの期間は、降雨もほとんどない上に気温も落ち着いて来る季節です。夏は高温多湿という、観光には最悪の環境ですし、逆に12月に入ると寒くなります。涼しさを感じながらの観光には10、11月がいいでしょう。

ハノイ観光の服装は?

雨季であり夏季に当たる5月〜8月はかなり気温が上がるため、半袖ハーフパンツが適しているでしょう。強い日差しが気になる方は上に羽織れるものを持ってきてください。

またベストシーズンに当たる10、11月も半袖がよいと思いますが、下はジーパンやスキニーなど、長いズボンでも過ごしやすいと思います。12〜3月は日本の冬までがいかなくとも、アウターが必須となります。ただ先ほども書きましたが、快適に過ごすなら10,11月に訪れるのがオススメです。

山岳部(サパなど)の気候

ベトナムの中でも山岳部、山間部に関しては、先ほど紹介した3つの地域分類に関わらず涼しくなります。また、もし夜を越そうという方がいれば暖かい服を持って来るようにしましょう。寒いところでは0度近くまで気温は下がります。時期に関わらず涼しいのでベストシーズンは特にありませんが、山間部以外の、自分が行く観光地によって決定すればよいと思います。

まとめ

いかがでしたか。

ベトナムは比較的過ごしやすい気候にあるので、近年観光客も増えているのですね。皆さんもベストシーズンに観光すれば、楽しさも倍増すること間違いありません!

SHARE