【完全版】ハーティエンの観光名所4選&カンボジアへの往復方法を簡単解説![2018年]

カンボジアとの国境の街として知られる、ベトナム最西部の街「ハーティエン」。

今回はそんなハーティエンの観光名所4選行き方を紹介します!

ハーティエンとは

ベトナム・カンボジアの国境沿いにある小さな町、ハーティエン。ベトナムからカンボジアへ渡る観光客が一泊のみする、というのが多いようです。街の名前は「天女が降りた地」という意味だそう。趣がありますね〜。市街地の散策は1時間ほどあれば十分ですが、時間に余裕があれば近郊まで少し足を延ばしてみてください。趣のある鍾乳洞や奇岩があってなかなか楽しめますよ。

ハーティエンの場所↑

ハーティエンで絶対行きたい観光名所4選!

1タックドン岩

タックドン岩

タックドン岩はハーティエン市街地から8キロほどのところにある鍾乳洞です。内部は洞窟と寺院になっています。地面は整備されており歩きやすいですが、暗めの照明になっているのでプチ探検気分が味わえちゃいます^^ 

洞窟の様子

仏像がこんなところにあります。

1978年には洞窟周辺でベトナム軍とポルポト派との戦闘があり、130人もの犠牲者が出ました。洞窟の入り口には彼らの魂を供養する記念碑が建てられ、平和への祈りを捧げています。

平和を祈る像

タックドン岩の場所↑

2ムイナイ・ビーチ

ムイナイ・ビーチ

ムイナイ・ビーチはハーティエン市民の憩いの場。入り口にはゲートがあり、入場料5000ドンがかかります。ゲートを抜けると屋台やレストランが広がり地元の人たちが海辺で宴会をしています。夏場は海も開放されているので、人気スポットなんです!

ゲート

現地の人がよく遊んでいます。陽が沈む頃には、幻想的な景色も拝めます。

3マック・クー廟/鄭公廟

マック・クー廟

ハーティエンはもともとカンボジアの支配下にありましたが、18世紀初頭に「マック・クー」という華人が「港口国」という国を建国してこの地を支配していました。港口国の歴史は短く、18世紀末にはベトナム支配下に入りました。マック・クー廟はそのマック・クーとその一族が眠るお墓で、中国式の霊廟はなかなか立派で広々としており見応えがあります。豊かな自然に囲まれた境内には遊歩道が走っているので、散歩も楽しめるイチオシスポットです。

マック・クーが眠る墓

マック・クーさんの銅像もあります。

マック・クー廟の場所↑

4フ・トゥ岩

フ・トゥ岩

市街地から32キロとちょっと離れた場所にある、フ・トゥ岩は、ヤシの木の立つ白い砂浜の沖合にあり、不思議な光景を作り出しています。

ベトナム語で、フ(Phu)は「父」、トゥ(Tre)は「息子」という意味。元々は2つの岩が親子のように浮かんでいました。しかし現在見られるのは息子だけ。2006年に父岩が倒れてしまったんです。一つだけポツンと浮かぶフ・トゥ岩を見ると少し寂しい気持ちになりますね。ちなみに、ボートに乗ってフ・トゥ岩の近くまで行ったりその下にある鍾乳洞を探検したりするツアーもあるようです。せっかくの機会なので利用してみても良さそうですね。

現在は、岩が1つだけになってしまいました…

フ・トゥ岩の場所↑

カンボジアへの往復方法!

ハーティエンからカンボジアへ

まずはハーティエン市街地から、イミグレーション(入出国管理局)まで移動し、出国手続きをとりましょう。その後は歩いて国境を越え、カンボジアのイミグレーションへ行き入国手続きをします。

出国手続きも入国手続きも、それなりに時間がかかります。遅いものと心得ておきましょう。

さて、出入国手続きが終わったらバイクタクシーなどで近くの町へ移動です。プノンペン行きやシアヌークビル行きなどが出ていますが、チケット売り場などはないことが多く、ドライバーとの直接交渉になるでしょう。交渉成立すれば、後は車内で揺られるだけです。

カンボジアのカンポットからハーティエン

カンポットにある、国立公園

さて、カンボジアからハーティエンに戻ってくるには、まずカンボジア最南端・ベトナム国境沿いの町「カンポット」へ行きましょう。カンポットからはバスに乗って国境へ。着いたら、カンボジア出国の手続きをとりましょう。その後は歩いて国境を越え、ベトナムのイミグレーションで入国手続きです。パスポートを出すだけでいいので楽チンです^^ 。

ちなみに、ベトナム→カンボジアではわかりませんが、少なくとも、カンボジア→ベトナムと移動する場合は、日本人であればビザなしでベトナムに15日間まで滞在することができます。面倒なビザ取得手続きがいらないのは嬉しいですね。手続きが終了したらバスやバイクタクシーを利用して、ハーティエン市街地まで移動しておしまいです。後は思い思いのベトナム旅行を楽しんでくださいね!

ハーティエンへの行き方

カンボジア国境にほど近いハーティエンは、ベトナム・カンボジア間を移動するときの通り道として利用することが多いかもしれません。そんな交通の要所ハーティエンにはベトナム各地からバスやボートが運行しています。

大陸部の諸都市からハーティエンへ行くにはバスを利用します。ホーチミンやカントー、チャウドック、ロンスエン、ソクチャンなど多くの都市から運行しているので便利です。以下を参考にしてみてください。

ホーチミンから料金:13万ドン(600円所要時間:8時間(注1)
カントーから料金:9万ドン(410円 所要時間:6時間(注2)

注1)早朝から夜間まで1時間に1便運行しています。

注2)3:40~13:00の間に7便という珍しいダイヤなので間違えないようにしてください。

また、フーコック島から行くときはボートを使いましょう。「スーパードン」、「ゴックタン」の2社がハーティエン行きのスピードボートを出しています。スーパードンは1日5便、ゴックタンは1日2便、計1日7便も運航しているので、旅程も立てやすそうですね。(料金:21万〜24万ドン[960円~1100円] 所要時間:1時間半)

フーコック島

フーコック島の場所↑

まとめ

いかがでしたか。

カンボジア⇄ベトナム間の移動をする時には、ハーティエンをただ通過するだけじゃなくて観光も楽しんで見てください!