MENU

【簡単解説】ニャチャンへの行き方:初めて行く人に向けてわかりやすく紹介 [2018年]

ニャチャンはベトナム南部、カインホア省の省都として発展している街です。

その魅力は何と言っても美しいホワイトビーチ!世界から注目度急上昇中の人気リゾートシティでもあるんです。5キロも続く白砂のビーチは歩くだけでテンションMAX!リゾート特有の特別なワクワク感がたまりません^^

また、ニャチャン大聖堂やチャンパ王国の遺跡など観光スポットも盛りだくさんですし、ダム市場でローカルな熱気を体験することもできちゃいます。

絶対に楽しいニャチャントリップ、行かなきゃ人生損してます!

ニャチャンへの行き方

ニャチャンへ行きたくてウズウズしてきた、そこのあなた!今すぐにでも飛行機に飛び乗りたいあなたのために、ニャチャンへの行き方を徹底紹介しちゃいます!

日本からニャチャンへ行くには

現在、日本とニャチャンのカムラン空港を結ぶ直行便はありません。日本からニャチャンへ行くには

関西国際空港

→ノイバイ国際空港(ハノイ)やタンソンニャット国際空港(ホーチミン)、他国の空港など

→カムラン空港(ニャチャン)

というルートになります。あいだで一回乗り継ぎする必要があるんですね。

乗り継ぎをどの空港でするかによって所要時間や料金が大きく変わってくるので、予算や旅程と相談してチケットを選んでくださいね。

/***航空券のアフィに飛ばしても良いかも。収益に繋がらなくても、いろんなルートの時刻表とその航空券代が一覧になっているとユーザビリティが上がるかと。***/

日本からハノイまでの行き方、入国審査の通り方はこちらの記事をご覧ください!

/***リンク***/

一例として、ノイバイ空港からカムラン空港へのトランジットの手順は以下の通りです。

  1. ノイバイ空港に到着。トランジットのシールを貼ってもらい、入国審査を受ける。

    トランジットのシール

  2. 荷物を受け取って税関を過ぎたあたりのところで預ける
  3. 第2ターミナルを出て、ターミナル間連絡バスに乗る(無料)
  4. 第1ターミナルの出発フロア(2階に向かう)
  5. ベトナム国内線のチェックインが済んでいる場合は、そのまま保安検査に向かう
  6. おみやげ屋さんを物色しながら搭乗時間まで暇つぶし
  7. 時間になったら飛行機に乗り込み、カムラン空港へ!

トランジットのやり方は慣れないとなかなかわからないですよね・・。迷って乗り遅れたら大変ですし、やはり空港の職員に聞いてみるのが一番です。

航空券を見せて、

「I want to transit here(もしくは今いる〇〇空港の名前) to Cam Ranh International Airport!」

とでもいえばおおよそ通じますよ。

飛行機

カムラン空港はホーチミン、ハノイ、ダナンなど国内主要都市との路線があります。

ベトナムの主要航空会社(ベトナム航空、ベトジェット・エア、ジェットスター・パシフィック航空)を合わせると、便数および所要時間は以下の通りです。

出発地便数所要時間
ホーチミン一日7〜10便1時間
ハノイ1日8〜10便1時間45分
ダナン1日1便1時間25分
ハイフォン週9便1時間45分
ヴィンロン週4便 1時間35分

カムラン空港とは

ニャチャンの玄関口であるカムラン空港。「ニャチャン空港」もあって紛らわしいのですが、2004年から民間航空会社はカムラン空港に乗り入れることとなっています。現在ニャチャン空港はベトナム空軍の空軍学校として利用されているようです。

さて、私たちが使うことになるカムラン空港はこじんまりした作りの小さな空港です。空港内の施設は両替やsimカードショップ、最低限のフードコートなどしかありません。

ただし出発者向けのラウンジはちゃんとあり、食事のラインナップは成田空港よりすごいとすら言われています。出発前の腹ごしらえにはぴったりのスポットです。基本的に利用制限はなく、誰でも利用できるのも嬉しいポイント。長旅に備えてしばしの休憩ですね♪

/***食事の写真***/

空港から市内まで

カムラン空港からニャチャン市街地までは38キロほど離れています。主な移動手段は以下の通りです。

・エアポートタクシー 31万〜35万ドン  40〜45分

・シャトルバス   5万5000ドン  50分

・ホテルの送迎バス 無料サービス〜 20万ドン  50分

エアポートタクシーは評判の高いノイバイ・タクシーとダイナム・タクシーの2社がオススメ。比較的ぼったくりの少ない安心なタクシー会社とされているので、できるだけこちらを利用してくださいね。

配車サービスGrabを使おう!

また、2017年9月から配車サービスの「Grab」がカムラン空港〜ニャチャン市街間の定額タクシーを提供しています。空港へ向かうときは市内のどこから乗っても、市街へ行くときは市内のどこで降りても料金は定額の25万ドン(普通車の場合。7人乗り大型車は30万ドン)。エアポートタクシーよりもかなりお得ですね♪

使い方はとっても簡単。Grabのスマホアプリをダウンロードしてそこから予約するだけです。現在地と目的地、希望の車種を入力して予約してください。時間も設定することができるので、ぱぱっと予約してタクシーが来るまで腹ごしらえ、なんてことも可能です。

また、Grabに登録しているドライバーはぼったくりなどの心配がかなり少なく、安心して利用することができます。

空港ー市街地間の定額サービスの他にも、普通の移動用としてももちろん利用できます。料金は、初乗り運賃(500メートルまで)が6,000~7,000ドン。その後は1km当たり13,500~16,500ドンずつ追加されていきます(普通車の場合)。車種によって変動があるので、アプリ上で確認してください。

列車

出発地便数所要時間
ハノイ1日10便24時間
サイゴン駅(ホーチミン市)1日5便7時間
フエ1日7便 11時間40分

なお、所要時間は全て最速のものです。乗車する時間帯や列車の種類によってはこれよりも遅くなることもあるので、十分注意してください。

また、基本的にベトナムの鉄道はお得ではありません。飛行機と運賃は変わらないのに時間は何倍もかかるというある意味とっても贅沢な移動手段です。車窓からの風景を見たくてたまらない!という人以外は飛行機の利用をおすすめします。

バス

ニャチャンへ向かう主要なバスは以下の通りです。

出発地便数料金所要時間
ミエンドン・バスターミナ
(ホーチミン市)
早朝ー深夜にかけて1時間に1本12万5000ドン〜8時間
ダナン朝から夕方にかけて4本22万5000ドン〜12時間
ダラット朝から夕方にかけて8便12万5000ドン〜 3時間半

そのほか、増え、ファンティエット、バンメトート、クイニョンなどベトナム各地の都市からバスが出ています。

最近のベトナムの長距離バスは快適なものが増え、座席がしっかりしていたり空調が効いていたりと過ごしやすくなっています。中にはWiFIfが設置されているバスもありますが速度は劇遅なので、本などの暇つぶし道具を持っていくか観光に備えて眠るかするのがおすすめです。

ただし、「安かろう悪かろう」のバス会社もあるので、中〜上級グレードのものを選ぶのが良いでしょう。

/***ニャチャンで絶対泊まりたいホテル3選、ドキュメント***/

まとめ

coming soon

SHARE