【バンメトートの観光情報とアクセス】ベトナムの良さが詰まった街!「行って良かった」

高原地帯に位置する少数民族の街、バンメトート。エキゾチックなカルチャーを堪能できるほか、大自然を味わうこともできちゃう盛りだくさんな街なんです。

今回は、そんなバンメトートの基本情報おすすめ観光スポットアクセスを徹底紹介します!

バンメトートとは 

バンメトートは、ベトナム屈指の高原地帯の街です。人口40万人前後とベトナムでもトップ10に入る人口を誇っていますが、その特徴は何と言っても少数民族です。

↑バンメトートはこちら!

少数民族の踊り。衣装がキレイ!

バンメトートの郊外にはキン族(ベトナムの多数民族)以外の少数民族も多く生活していますが、エデ族をはじめとする少数民族がバンメトートの人口の50%近くを占めているんです。

最近はエデ族のように市街地で暮らす少数民族の人々も増えてきています。そのため、少数民族の昔ながらの暮らしようを見てみたい、という方は中心部から離れたところを訪れるのがおすすめ。いい人たちばかりなのでフレンドリーに交流してくれると思いますよ!

またバンメトートは自然豊かな街としても有名です。近くの山にはゾウやトラなどの大型動物もたくさん!また、郊外にはゾウが生活の一部となっている少数民族もいます。

ゾウと一緒に結婚式をあげちゃう!?

このように全体的にゆったりとした街なので、ホーチミンなどの都会の喧騒から離れたい方はぜひバンメトートに訪れてみてくださいね。

バンメトート市内の様子

バンメトートの街全体の印象ですが、比較的小さく行動しやすいと思います。少数民族も普通に暮らしており、落ち着いた街となっています。

バンメトート中心部の見所としてまず挙げられるのは、少数民族博物館です。

少数民族博物館。

少数民族博物館では、これまで少数民族が歩んで来た歴史や服装などを見ることができます。

バンメトートでは色々な部族がいるのが日常。そんな現実に目を向けるという意味でも、ぜひ一度足を運んでみてください。

またこの博物館の敷地内は木々が非常にゆったりと植えられており、日向ぼっこしながら寝るのもおすすめです。

↑少数民族博物館はこちら!

ブオンドン村(ドン村)に行こう!

ブオンドン村はバンメトートから車でおよそ1時間ほどのところにある観光地です。タクシーで往復するのがベターですよ。

↑ブオンドン村はこちら!

さてこのブオンドン村、村と言いながらも半分観光スポット化しています。

もちろん少数民族が暮らしているわけですが、観光客が民家で宿泊経験をできるなど、村全体が観光客を中心に動いている、といった感じでしょうか。そんなブオンドン村でぜひ体験してもらいたいものが二つあります。

その1:ゾウに乗れちゃうんです!

まず一つ目はゾウへの騎乗体験です。外国人は一頭のゾウに2人まで乗れるようなので(ベトナム人は3人まで乗れるようです笑)、カップルで乗れば最高の思い出になりそう♪ 料金は15分単位で設定されているようですが、30分も乗れば十分に楽しめますよ!

ゾウにはきちんと乗り台が設置されており、そこに座ることになります。高所恐怖症の人は1人で乗るのが大変かもしれません。慣れれば安定するのですが、ついついゾウの上で体を揺らしてしまい、自分で状況を悪化させかねません(笑)。少しでも不安になれば案内をしてくれる村の人に声かけしてくださいね。

川渡りの様子。あまり深くなさそうです。

なんと、この騎乗体験では思いもよらぬところを渡ります。それはズバリ「川(湖)」!

落ちたらどうするんだって思っちゃいますが、落ちないようにきちんとセットしてくれるので安心してください。ゾウに乗って陸路を進むことあっても川を渡る経験なんて滅多にできません。ゾウに身を委ねて風を感じてみてください!

その2:ゆらゆら吊り橋体験

もう一つ絶対に訪れてほしいスポットが吊り橋です。この吊り橋は非常に揺れやすく、スリル満点な体験ができちゃいます。

またこの吊り橋、写真の撮り方によってはインスタ映えを狙えますよ!おすすめは夕暮れ時に訪れること。撮る場所をうまく考えて吊り橋と夕日を綺麗にワンショットに収めたいですね!

ちなみに、吊り橋以外にも自然を利用したアスレチックはブランコなどいろいろあるので、小さな子供でも飽きることなく楽しめるでしょう。

レストランの様子。

またブオンドン村では、少数民族の料理バンメトートの料理を楽しむこともできます。

村には大きなレストランが1つあり、いつも観光客で賑わっています。むしろが敷かれた屋根のある屋外に座って、猪やヤギの肉を使った料理を楽しんでくださいね。

半日あれば十分満喫できちゃうので、ぜひブオンドン村を訪れてください!

見た目こそ素朴ですが、絶対に美味しいとわかりますよね!

バンメトートで絶対行きたい観光名所3選!

1ヨックドン国立公園

ヨックドン国立公園はベトナム最大の面積を誇る自然豊かな公園です。バンメトートから車で1時間ほどなのでアクセスは悪くありません。ブオンドン村に行く途中にあるので、そのついでに寄るのも良いですね。

この公園ではゾウをはじめとしてトラやシカなど100種を超えるたくさんの野生動物が生息しています! とはいうもののさすがにトラを見えることはかなり珍しいそう。

またこちらの公園でもゾウの騎乗体験ができます。森林の中を歩きながら、緑豊かな心地よさを感じてみてくださいね!

トラ!出会えたらかなりラッキーです。

水牛もいます。

野生のゾウも。象牙を狙った乱獲が懸念されています。

↑ヨックドン国立公園はこちら!

2ブオンジュン/ジュン村/ラック湖

続いて紹介するのは、バメントートから1時間ほど車で走ったところに位置する、ブオンジュン村とレック湖です。

ブオンジュン村がレック湖のほとりにあるという位置関係になっています。村は少数民族の集落で、30〜40ほどの家が立ち並んでいます。ロングハウスと呼ばれる家に住む彼らの暮らしは、とても古典的です。

一般的な民家。高床式ですね。

村にはお土産屋もあり、そこで彼らが作った雑貨などを購入できるんですよ。可愛いものから実用的なものまで揃っていて見るだけでも楽しいんです!

また、ゾウの騎乗体験やラック湖でのボート体験など、アクティビティも充実!ボートは現地の人が漕いでくれますが、ボートの横幅は結構狭目なため、バランス感覚の乏しい人は湖に落ちてしまうかもしれません!(笑)

ボートはかなり細長い形をしています。

↑ラック湖はこちら!

3ダライヌア滝

最後に紹介するのはバンメトートから車で40分ほどのところに位置する、高さ30m幅150mという超巨大な滝、ダライヌア滝です。幅150mですよ!しかも高さが30m!特に、雨季の時期はド迫力です。最も流れが激しいところの下に向かうと、涼しさと力強さを同時に体感できます。

↑ダライヌア滝はこちら!

バンメトートへの行き方 

バンメトートへ行く主な手段として飛行機バスを挙げることができます。

飛行機は、ベトナム航空など数社が毎日1便、ホーチミンから運行しています。(所要時間:1時間 料金:2000〜3000円
またハノイからは毎日2〜3便、バンメトート行きが発着しています。(所要時間:1時間30分 料金:4000円

バスを使う場合は、ホーチミンなどから利用できます。(所要時間:9時間 料金1000円
ニャンチャンからは毎日30便程度運航されており便利です。(所要時間:4時間 料金:500円

まとめ

いかがでしたか。ゾウの騎乗体験など珍しいアクティビティが楽しめるバンメトート。大自然に癒されたり圧倒されたりと多彩な体験ができます。ぜひ一度足を運んでみてくださいね!